トリクルマガジン アゲろ、男子力!

【連載】トリクルガールと湘南ドライブデート!『モテ ♡ R134』Vol.1

カテゴリー
特集
投稿日
2015年7月10日
湘南デート1

R134は国道134号線のこと。湘南の海沿いを走るこの道を中心に女子にモテるための湘南を、湘南在住13年のモテ男 TKO氏が紹介します!全5回の連載中、湘南デートのノウハウはもちろん、「モテ」に関する含蓄溢れる内容となっていますので、お見逃しなく!

トリクルマガジン読者のみなさん、初めまして。TKOです。

私はマーケティングコンサルタントをしながら、神奈川の海沿いの街で、セレクトショップを営んでいます。

以後、お見知りおきを。

この企画のはじまりは?

今日から始まるこの連載、きっかけはトリクルマガジンの編集者からの相談だった。

会議

「女子にモテるデート企画をしたいのですが、どこに行けばいいですかね?」

はい、これ愚問。

アソビの相手ならいざしらず、本気の女をオトすために目指す先、

そんなものはひとつしかない。

そう、湘南だ。

海イメージ

3歳~72歳くらいまで、世代なんて関係なく、女子は海に連れて行ってもらいたい…そう思って日々生きている※。そのことを理解していない男子が多い。
※TKO調べ

もっと言えば、―湘南― に連れて行ってもらえたら多少は「いろいろと許してもイイ」と思いながら、

今夜も彼女たちは iroha※ のお世話になっていることを、君は知っているだろうか?
※irohaって?な男子はググって

セクシー

結論から言おう。

女子は、今日も湘南を想っている。 いや、湘南にエスコートしてくれる男子を想っている。

「嘘つけ! 俺ん家 岐阜県。湘南行きたいとか言う女おらんし!」

おっと、そんな男子の声が聞こえて来た。

ふふ、あまい。あま過ぎる。

百聞は一見にしかず。試しに今日家に帰ったら君の母ちゃん「今度、湘南連れてったろか?」と言ってみてほしい。

母ちゃんはステージ上から橋幸夫※ に微笑みかけられた時と同じ顔して、乙女チックに「うん…」 と頷くだろう。 そして、およそ80%の確率でパーマをアテにいく。間違いない。
※橋幸夫って?な男子は… もう母ちゃんに直で聞いてくれ

おばさん

息子からの誘いだって関係ない。女は ―湘南― と言われただけで小股に意識が集まってくる。そういう生き物だ。

モテ湘南は、一日にしてならず

出身や人種なんて関係なく、この世に生まれた女子をオトすためには、以下の3つのものに精通している必要がある。

・パリのアパルトマン
・ダッフィー
・湘南のオシャレな散歩道

これだ。 そう、たった3つだ。

1つ目に関してはMARUZENの旅行棚にでも行って勉強してほしい。 2つ目に関しては、、 楽天で買ったらいいね。

問題は3つ目だ。

湘南に関するオシャレ雑誌は多い。だから、ちょっと良い女となれば当然ある程度の湘南経験値があると思っていい。

となると君が HANAKO や OZマガジン の鎌倉特集あたりで仕入れた情報などでは、そうそう彼女たちに小股を意識させることなんてできるわけがない。

江ノ電

彼女の小股。。

それをギュっとさせるには、相当な湘南経験値が必要になる。

でも多くの男子諸君の湘南経験値は、仲間に加わったばかりのウソップにだって劣るはず。

そこで、私の登場というわけだ。

湘南王に、俺はなる!

海イメージ

と言っても、ルフィみたいに仲間と辛酸舐めながらコツコツ経験値を積み上げている時間はないだろう。

そんな男子に、湘南在住13年。湘南のレイリー※こと私TKOが、てっとり早く「モテモテの実」を授けようというワケだ。
※ルフィーに覇気を伝授する師匠。知らぬ男子はAmazonへ

そう、どんなラスボス女子もコロリ!といかせるとびきりの「湘南デートコース」を惜しげも無く伝授する。

それが、「モテ ♡ R134」だ!

この道、一緒に走り抜けようじゃないか。

潮風を感じながら。

初めてのデートに湘南ドライブ。しかし、コース選びでしくじる男子多し。

大仏

彼女との初めてのドライブに湘南をセレクト。

行き先を選ぶとしたらどこへ向かうか?

江ノ島? 大仏? 水族館?

やれやれ、そんな男子の多いこと多いこと。。

結論から言おう。

すべて不正解!

江ノ島、水族館、鎌倉の大仏。ついでに言うなら長谷寺など、メジャースポットはもちろん素晴らしい場所だ。

この先の連載の中でも、TKOなりの楽しみ方を紹介していこうと思っている。

ただし!

今回は「初めて」のドライブだということをお忘れなく。

「初めて」のドライブの目的は何か?

目的は2つだ。覚えておいてほしい。

【目的1】彼女との距離をググ!っと縮める

手つなぎ

ここで言う距離とは、心理的距離だけでなく物理的な距離でもある。

人間が他人に立ち入ってほしくないパーソナルスペースは、半径およそ120センチ。

この距離の中にいることが許される男子になれるか? それが勝負の分かれ目だ。

そのために、

・ボディータッチがチョットあっても不自然じゃないコース選び
・人目が少なく、気持ちが開放的になる場所選び

この2つが鉄則となる。

そういった意味でも、一発目のデートで人ごみにまみれに行くのは愚の骨頂と言わざるをえない。

※ちなみに、口臭や体臭のたぐいはパーソナルスペース以前の問題。

これからのシーズン、ドライブデートに臨むときにはしっかりとケアしてほしい。

【目的2】この人と一緒にいると楽しいかも、、を実現する

カップル

はいこれ、一見すると一番難しいことのように思えるのではないだろうか?

「それができりゃ苦労しないって、、」ってね。

ところが、たとえ君に小粋なトークテクが無くたって、デートコースの選び方ひとつで楽しい時間の演出は可能だ。

その秘訣とはズバリ…

「意外性」だ。

分かりやすく言えば、「サプライズ」

前にも言ったが、女子というのは良い女であればあるほど少なからず湘南経験値を持っている。

なんなら前の男がサーファーで、何度かついて来たことあるんだよね、、

なんてこともあるわけだ。

そんな彼女に湘南デートサプライズをするには、ありきたりのコースではダメだ。

「いやいやTKOさんよ、俺ん家埼玉県だし。わかんねーし、知らねーし」って?

大丈夫! そのためにこの企画が生まれたんだって。

ということで、いよいよ次回からが本編!

しばしお待ちを。

次回より、いよいよデート開始!トリクルガールと行く、モテ湘南デートとは?

編集部Tです。

次回は、いよいよ最初のコース紹介が始まります。

彼女と初めての湘南ドライブデート。その誘い方からコース紹介までをTKO氏が紹介してくれます。

今回は次回予告として、ちょっとだけ中身を紹介しちゃいます。

※ちなみに「トリクルガール」とは、トリクルマガジンのコンテンツに協力してくださるオンナノコたちのこと。スナップ企画にもたくさんのオンナノコが出演してくれているので、是非チェックしてみてください!

デートのお供をしてくれるのは、トリクルガールのアヤノちゃん!

アヤノ

都内でスポーツマネージメントの仕事をしている ヤリ手です♡

ちょっと大人な彼女。TKO氏の言う通り、湘南経験値はかなり高めで何度も遊びに来たことがあるんだとか。

「大丈夫。誰が来てもサプライズだから♪」

と余裕のTKO氏。はたしてどんなコースを準備しているのか!?

それでは次回、モテ湘南企画 Vol.2、

いきなりのコアプレイス。 三浦半島の“先っちょ♡”を、じっくり責める…

をお楽しみに!

【この特集の他記事】
モテ湘南企画 Vol.2「いきなりのコアプレイス。三浦半島の“先っちょ♡”を、じっくり責める…」
モテ湘南企画 Vol.3「選択肢のある、男になる。『海』編」
モテ湘南企画 Vol.4「三浦半島のジュラシックパークで恐竜の心を呼び戻せ!」
モテ湘南企画 Vol.5「ベタとマニアックのマリアージュ」

今回の連載で紹介しきれない湘南の魅力はまだまだたくさんあります。この特集を読んで、「もっと湘南を知りたい!」と思った方は、TKO氏のブログ&Twitterも是非チェックしてみてください!

TKO氏のブログはコチラ↓
TKO radio “HOKKORI SHONAN”

TKO氏のTwitterはコチラ↓
@TKOradio1216