トリクルマガジン アゲろ、男子力!

出雲大社と一緒に巡りたい、島根のおすすめ観光スポット

カテゴリー
旅行・スポット
投稿日
2017年8月11日
島根 メイン

島根の観光スポットといえば、縁結びで有名な「出雲大社」。
でも、それ以外にもパワースポットや絶景スポットなどおすすめのスポットがたくさんあります。

今回は、出雲大社と一緒に巡りたい島根のおすすめ観光地を紹介。

島根県は出雲大社をはじめとするパワースポットが数多くあります。由緒ある神社や寺も多く歴史深い街でもあります。 その多くのパワースポットは縁結びにパワーを発揮します。

そんな経緯から女性にも人気が高く、注目度も高い土地です。そんな土地柄ゆえか「しまね縁結びサポートセンター」なんてのもあるようです。

縁結びのスポットもさることながら、素晴らしい景観の観光スポットも数多く存在します。そんな縁結びスポット豊富な島根を魅力的な観光地も交えご紹介いたします。

島根観光といえばココ!まずは出雲大社を知ろう

「縁結び」で有名

出雲大社

島根県に観光に訪れる方の多くが訪れる観光スポットの一つに出雲大社があります。出雲大社といえば縁結びのご利益で有名です。

出雲大社の縁結びパワーは絶大で、恋愛のみならず友人、就職など様々なご縁をもたらしてくれ、キングオブ縁結びともいわれています。

キングオブ縁結びといわれる一番の理由は、誰もが知っている「運命の赤い糸」はこの出雲大社に祀られてる「大国主(オオクニヌシ)」の伝説からきているということも大きいのではないでしょうか。

「運命の赤い糸」の伝承には三輪山という実際に奈良県の山が登場するのですが、この山に祀られているのが「大物主(オオモノヌシ)」という神なのですが、これは出雲大社の「大国主(オオクニヌシ)」の異名であり、日本書紀では「大国主(オオクニヌシ)」の分身として登場しています。

恋の縁を代表する「運命の赤い糸」も「大国主(オオクニヌシ)」に繋がります。これらの事実を知ると最強のキングオブ縁結びというのも納得せざる得ないのではないでしょうか。

神話にも出てくる歴史深さ

大国主神
?

先ほども少し触れましたが、日本書紀などに「大国主(オオクニヌシ)」に関わる記述があります。

その他にも出雲風土記に島根県の出雲地方が登場します。これらの神話と密接にかかわってきたという歴史があり、その言い伝えや伝承、伝説が現在の出雲大社と私たちの関係に大きな影響を与えていることは間違いありません。

その奥深い歴史などの背景も理解したうえで、参拝に訪れるとより一層ご利益があるかもしれません。

元々「大国主(オオクニヌシ)」は「ダイコクサマ」とも呼ばれており、「天の下造らしし大神」とも呼ばれ、豊作、豊漁、健康、国造りなど私たちの生活すべてに関わる神様のようですので、縁結び以外にもご利益が期待できます。

住所:島根県出雲市大社町杵築東195
営業時間:08:30~17:00(お問い合わせ時間)
電話番号:0853-53-3100(出雲大社社務所)
URL

パワースポット、絶景…島根のおすすめ観光スポット 

熊野大社

熊野大社
出典:熊野大社公式HP

出雲大社はもちろんの事、強力なパワースポットとして有名な場所として熊野大社があります。

こちらもさまざまな神話に基づく神事が行われています。こちらには八岐の大蛇(ヤマタノオロチ)を退治したことで有名な須佐之男命(スサノオノミコト)が祀られております。

須佐之男命(スサノオノミコト)はこの地で初めて火を生み出したとされています。それに伴い。熊野大社は日本火出初之社(ひのもとひでぞめのやしろ)とも呼ばれ、こちらの神社も縁結び、良縁成就、夫婦円満、子授、安産のご利益があり、多くの女性に人気のあるパワースポットになります。

女性はもちろんの事、男性も含めあらゆる方々に、須佐之男命(スサノオノミコト)の強力なパワーを感じていただきたく思います。

住所:島根県松江市八雲町熊野2451
アクセス:JR松江駅から一畑バス八雲行きで約25分、終点八雲ニコニコバスで乗り換え
     熊野大社前下車。
営業時間:8:30~16:30(ご祈念時間)
電話番号:0852-54-0087
URL

稲佐の浜

稲佐の浜
出典:出雲観光ガイドHP

出雲大社に訪れる方は、ぜひこの「稲佐浜」も訪れていただきたいと思います。出雲大社から西方1kmにある海岸です。

「稲佐浜」には一目でわかる、丸い島があります。この島は地元の方々から「べんてんさん」と呼ばれ親しまれてきました。その昔神仏習合の頃に「弁財天」が祀られていたことに由来するようです。

現在では豊玉毘古命(とよたまひこのみこと)が祀られています。天照大神(アマテラスオオミカミ)の使命を受けた、建御雷神(タケミカヅチ)が大国主神(オオクニヌシ)と対面した場所ともされ、出雲大社に集まる全国の神々がこの「稲佐浜」から出雲へ上陸すると伝えられています。

出雲大社のパワーと共にこの「稲佐浜」のパワーも感じていただければと思います。

住所:島根県出雲市大社町杵築北稲佐
アクセス:JR出雲市駅から一畑バスで「稲佐浜」下車
電話番号:0853-53-2112(出雲観光協会)
URL

須佐神社

須佐神社
出典:須佐神社HP

こちらに祀られているのは須佐之男命(スサノオノミコト)です。須佐之男命(スサノオノミコト)の御魂を祀る日本で唯一の神社です。

さらに須佐之男命(スサノオノミコト)の妻である櫛名田比売(クシナダヒメ)とその両親も一緒に祀られています。

それだけでもかなりのパワーが期待できるのではないでしょうか。さらに、こちらにある「塩ノ井」は、須佐之男命が土地を清めた水とされ、先ほどご紹介しました「稲佐の浜」とつながっており潮の満ち引きで湧き出る水量が変わるともいわれています。

裏にある大杉さんは樹齢千三百年を数えるとされ、様々なご利益とパワーをいただけるパワースポットとして人気となっています。

住所:島根県出雲市佐田町須佐730
アクセス:JR出雲市駅から一畑バスで出雲須佐行で約40分終点下車、タクシーで5分。
電話番号:0853-84-0605
URL

石見銀山遺跡

石見銀山
出典:石見銀山世界遺産センターHP

石見銀山はかつて日本有数の銀山として栄え、現在の日本では日本を代表する鉱山遺跡として世界遺産に登録されています。

石見銀山の最盛期は日本の銀算出の三分の一の産出量があり江戸幕府の財政を支えたとされています。日本の歴史において重要な役割を担ってきました、かつてはこの豊かな産出量を巡り数多くの戦いが繰り広げられた歴史もあります。

こちらで一番注目ポイントは機械なしで掘られたとは思えない穴の大きさにあります。

機械なしで掘られたとは思えない迫力は直にご覧いただきたいと思います。観光で訪れる方のためにレンタルサイクルなどもありますので、周辺を一緒に散策してはいかがでしょうか。

住所:島根県太田市大森町
アクセス:JR太田市駅から石見交通大森行きバスで約25分、大森代官所下車すぐ。
電話番号:0854-89-9090(太田市観光協会)
URL

八重垣神社

八重垣神社

出雲の縁結びの元祖の須佐之男命(スサノオノミコト)と櫛名田比売(クシナダヒメ)がこちらでも祀られています。

須佐之男命(スサノオノミコト)が八岐大蛇(ヤマタノオロチ)を退治した後に、櫛名田比売(クシナダヒメ)とここに新居を構えたといわれています。この八重垣神社の収蔵庫には壁画があり、障壁画としては日本最古といわれています。

全部で三面描かれており、櫛名田比売(クシナダヒメ)が描いたとされています。さらに近年女性から注目されているのが、裏手の小さな森にある「鏡の池」で行う鏡の池占いです。

この池は八岐大蛇(ヤマタノオロチ)を退治する際に、櫛名田比売(クシナダヒメ)が身を隠し姿見に使っていたとされています。

その池に十円か百円硬貨を占い用の和紙に載せて浮かべるというものです。和紙が15分以内に沈めば、「良縁近し」とされ、30分以上なら「縁遅し」とされています。さらに近くで沈めば、近くの人と結ばれ、遠くに沈めば遠くの人と結ばれるようです。皆さんもぜひ一度やってみてはいかがでしょうか。

住所:島根県松江市佐草町227
アクセス:JR松江駅から松江市営バス八重垣神社行約19分、八重垣神社下車
営業時間:9:00~17:00(宝物館営業時間)
電話番号:0852-21-1148
URL

宍道湖

宍道湖
出典:松江観光協会HP

宍道湖は周囲が約45kmあり、全国で7番目に大きい湖とされています。

ごくわずかではありますが、塩分を含んでいるため生息できる魚種が豊富なことも特徴の一つです。

宍道湖のグルメである、シジミや白魚は代表する味覚として人気があります。以前はそれほど知名度が高いわけではありませんでしたが、日没30分前から見える夕日があまりにも美しいことから人気になり、SNSの普及に伴い人気も高まりました。

現在では日本の夕日百選にも選ばれています。宍道湖の東側にある島根県立美術館では食事を楽しむこともでき、この夕日を眺めながら食事することができます。

宍道湖を約一時間かけてめぐる遊覧船「はくちょう号」の最終便ではサンセットクルージングが楽しむことができます。

遊覧船から望める夕日も趣が変わり、また格別です。このサンセットクルージングの出向時間は日没に合わせ調整されるので、事前に要確認することをおすすめいたします。

住所:島根県松江市袖師町
アクセス:JR松江駅から徒歩で15分
電話番号:0852-27-5843(松江観光協会)
URL

松江城

松江城
出典:松江城HP

松江のシンボルでもある松江城は全国で現存している12天守のうちの一つで国宝にも指定されています。

松江城山公園にある桜は日本のさくら名所100選にも選ばれています。桜の季節にはきれいな桜と松江城の素晴らしい景観を見る事が出来ます。

ソメイヨシノ、ヤエザクラ、シダレザクラが約200本咲き誇ります。松江城では様々なイベントが催されており、一番のおすすめとしては、1月1日に行われる「天守閣から望む初日の出」です。松江城の最上階から、先着50名限定で初日の出を見る事が出来る貴重なイベントです。

年間通して様々なイベントが行われておりますので、島根県を訪れる際はHPなどでイベントをチェックしましょう。

住所:島根県松江市殿町1-5
アクセス:JR松江駅市営バスで10分
営業時間:8:30~18:00(閉館時間は時期により異なる)
電話番号:0852-21-4030(松江城山公園管理事務所)
URL

鬼の下震

鬼の下震
出典:奥出雲観光文化協会公式サイト

大自然が大好き、大自然を満喫したいという方におすすめのスポットが「鬼の下震」です。

なぜ「鬼の下震」の名前の由来はちょっとユニークです。かつてこの地に玉日姫という美しい姫が住んでいました。

その姫にワニが慕ったようです。夜な夜な通うワニを嫌った姫が、巨岩で川をせき止めてしまったとのことです。その後ワニはより一層激しく姫を慕ったとのことで、「ワニが慕った」が転じて「鬼の下震」となったようです。

ちょっと無理があるような気もしますが、こういった由来があるようです。この地は元々黒雲母花崗岩地帯で、それが長い年月をかけ侵食し造られた狭谷です。その浸食で出来た特異な景観が国の名勝、天然記念物に指定されています。

住所:島根県仁多郡奥出雲町三成、高尾
アクセス:JR出雲三成駅からタクシーで5分
電話番号:0854-54-2260
URL

出雲日御碕灯台

出雲日御碕灯台
出典:出雲観光ガイドHP

島根半島の最先端にこの「出雲日御埼灯台」があります。明治36年に設置され日本一の高さ43.65mあります。海面から灯台の先までは63.30mもあります。

建造から100年以上が経過した現在でも現役で活躍しています。高さもさることながら光度もあり、沖合40kmまで光が届きます。

この灯台のの外壁はとても硬質な石材で形成されており、白く美しいものです。内側はレンガで造られ、特殊な2重構造になっています。

100年以上も現役で活躍していることやその佇まいの美しさ、歴史的文化的側面を踏まえ「世界の歴史的灯台百選」にも選ばれている、世界に誇るべき灯台なのです。平成25年には国の有形文化財にも指定され、ますます注目が高まっています。

住所:島根県出雲市大社町日御碕
アクセス:一畑電車大社線出雲大社前駅から一畑バス日御碕方面行で約25分
営業時間:9:00~16:30
電話番号:0853-54-5341
URL

鰐淵寺

鰐淵寺
出典:出雲観光ガイドHP

この「鰐淵寺」は伝承によると、推古2年に智春上人が推古天皇の目の病を治すために浮浪の滝に祈り治したとされ、その報賽として建立されたといわれています。

平安時代末期には多くの修道者の修験道の霊地としてとても栄えましたが、現在はひっそりと佇んでいます。さらにあの「武蔵坊弁慶」の伝説も数多く残されています。「武蔵坊弁慶」はここ松江市で生を受け、18歳から3年間鰐淵寺で修業したといわれています。

平家を滅ぼした後にまたこの地に身を寄せたともいわれています。そんな「武蔵坊弁慶」も修業したこの土地も隠れパワースポットです。

修験場ということもあり山奥深くにありますが、大自然に囲まれており、浮浪の滝でパワーを存分にチャージし、大自然のマイナスイオンで日ごろの疲れを癒すのに最高です。

少し遠く行くのには苦労しますが、行って損はないパワースポットの一つでおすすめです。

住所:島根県出雲市別所町148
アクセス:一畑電車雲州平田駅よりバスで25分
     鰐淵寺駐車場下車、徒歩15分
営業時間:8:00~17:00
電話番号:0853-66-0250
URL