トリクルマガジン アゲろ、男子力!

【連載】モテ街ック天国 in 神泉 Vol.4

カテゴリー
特集
投稿日
2015年11月26日
神泉デート

「モテ街ック天国in神泉」第4回をお届けします。記事を書いてくれるのは以前「子ウサギでもできる!?相席屋必勝法」でも登場してくれたライターS氏。これを読めば、あなたも気になるアノ子と楽しいデートができること間違いなし!?是非お楽しみください!

第4回
20代後半女子には、オシャレカフェでもあてがっとけ

お待たせしました。第4回の神泉特集です。後2回で連載を終わらせないといけないから、パンパンパンと早めに進行していきますのでよろしく。早いけど、愛はあるので安心してください。

20代前半女子は宇宙人

30代の私は仕事柄、20代前半の人と喋ることも多い。喋るといっても日常会話にはほとんどついていけない。なぜなら、見ているもの、遊んでいる場所が違いすぎるからだ。

自分たちが20代前半のときを思い出しほしい。その当時相手が30代ともなると、大人を通り越して、おじさん、おばさんと思い接していたではないだろうか。

その当時、おじさん、おばさんは、自分たちの若かった時代がいかに素晴らしかったか語ってくることが多かった。
「俺たちの時代は、私たちの頃は」など。
心の中でいつも呟いていた、「知らないよ」って。

しかし、まさに今、自分たちがその立場になっているのである。20代、しかもデートで女子に対して「俺らの頃は~」なんていってしまったらもう終わりなのだ。

「キスマイブサイク」「テラハ」は知っておけ

なので私は基本的に、20代前半女子には「教えて」精神で何でも望むようにしている。

自分が知らないことが会話の中に出てきたら、「あ、それ知らないわ。教えて」と聞いてあげる。語るのではなく、教えてもらうのである。

女の子は基本聞いてほしい生き物であると、いろいろな雑誌に書いているのでここは間違いがない。そして30代でも素直に知らないから教えてという「可愛さ」を出すことで、20代女子もキュンキュンくるはずなのである。

しかし、何でもかんでも教えて精神では話が盛り上がらないので、とりあえず「キスマイブサイク」「テラハ」くらいは予習しておいたほうがいい。

20代前半女子に関しては、今回書いたことと第3回を参照していただければ、ある程度は上手くだろう。

ラブホテル

話が盛り上がっていれば、あとはキミがどうしたいかだ。ホテルに行きたいでもいい、彼女になって欲しいでもいい。思ったことをストレートに言葉に出せば、きっと相手も受け入れてくれるはずだ。

年代別傾向と対策②~20代後半編

次に、20代後半女子について分析し、それを基に彼女たちとどんな店に行けばいいか、そしてどんなことを話せばいいか、ということを書いて行こうと思う。

20代後半。例えば、27歳だとすると…
・1988年生まれ。有名人でいうと佐々木希、新垣結衣、堀北真希、吉高由里子、大島優子、小嶋陽菜など、「88世代」と呼ばれるほど豊富
・昭和最後の世代で、ゆとり世代のはじまりを体験
・20歳くらいの時にリーマンショックが起き、最悪の就職氷河期のさ中にぶち込まれる
・あまり恵まれた時代に生まれていないからこそ、たくましい人は成果を出している、逆にそうでない人との経済格差が大きい
・仕事も安定してきて、精神的にも余裕が生まれるころ
・そろそろ結婚とかは焦り始める、将来のこととかリアルに考えたりし始める

そんな彼女たちは、どんなお店に連れていけば喜ぶのか?

キーワードは「気取らない」だ。

日本経済アゲアゲ、うちらバブルの申し子みたいな時代を知らない彼女たちは、堅実でリアリスト。そして社会人経験もそこそこ積んできているので、私たちが考えている以上に「オトナ」なのだ。

そんな彼女たちには、案外こちらの「オトナアピール」は響かない。気合が入り過ぎてない、ゆったりできて、でもさりげなくオシャレなお店がちょうどいい。

奇をてらうのではなく、初心に帰る

「レガート」を出た私と編集Tは、20代後半女子とのデートに合うお店に向かっていた。 前項でだらだらと彼女たちについて分析したが、では具体的にどういったお店に行くのか。

ドリンク

ここは手堅く、オシャレカフェっしょ。

デートの2軒目で「夜カフェ」に誘う。この全く気取っていない感じが、20代後半女子の心をほぐしてくれる。

また、20代前半女子編でも書いたが、あまり変わったところに連れて行くと後日話しのネタにされるのが落ちだ。なのでここは、生まれた場所に帰るつもりで、オシャレカフェで攻めるのである。

交差点

エントランス

神泉でも有数のオシャレなカフェ「SUNS」は、道玄坂交差点の近く、松屋の左隣のビル3Fにある。

SUNS

お店の内装も凝っていて落ち着ける空間。

店内

本棚がトイレのドアになっていたりと全体的に隠れ家感があるお店。

店内

向かい合って喋るのには丁度いい造りだ。

ソファ

密着感たっぷりのカップルシートもあるので、ケースバイケースで使い分けよう。

20代後半女子とは目で語り合え

20代後半女子と話をする時は、20代前半女子と違い、対等なスタンスで臨めば大丈夫。

オトナな彼女たちに、こちらが年上だからと言って妙に上から目線で行くよりは、同年代の友達と同じように接した方が効果的なのだ。

これは5回目の連載でも書くが、
20代前半女子には「教えてスタンス」=「可愛い」
20代後半女子には「聞いてよ俺の話スタンス」=「ともに色々戦おう」
30代女子には「最近どうなのよ?スタンス」=「抱きしめてやんよ」
がいい。

なので、20代後半女子には自分の悩んでいること、将来のことなどを思い切って話してみるのがいいと思う。ある程度余裕のある20代後半女子はきっと、
「私の前ではかっこつけないのね、逆にそこがイイ」
と、余裕の中に君という存在を受け入れてくれるから。

また、無言の時間も楽しんでみたらどうか。20代後半は酸いも甘いも経験してきている。なので何も喋らない、無言の時間もきっと楽しめるはずだ。

目を見つめて、ただこの後のS●Xのことだけ考えてみよう。

そうすればおのずと相手にそれが伝わり、「今何かいやらしいこと考えてたでしょ……」と、会計に立てなくなるような言葉がもらえるはずだ。

今回はここまで。次回は最終回。

30代女子とどのお店に行けばいいのか、何を喋ればいいのかを書こうと思う。楽しみにしていてくれ。

編集部より

編集Tです。

今回、神泉の街を取材するのに、事前にいろいろと調べてみたのですが、一番感じたのがこの街の「懐の広さ」でした。

色んなジャンルのお店があり、何かトラブルが起きたとしても二の矢三の矢を放ちやすい、そんな安心感が魅力です。

みなさんも、この記事を読んでぜひ神泉デートを楽しんでみてくださいね!

それでは次回予告。
結局はバニラに戻る

をお楽しみに!

【この連載の他記事】
第1回:「神」は意外にも渋谷にいらっしゃった
第2回:困ったらオイスターバー。カキに含まれる亜鉛は性欲を高める効果があるってよ
第3回:20代前半女子には、夜景でも見せておけ
第4回:20代後半女子には、オシャレカフェでもあてがっとけ
第5回:結局はバニラに戻る