トリクルマガジン アゲろ、男子力!

【連載】モテ街ック天国 in 神泉 Vol.3

カテゴリー
特集
投稿日
2015年11月19日
神泉デート

「モテ街ック天国in神泉」第3回をお届けします。記事を書いてくれるのは以前「子ウサギでもできる!?相席屋必勝法」でも登場してくれたライターS氏。これを読めば、あなたも気になるアノ子と楽しいデートができること間違いなし!?是非お楽しみください!

第3回
20代前半女子には、夜景でも見せておけ

おまっとさんでした。第3回の神泉特集です。

唐突なのですが、ウサギの皮はめくれやすくなっているそう。なぜだか解るか?

正解は、猛禽類に襲われた時に皮だけ持って行ってもらって、生き延びるため。

野生動物の世界はそれで大丈夫かもしれないが、人間世界では男子たるもの逃げてばかりもいられない。特に対女性においては。

今回の連載を読んで、軟糞諸君はウサギのウンコを卒業して、猛禽類のウンコになって欲しい。

1軒目は貝のように黙っとけ

第2回で紹介したお店で、運ばれてきた牡蠣を食べながら、編集Tが質問を投げてきた。

「1軒目の店で、女の子といつもどんな話をしていますか?」

ンーっと唸りながら、何を喋っているか思い出してみた。何も思い出せない……(笑)。

てか、考えて喋ってないなと。

私は別に博識でもないし、黙っていても絵になるようなイケメンでもない(コンパなどに行くと、似ていると絶対言われるのが「小籔千豊」)。

何か牡蠣のウンチクとか知っておいた方がいいかなと思い、過去に「牡蠣 うんちく」で調べてみたことがあった。

オイスターバーで披露したい、牡蠣についての7つのうんちく

載せておいてこんなこというのもなんだが、知りませんやんて感じ(笑)。

食事前に出てくる料理のうんちく語る奴なんて、絶対に同性の友達が少ないから。この世で唯一食事前にうんちくを語ってOKなのは島耕作だけ。

というか、喋ることを考えている時点で、相手のペースになっているような気がする。普段通りを心がけることで、相手にも緊張が伝わらずリラックスした状態で向き合ってもらえると思う。

特に牡蠣を専門的に出すような店は、大人な雰囲気が漂っている。そんな店でベラベラ喋って盛り上げようとするよりも、必要最低限のことだけ女の子には聞いておけばいい。

牡蠣が来る前に知っておきたいこと

私が主に1軒目で女の子に聞いている項目をまとめてみた。

①フルネームを漢字で教えて!

⇒待ち合わせの段階で私が名前どころか、どこの誰かも忘れていることが多いから。もちろん理由としてそんなことは言えないので、風水をやっていてその流れで、とか適当なことをいつも言っている。子が入っていたら子宝に恵まれるとか、幸が入っていたら幸せになれるよとか言っておけば大丈夫。

②普段は何をして遊んでいるの?

⇒目の前の女の子の行動パターンを知るためではなく、女性は休みの日に何をしているのかただただ知りたいため。映画観ていると言う人ほどあんまり観てない。しかも観ているのはアメリカの派手なやつ。ボーっとしていると言う子は、本当にボーっとしている。ウィンドーショッピングという奴程服が糞ダサい。

③俺のこと好きなの?

⇒手っ取り早くS●Xに持ち込むため。

この3つさえ聞いておけば、1軒目は何となく会話はできる。因みに③の答えが結構本気に近いYESをもらえた場合、2軒目に行く必要は無い。

神泉

テーブルの牡蠣を食べ終え、私と編集Tは会計を済ませ、次の店に向かうのであった。

年代別傾向と対策①~20代前半編

ここからは、「20代前半」「20代後半」「30代」と3つの年代別に分けて、それぞれ2軒目に選ぶべき店とそこでどんな話をしたらいいか、ということを書いていきたいと思う。

まずは20代前半女子向けのお店だが、その前に彼女たちがどんな趣味嗜好を持っているか、ということについて、簡単に分析してみた。
※あくまで一般論なので、全てを鵜呑みにはしないでください

例えば、23歳だとすると…
・1992年生まれ。有名人でいうとトリンドル、AKB指原、本田翼など
・生まれた前年にバブル崩壊、「失われた20年」と共に人生を歩んだ「不況が当たり前」な世代
・小4(2002年)の時にゆとり教育開始
・お金をかけずに遊ぶことに慣れている
・同世代の男子は草食
・大卒なら就職したばかり
・まだ結婚願望はそんなにない

以上のような環境で人生を歩んできた女子は、どのようなものに対してキュンと来るのか。

それは、「なんか大人っぽい、なんか高級っぽい」ものである。

普段あまりお金をかけずに生活している彼女たちは、「大人っぽい、高級っぽい」ものに対して触れる機会が少ない。しかし、社会人になり、学生の時と違って周囲に「大人」が増えたことによって、大人たちが触れている世界に自分も興味を持ちだす年頃だ。

だから、「なんか大人っぽい、なんか高級っぽい」雰囲気のお店に連れていけば、
「ヤバイ、この人、超オトナでかっこいいかも」となるわけだ。

では、わかりやすく「なんか大人っぽい、なんか高級っぽい」お店とは?

夜景

それは、「夜景が見える店」である。

夜景を使って口説けるのは20代前半まで

エントランス

私と編集Tは神泉のスペースタワーのエレベーターに乗り、15階を目指していた。

エレベーター

向かうのは神泉で一番夜景がキレイなお店、「レガート」

レガート

適度に照明が落とされた店内は、大人の雰囲気が漂う。

カウンター

また、渋谷の夜景を一望できるカウンターバーがあり、並んで座れば密着度も上がる。

キッチン

シャンデリア

料理

インテリアや料理も上品な感じで、2軒目、そして20代前半の女の子を口説くに丁度いい店だ。

カウンター席から見える美しい渋谷の夜景。それを見てテンションの上がった編集Tが、 「女の子は夜景好きですよね。夜景さえ見せておけば大丈夫ですもんね」と自信満々で語ってくる。

私のため息が深すぎて、目の前のガラスが結構な範囲で曇ってしまった。

これは覚えておいてほしいのだが、夜景を使って口説けるのは20代前半までである。

なぜなら20代後半、30代の女性だと、そういった夜景の見えるオシャレスポットは、若いうちに行きつくしており、免疫ができてしまっている。

間違えてそういった年代の女の子を連れていこうもんなら、帰ってからラインで友達に、 「あいつ、私を口説くのに夜景スポットに連れていったんだけど。マジ受けるんですけど~」と、何のドラマも無い彼女たちの糞みたいな日常の笑いの種にされてしまうのが落ちだ。

逆に言うと、先の分析通り、まだ世間慣れしていない20代前半なら夜景に対する感動も大きいから、彼女たちを口説きたいなら夜景なのである。

そう言えば、私がまだ22歳で大阪に住んでいたころ、当時良く会っていた26歳の女性に、「夜景の見えるところに連れてって♡」と言われたことがあったな。

あの時何も知らなかった僕は、ホームレスのたまり場と化した通天閣の展望台に案内したな。そしたら女の子は次の日から音信不通になったな。

甘酸っぱい懐かしさが下半身にこみ上げてくる中、私たちはテーブル席に着いたのだった。

うんちくを語るなと書いておいて、掴みの部分でおもいっきりうんちくを書いていたのはご愛敬で。

今回はここまで。次回は20代前半の女子との会話についてと、20代後半の女子を口説くためのお店選びを書いていこうと思う。

編集部より

編集Tです。

夜景の見えるところに連れていけば鉄板、ではないんですね。何も考えずに夜景に連れて行ってドヤ顔していた自分が恥ずかしいです。

みなさんも、ケースバイケース、相手に応じてデートコースを考えましょう!

それでは次回予告。
20代後半女子には、オシャレカフェをあてがっとけ

をお楽しみに!

【この連載の他記事】
第1回:「神」は意外にも渋谷にいらっしゃった
第2回:困ったらオイスターバー。カキに含まれる亜鉛は性欲を高める効果があるってよ
第4回:20代後半女子には、オシャレカフェでもあてがっとけ
第5回:結局はバニラに戻る