トリクルマガジン アゲろ、男子力!

【連載】実況!パワモテプロ野球デートVol.4

カテゴリー
特集
投稿日
2015年8月18日
野球デート

この連載は、トリクルマガジン編集部がオススメする「野球観戦デート」を成功させるために、準備~当日までどうすればいいかを指南するための企画です。全5回の連載で「野球観戦デート」のノウハウを余すことなくお届けするのでお楽しみに!

Vol.1はコチラ
Vol.2はコチラ
Vol.3はコチラ

連載第4回
自然と「トランス状態」へ。考えるな、感じろ!

いよいよ球場に入って、食べ物も買い、いざ席へ。

焼きそば

第1回にも書いたように、最も盛り上がりをみせる外野自由席へと向かう。

外野自由席

見よ!この熱気!!

写真からもファンの声援や売り子の「ビールいかがっすかー」が聞こえてきそうではないか!!!

これが野球場の醍醐味。これを見ただけで、彼女もテンションMAXになること請け合いだ。

一緒に観戦を楽しむだけで、ふたりの距離は一気に縮まる

ビール

そして、なんといってもテンションが上がるのが売り子の注いでくれるビール

「野球場に来たぞ」という感じがして、Anちゃんも嬉しそう。

プレイボール

そうこうしている内に、プレイボール!

さあ、頼むぞ、山田、畠山!!

何度も言うが、試合が始まってしまえば、もうその球場の雰囲気だけであとは何とでもなるもの。

熱気、音、声、空気に自然と彼女はトランス状態になってくるはず。

ハイタッチ

初回、いきなりヤクルトの主砲・畠山のタイムリーで点が入ると、球場も大盛り上がり!

みんな神宮名物の「傘」を振りながら、東京音頭でワッショイワッショイ!

Anちゃんも、自然とテンションが高くなり、ここでハイタッチ

自然とスキンシップが取れてしまうのも野球場ならでは。

焼きそば

さらに、Anちゃんは気分が良くなったのか、食べていた焼きそばをこちらに向け、

「食べたいですか?はい、あーん」

と、食べさせてくれた!

15年ぶりくらいにされた「あーん」に筆者は大興奮!

うん、もうね、「これ、付き合ってんじゃね!?」って勘違いしちゃいましたね。

勘違いだろうけどね。

選手名鑑を見ながら、「お気に入り選手」を探せ

基本的には、このように何もしなくても一緒にいるだけで楽しくなれる野球観戦だが、たまーーに点がなかなか入らない息の詰まる投手戦という展開がある。9回までスコアボードに0が並ぶやつね。

玄人にはたまらない展開だが、野球に詳しくない子だと少し退屈してしまうかもしれない。

そこで、もしそんな試合展開になってしまっても困らないためのバックアップをとっておきたい。

それは何か?

ズバリ、彼女の「お気に入りの選手を探す」だ。

選手を探す

スマホを開いて、「ヤクルト 選手」と検索してみよう。

すると、スワローズ公式サイトの「選手情報」というページが見つかると思う。

選手の顔写真なんかも載っているから、これを見ながら、
「どの選手がタイプなの?」
と聞いてみよう。

野球が分からない女子にとって、選手をプレーで判断するのは難しい。だから、ここは「見た目」で判断してもらうのだ。

そして、「お気に入り」が決まったら、その選手の出番の時に一緒に応援してあげればいい。

野手で試合に出ていれば、(交代が無ければ)少なくとも1試合に3回は出番があるから、そのたびに盛り上がることができる。

スマホ

ちなみに、野球に関するあまりにマニアック過ぎる話は厳禁。知識をひけらかしたい気持ちはわかるが、ルールや選手のことなんかを聞かれた時に教えてあげる程度にしておこう。スマホを使って図解解説など丁寧にしてあげれば、理解してもらいやすいだろう。

また、球場全体の「感情」が動いた時、なぜそうなったのかを教えてあげると親切。ホームランが出た時などはわかりやすいが、例えば微妙な判定で球場全体がざわついた時などは、野球に詳しくない子だと「どうしてみんなざわついてるのか」わからない場合がある。

観客が「ざわついた時」「どよめいた時」「ため息をついた時」などに、「今のは、審判の判定に不満でみんなが怒ってるんだよ」といったようにわかりやすく解説してあげよう。

(第5回【「5回裏」と「7回裏」でふたりの距離を一気に縮めろ!】に続く)

【この特集の他記事】
第1回:キーワードは「トランス」。野球観戦デートでオトせる理由
第2回:気分は達也と南!?30分で彼女を野球好きにする方法
第3回:注意すべきは「常に一緒にいる」こと
第5回:「5回裏」と「7回裏」でふたりの距離を一気に縮めろ!