トリクルマガジン アゲろ、男子力!

【連載】実況!パワモテプロ野球デートVol.1

カテゴリー
特集
投稿日
2015年8月10日
野球デート

この連載は、トリクルマガジン編集部がオススメする「野球観戦デート」を成功させるために、準備~当日までどうすればいいかを指南するための企画です。全5回、今日から「野球観戦デート」のノウハウを余すことなくお届けするのでお楽しみに!

第1回
キーワードは「トランス」。野球観戦デートでオトせる理由

つい先日夏の甲子園が開幕し、「WBSC世界野球プレミア12」に向けた侍ジャパンの一次候補選手が発表されるなど、世間的にも注目を集めている野球。もちろん、プロ野球もペナントレースは折り返し。セ・パリーグ共に、連夜各地で熱戦が繰り広げられている。

ところで、あなたは「野球観戦デート」をしたことがあるだろうか?

ある、と答えた人。

素晴らしい!あなたはモテをわかってらっしゃる!!

ない、と答えた人。

もったいない!こんなにいいデートは無いのに!!

「おいおい、突然どうした?」 「野球デートってそんなにいいのけ?」 という声が聞こえてきそうだが、まあ落ち着いてください。

あえて断言しよう。
野球観戦デートは鉄板である。
やり方さえ間違えなければ、高い確率で女の子との距離をグッと縮めてくれる。

「はあ?ウソくせえなあ」
「おれそんな野球好きじゃないんですけどー」
という声が聞こえてきそうなので、

「野球観戦デートが鉄板である」理由をここに示したい。

自然と「トランス状態」になれる野球観戦デートの魅力

まず、デート、引いては恋愛ごとの初期ステージにおいて重要なことは何か?

性格の相性?趣味が合うこと?

もちろんそれらも大事かもしれないが、そんなものは1~2回食事に行きましたー、くらいの関係だと、なかなかわからないものだ。

では、何が重要なのか?

それは、「トランス状態の共有」であると思う。「この人と一緒にいると楽しい気持ち」、と置き換えてもいい。

酔っぱらったり、クラブでガンガンに音を浴びたりする時間を共有すると、不思議と「この人のこと、いいかも」と思ってしまうものだ。

この「トランス状態の共有」は、少ない時間で男女が仲良くなるのに最も必要なものである。

クラブ

ところで、「ハレとケ」という言葉をご存知だろうか?

これは日本人の伝統的な世界観で、ハレ(お祭りなどの非日常)とケ(普段の生活である日常)を明確に区別し、振る舞いや言葉遣いなどもそれによって変化する、というもの。

そして、ハレの日(ちなみに結婚式でいう「晴れの日」はここから来ている)には、人々は一種のトランス状態となり、お祭りなどを楽しんだという。

しかし、現代の、特に一般的な20代くらいの女子にとって、「ハレ」を感じられる機会は意外と少ない。たまの結婚式と、せいぜい夏であればお祭りや花火大会くらいだろうか。つまり、「トランス状態」になれる機会が少ない、ということである。

話を野球観戦に戻そう。

野球観戦は、自然とトランス状態になりやすい。球場の熱気、応援団の鳴り物と声援、選手たちの全力プレー…。これをデートにしない手は無い。

「ふたり」「トランス状態の共有」ができるのだから。

野球デートの8割は、準備で決まる

前置きが長くなったが、とにかく野球観戦デートの有用性はなんとなくご理解いただけただろうか。

とにかく、ふたりで球場に行ってしまえば、あとは球場が何とかしてくれると思っていい。

ただ、「準備」には各人の実力に明確に差がでる。 野球デートを成功させるうえで、準備だけはしっかりとする必要がある。

【準備①】誘い方

誘う

相手がどれくらい野球に詳しいかによってパターンを変えよう。かなり野球好きの子であれば、普通に「野球見に行こう」でいいが、そうでなければ「花火が上がる」「外でビール飲むと気持ちいい」などの付加価値を提供しよう。

【準備②】誘う時の注意点

服装

野球観戦に慣れていない子であれば、「カジュアル目の格好で来てね」と言っておこう。人も多いので、ヒールなんかで来たら結構大変。

【準備③】どの席にするか?

野球場

これは、最も球場が盛り上がり、「トランス状態」に入りやすくなる席は?という観点で考えなければならない。つまり、応援団や熱狂的なファンが多い「外野自由席」一択。

【準備④】席の予約をしとけ

予約

これが意外と落とし穴。「当日買えばいいっしょ」とか考えてると、存外に当日券売り場が混んでてプレイボールに間に合わなかった…なんてことも。

【準備⑤】暑さ対策

クーラーボックス

特にこの時期、夕方以降でもかなり暑い日が続く。タオルや水分をしっかり用意しておかないと、野球観戦どころじゃなくなる。

以上、これらの準備をしっかりとしておけば、あとは当日を迎えるだけ。

何度も言うが、あとは球場が何とかしれくれる。

…と、野球デートの有用性とそのための準備まで一気に解説してきたが、今回はここまで。次回から、実際に野球観戦デート当日の流れをポイントごとに解説していく。この連載で行く試合は、神宮球場で行われる「ヤクルト-巨人」の一戦。

基本的に、この連載におけるデートのノウハウは、どの球場でも通用するようなものであるが、今回は屋外の気持ち良さが魅力の神宮を舞台とすることにした。

それでは、次回もお楽しみに!

(第2回【気分は達也と南!?30分で彼女を野球好きにする方法】に続く)

【この特集の他記事】
第2回:気分は達也と南!?30分で彼女を野球好きにする方法
第3回:注意すべきは「常に一緒にいる」こと
第4回:自然と「トランス状態」へ。考えるな、感じろ!
第5回:「5回裏」と「7回裏」でふたりの距離を一気に縮めろ!