トリクルマガジン アゲろ、男子力!

【岩手観光】龍泉洞以外にも!自然、歴史、温泉…オススメTOP10

カテゴリー
旅行・スポット
投稿日
2017年10月20日
中尊寺

岩手の観光スポットで有名なのが日本三大鍾乳洞の「龍泉洞」や世界遺産の「中尊寺金色堂」。

これらに代表されるように、自然を感じられる場所や歴史深い場所が多数あります。

今回は、岩手県在住ライターの山崎さんに、おすすめ観光地をランキング形式で紹介してもらいます。

岩手県でライターをしております山崎と申します。

皆さんご存知の通り岩手県は都道府県の中で、北海道を除いて最大の面積を誇っています。

沿岸には独特の地形のリアス式海岸があり、雄大な岩手山をはじめとする山々もそびえ、もりおか三大麺を始め、豊かな食文化も根づいています。

広大な面積を誇る岩手県の特徴は自然豊かな魅力的な観光地の多さにあります。

歴史深い中尊寺なども含め、岩手県の魅力が詰まった観光地をご紹介させていただきます。

岩手在住ライターが教える観光地TOP10!

岩手県在住の私山崎が厳選した観光地をランキング形式でご紹介させていただきます。

10位/盛岡城跡公園

盛岡城跡公園はその昔不来方城と呼ばれた南部氏の居城跡を整備し都市公園として地元の方々や観光で訪れた方々に親しまれているスポットです。

盛岡駅から徒歩15分ほどの場所にあり、訪れやすさも魅力の一つとなっています。

石川啄木や宮沢賢治などの岩手の文化人の歌碑なども設置されております。

季節ごとで様々なイベントが行われておりますが、春の「桜まつり」は沢山の人々が訪れています。

近年注目を浴びているイベントの一つに「いしがきミュージックフェスティバル」があります。

夏に行われるこのイベントはメインステージを中心にいくつものステージに30組ほどのアーティストが出演します。

これほどの規模を誇りながら、何と無料という驚きのイベントです。2017年は9月18日に開催が決定しています。

住所:岩手県盛岡市内丸1番37号
アクセス:盛岡駅より徒歩で約15分
電話番号:019-681-0722(指定管理者 NPO法人 緑の相談室)
URL

9位/滝観洞

滝観洞
出典:滝観洞HP

滝観洞は岩手県気仙郡住田町にある大理石からなる鍾乳洞です。

現在までに総延長3635mで高低差が115mあることが確認されております。

このうち880mが一般公開されており、一番奥には50mほどの空間が広がって、天井の裂け目から滝が流れ落ちています。

この滝は「天の岩戸の滝」と呼ばれ、落差は約29mあり洞内の滝としては日本で3番目の落差を誇ります。

さらに奥に進むと「住田の滝」と「重義の滝」という2つの滝と「無限の泉」があります。

残念ながらこの2つの滝と泉は非公開ですが、今後安全が確保されれば公開される日も来るでしょう。

その日が待ち遠しく思います。 ここでは、名物である滝流しそばを頂くことが出来、ご家族連れにとても人気があります。

住所:岩手県気仙郡住田町上有住字土倉298-81
アクセス:花巻駅より車で約2時間
営業時間:8:30~17:00
電話番号:0192-48-2756(滝観洞観光センター)
URL

8位/鉛温泉 藤三旅館

鉛温泉藤三旅館
出典:鉛温泉藤三旅館HP

藤三旅館は「新日本百名湯」、「日本温泉遺産」に選ばれている岩手県でも有数の名湯です。

藤三旅館の温泉の源泉は5本あり、館内の4つの浴場は全て源泉100%かけ流しです。

藤三旅館の歴史は古く、1443年には天然風呂として開かれていたとされ、1786年には温泉旅館として開業されています。

宿のすぐ脇を豊沢川が流れ、露天風呂などでは川のせせらぎや鳥の声など大自然を感じることが出来ます。

この宿の素晴らしさは料理などにも表れており、地元でとれる山の幸を使い、三陸の海の幸を直送で仕入れており、旬の食材をふんだんに使った絶品料理が楽しめるところも人気の理由ではないでしょうか。

旅館全体も歴史と趣があり風格が漂います。岩手を訪れる際にはぜひ一度立ち寄っていただきたいおすすめ旅館です。

住所:岩手県花巻市鉛中平75-1
アクセス:花巻ICから車で約20分
花巻駅より車で25分
     新花巻駅、花巻駅経由で藤三旅館に停車する無料のシャトルバスが出ています
     https://www.namari-onsen.co.jp/access/
営業時間:
電話番号:0198-25-2311
URL

7位/岩手山

岩手県で最高峰の山である「岩手山」はその姿から「南部片富士」とも呼ばれています。

標高は2,038mを誇り、毎年夏には多くの登山客でにぎわいます。

登山コースは7つあり初心者から上級者まで幅広くルートを選びチャレンジすることが出来、それぞれの体力に合わせ登山を楽しむことが出来ます。

盛岡方面からアクセスが良く人気のコースは「焼き走りコース」ですが、このコースでも往復8時間ほどがかかります。

もし登山を考えられるのであれば、しっかりとした計画と装備で臨んでください。

山頂付近には「コマクサ」の群生地があり、頂上を目指すものに一時の癒しを与えてくれます。

もし登山が難しいという方には、「焼き走り溶岩流観察路」もあります。一面に広がる溶岩流の黒い大地は迫力満点で、これを見るだけでも価値があります。

住所:岩手県八幡平市
アクセス:滝沢ICより車で約15分(馬返しキャンプ場)
営業時間:8:30~17:30(滝沢市役所)
電話番号:019-656-6534
019-656-6535(滝沢市役所 経済産業部 商工観光課)
URL

6位/カッパ淵

古くからカッパの伝説があり、その昔武士が馬の足を洗っていたらいたずらをしたとされ、常堅寺が火事になった際カッパが火消しをしてくれたともいわれています。

淵というよりは小さな小川という感じで、夫婦のカッパが祀られた祠もあります。

この祠で拝むと胸が大きくなるといわれており、女性に人気となっています。

実際に訪れてみますとカッパにお供え物のキュウリがどっさり積まれていたりします。

岩手県では「カッパ捕獲許可証」なるものが発行されており、なんとカッパ釣りもできます。

残念ながらいまだに捕獲されたという報告は聞いておりません。

「カッパ捕獲許可証」は遠野市内の観光案内所「旅の蔵遠野」や道の駅、オンラインストアなどで210円で購入することが出来ます。

住所:岩手県遠野市土淵町土淵
アクセス:遠野駅から車で約10分
     伝承園から徒歩5分(伝承園の駐車場をご利用いただけます)
電話番号:0198-62-1333(一般社団法人遠野市観光協会)
URL

5位/小岩井農場まきば園

小岩井農場まきば園
出典:小岩井農場まきば園HP

小岩井農場まきば園は年間通して様々なイベントで楽しませてくれる人気の観光地です。

牧羊犬と羊のショーや乗馬体験、アーチェリー、トロ馬車などを中心に季節ごとのイベントがあります。

牛舎や乳業工場見学もできレストランでは名物のジンギスカンを味わうことが出来ます。

牛乳やソフトクリームも絶品ですの訪れた際は召し上がってみていただきたいと思います。まきば園からは天気が良ければ雄大な岩手山も見ることが出来ます。

通常は非公開である、生産現場や国の重要文化財に指定された歴史的な建造物群をバスで巡るツアーなども行われていますので、事前にHPでイベントなどを調べてから訪れる事をおすすめします。

その他トラクタートレインで行く「自然満喫ツアー」や「ホタルの森づくり」など多彩でご家族みんなが楽しめる場所です。

住所:岩手県岩手郡雫石町丸谷地36-1
アクセス:盛岡ICより車で約15分
     バスは盛岡駅前「10番」乗り場「小岩井農場まきば園行き」約30分
     小岩井駅よりタクシーで10分
営業時間:4月21日から9月30日 9:00~17:30
     10月1日から11月17日 9:00~17:00
電話番号:019-692-4321
URL

4位/藤七温泉 彩雲荘

藤七温泉 彩雲荘
出典:藤七温泉 彩雲荘FB

東北最高地、海抜1,400mにある温泉が「藤七温泉 彩雲荘」です。

岩手県の八幡平にあり、八幡平の標高1,614mのほぼ山頂付近1,400m付近に宿はあります。

これほどの高地にあるため周りは大自然で高山植物なども観ることが出来、そしてとても静かです。

この宿は電線が通っていないため、自家発電で営業しており不安定なことと、電話線もないため携帯電話しか通信手段がありません。

そういった環境も非日常空間で楽しみの一つです。

山の幸が中心のバイキング形式の食事も人気となっております。

何といっても魅力はお風呂で男女別露天風呂から混浴露天風呂に大浴場全てが源泉掛け流し、宿泊されている方は24時間入ることが出来ます。

ぜひこの大自然に囲まれた開放的な露天風呂を楽しんでいただきたいと思います。

住所:岩手県八幡平市松尾寄木北の又
アクセス:盛岡駅より車で約2時間
     盛岡駅より岩手県北バスも出ています(岩手県北バスHP http://www.iwate-kenpokubus.co.jp/)
電話番号:090-1495-0950
URL

3位/浄土ヶ浜(浄土ヶ浜マリンハウス)

岩手県沿岸宮古市にある人気の景勝地が「浄土ヶ浜」です。

三陸復興国立公園・三陸ジオパークの中心に位置し、宮古山常安寺七世の霊鏡竜湖が「浄土ヶ浜」の景観の美しさを「さながら極楽浄土のごとし」と表現したことから名づけられたといわれています。

透明度が高く、夏にはたくさんの海水浴客でにぎわい、冬は雪化粧したその美しさを楽しみに訪れる方が多い観光地です。

みやこ浄土ヶ浜遊覧船もあり「浄土ヶ浜」を1周、約40分の船旅が楽しめます。

団体様専用の特別運行コースもあるようですので、団体で訪れる際は検討してはいかがでしょうか。

「青の洞窟」の異名で知られている八戸穴をさっぱ船で案内するサービスなどもあります。

このさっぱ船をご希望の方は「浄土ヶ浜マリンハウス」でチケット購入することが出来ます。

住所:岩手県宮古市日立浜町
アクセス:宮古駅から車で約15分。
     バスで「浄土ヶ浜行き」に乗り「浄土ヶ浜ビジターセンター」下車、徒歩5分。
営業時間:8:30~17:00(浄土ヶ浜マリンハウス 12月から2月は休業)
電話番号:0193-63-1327(浄土ヶ浜マリンハウス)
URL

2位/中尊寺金色堂

平安時代後期1124年に建立された仏堂である「中尊寺金色堂」。

国宝に指定されており、2011年には世界文化遺産に登録されています。

建物一面に金箔を重ねた豪華絢爛な作りをしており、建立された当時の工芸技術がふんだんに盛り込まれています。

宮沢賢治の詩碑もあり、理想郷を夢見た想いが込められています。

この金色堂を含め中尊寺には国宝と重要文化財に指定されているものが、3000点以上あります。

もともと藤原清衡はこの中尊寺を建立した際、戦のない平和な世界を願ったといいます。

そんな平和への想いと共に現代まで大切に守られてきたのが中尊寺です。

初代藤原清衡と毛越寺を造営した二代目藤原基衡、源義経を招き入れたとされる三代目藤原秀衡、四代目藤原泰衡の亡骸は金色の棺に納められ、現在も安置されております。

住所:岩手県西磐井郡平泉町平泉字衣関202
アクセス:平泉駅から車で5分。
営業時間:8:30~17:00(11月11日から3月31日 8:30~16:30)
電話番号:0191-46-2211
URL

1位/龍泉洞

日本三大鍾乳洞の一つに数えられます「龍泉洞」その全長は現在確認されているのは3,600mです。

調査は現在も継続して行われている未知の魅力がたっぷりの鍾乳洞です。把握されている3,600mのうち公開されているのが約700mで、地底湖も8つ見つかっていますが、そのうちの3つが公開されています。

現在の見立てでは総延長は5,000mを超えるのではないかともいわれており、今後の調査が待たれます。

長い年月をかけ生み出された鍾乳石の数々のと、世界でも屈指の透明度を誇る地底湖の美しさは息をのみます。

洞内に生息するコウモリと共に国の天然記念物の指定を受けています。

平成23年のリニューアルオープンを機に、洞内を全面LED化し美しさに磨きがかかりました。

2016年の台風10号の豪雨により水没してしまい大きな被害を受けましたが、2017年3月に無事営業を再開しています。

東日本大震災後訪れる方が減ってしまっていましたが、復興と共に客足も戻っているようです。

この世界に誇る鍾乳洞を一人でも多くの方々に訪れてほしいです。

住所:岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉字神威1番地1
アクセス:車で盛岡から国道455号で約1時間30分。
     花巻空港から国道4号、国道455号で約2時間30分。
営業時間:8:30~17:00(5月から9月 8:30~18:00)
電話番号:0194-22-2566
URL

この記事の記者

著者名
著者プロフィール
日本のペット問題(野良犬、野良猫、殺処分)を少しでも解決したくて、何かを発信する仕事をしたいと思いライター業を始めました。将来的には日本のペット事情と世界(主にドイツ)のペット事情を比べたり、問題提起などの記事を書くことが出来ればと思っています。