トリクルマガジン アゲろ、男子力!

キャンプ初心者がドヤ顔で当日を迎えるための「キャンプの流れ」指南

カテゴリー
旅行・スポット
投稿日
2017年3月9日
キャンプ初心者

来週はキャンプの予定!…でも、あんまり行ったことがない初心者だから、何をすればいいのか?どんな流れなのか?がイマイチわかってない…そんな方は多いと思います。そこで、今回はサラリーマンキャンパーのレンタローさんに「初心者のためのキャンプの流れ指南」について記事を書いていただきました。

こんにちは、GOOD CAMPERS COMPANYのレンタローです!平日はサラリーマン、週末はもっぱらキャンプをしています!

直火を使った豪快なアウトドア料理、何にも縛れない自由気ままな時間、使うほどに味の出るキャンプギア、何かと役立つロープワークなどの技術や知識、チクチクと気持ちいい芝生のベッド、静寂に響く焚き火のはぜる音、凛と澄んだ空気の中で戴くコーヒー、テントはまさに大人の秘密基地!キャンプには「男のロマン」が詰まっています!そう、つまりキャンプは貴方の「オトコをアゲる」にはもってこいなんです!是非キャンプを初めてみてくださいね!

結局、キャンプって何やればいいんだっけ…?

キャンプの流れ

ただ「キャンプって楽しそうだな、行ってみたいな」と思っていても、イメージが漠然としていて、「アレ・・・、実際キャンプってどうやって過ごすもの・・・?」となり、なかなかキャンプに踏み出せない方が多いのではないでしょうか?

こんな所でキャンプライフがつまずいてしまうのはもったいない!

と言う訳で、今回は【スタンダードなキャンプの流れ】についてご紹介します!実際に何をするのかより具体的なイメージを持っていただき、事前に準備しておくべき事や当日のアクションをスムーズ且つスマートにこなせるように、準備万端でキャンプに臨みましょう!

ちなみに、イメージがし易いよう今回は富士五湖の一つ西湖に隣接した「キャンプビレッジ・ノームにメンバー4人で1泊2日のキャンプをする」という設定でスケジュールを組んでいます。

<キャンプビレッジ・ノーム>

ノームは都内から車で2時間の距離にあるキャンプ場で、林間ゾーンと湖に面したゾーンに分かれており非常に気持ちのいいキャンプ場です。キャンプ用品の貸し出しもしていますので、初心者にもオススメですよ!

スケジュールの組み立て方は基本的にキャンプ場のチェックイン時間と、移動時間をベースに逆算していきます。チェックインとアウトの時間は事前にキャンプ場のHPなどで確認しておきましょう。ちなみにノームのチェックインは13時、アウトは12時です。

【1日目】初心者のための「キャンプのしおり」

キャンプ1日目

1日目は、出発~買出し~チェックイン~設営~昼飯~遊び~夕飯~就寝までとなります。

出発~CHECK IN

ピックアップ

◇10:00   メンバーをピックアップして出発!

キャンプに限らず「旅に出る朝」はワクワクしますよね!車に荷物を積み込んで、お気に入りのミックスリスト流して気楽にいこうぜ!

・キャンプの荷物は嵩張るので車のトランクじゃ収まらないかも!車のサイズは余裕を持って、メンバーが4人なら6人用の車を用意する等しよう。また荷物は事前にまとめておこう!
・寝坊しがちなメンバーがいたら、集合1時間前に目覚ましコールを!
・道中は皆で相談しながら買い出しリストを作っておくと、買い出しがよりスムーズに!

◇11:00   スーパーマーケットで買い出し

当日の昼飯夕飯と、2日目の朝飯の食材の買い出しをします。

・キャンプ場の近くのスーパーで買えば道中の荷物を減らせるのと、冷えたビールが飲めます!
・BBQ用のステーキ肉は店員さんに頼めば希望のサイズに切ってくれるぞ!(オススメは450gのサーロインを厚み4cmで)
・BBQは肉だらけになりがちなので、口直しに漬物や味噌汁があるとホッとしますよ。

◇13:00   CHECK IN!!

キャンプビレッジ・ノームに到着!まずは受付でチェックインしてお支払い!

・受付では必要に応じてキャンプ用品をレンタルしたり、薪や炭も購入しよう!4人だと炭は3~4kg、薪は2セットくらい!後で足りなくてもまた受付で買い足せばOK!

設営~LUNCH

火起こし

◇13:30   テント&タープの設営と火おこし

テントサイトに荷物を降ろして設営開始!僕はすぐにビールを取り出して仲間と乾杯してからワイワイ設営していきます。

・景色、風向き、地面のコンディション(ぬかるみ等)、周囲のキャンパーとの距離感等を意識して設営場所や角度を決めよう!
・昼ご飯に炭を使用する場合は火おこしも同時にやりましょう。設営と火おこしで担当を振り分けておくとスムーズ!
・炭は煙突状に積んで中心に着火剤を置いたあと、煙突上部も炭で蓋をしてそのまま放置しておくだけで簡単におこせます!面倒な炭おこしをサラっとこなせば皆のヒーローに!

◇14:00   昼ご飯

ちょっと遅めのお昼ご飯!アウトドアで食べる料理は格別!ポイントとなるのはスピード!

・炭を使用する場合、おきるまで時間がかかるので、お刺身などの火を必要としないものがあるとスグに食べられて嬉しい!
・バーナー(携帯コンロ)を使った料理であれば、炭を待つ必要はないので早いです!
・スパイスをもみ込んで食べるジャークチキン等、事前に家で味漬けをしたお肉があると焼くだけなのでなおヨシ!

遊び~DINNER

夕食

◇15:00   遊ぼう!

童心にかえって自然と思いっきり遊ぼう!

・キャンプビレッジノームではカヌーやカヤックのレンタルをしており、キャンプサイトからちょっと漕ぎだせば湖の上から富士山を眺める事ができます。
・川があれば泳いだり飛び石をしたり、釣った魚をその場で食べられるキャンプ場もあります。
・ちょっと変わった遊びだと、木と木の間にベルトを貼って綱渡りのように遊ぶ「スラックライン」なんかも最近は人気ですよ。

◇18:00   夕ご飯

遊び疲れたら、夕飯の準備に取り掛かりましょう!日が落ちると寒くなるので暖かい料理があるとグッド!

・キャンプと言えばBBQ!炭火で分厚いステーキを豪快に焼いちゃってください!ピーマンの丸焼きに醤油をすこし垂らすだけでも美味しいですよ!
・煙を使う燻製料理もアウトドアならでは!時間がかかるので、早めに仕込んでおくのがベター!
・鶏やじゃがいもを丸ごと温めるだけのダッチオーブン(鋳鉄の鍋)料理はまさに男の料理!
・カレー、シチュー、お鍋など、暖かい汁物料理も一つあると落ち着きます。

お風呂~就寝

焚き火

◇20:00   お風呂

初日にお風呂に入りたい人は、入浴施設が隣接しているキャンプ場がいいでしょう!
※お風呂に関する詳細は記事後半に記述

◇21:00   焚き火

大人の時間、焚き火タイムです。パチパチとはぜる焚き火を囲みながらゆっくりとした時間を仲間と過ごすこの瞬間が、僕は一番好きです。

・夜になると特に下半身が冷え込んでくるので、ブランケットがあるといいです。火花除けにもなります。
・ホットワインやホットラムチャイなど、強すぎない暖かいお酒を用意してあげると女子に喜ばれます!
・夜も深くなり空が晴れていれば、満天の星空を堪能できます。流れ星チャンスも有ります!

◇24:00   就寝 明日も早起きしたいので、できれば早く寝ましょう。

・キャンプ場は静かだからこそ想像以上に声が響きます。夜になったら静かにしましょう。
・2Lのペットボトルにお湯を注いでタオルで包むと湯たんぽ代わりになります。寝袋の足もとに入れると暖かいです。

【2日目】初心者のための「キャンプのしおり」

キャンプ2日目

2日目は、起床~朝ご飯~撤収~チェックアウト~アクティビティ~帰宅までとなります。

起床~CHECK OUT

ホットドッグ

◇07:00   起床

キャンプの朝は空気が澄んでいて最高に気持ち良いです!是非とも早起きしてください!

・森林浴しながらモーニングコーヒーを戴くのが最高です。
・僕は仲間たちと朝ラジオ体操をします。身体を伸ばし切ると気持ちいいですよー。

◇08:00   朝ご飯

炭を使うと片付けが面倒なので、2日目はバーナーを使用した料理がベター。

・簡単に作れる上にアウトドア感のあるホットドッグが僕のオススメ!
・キャンベルスープは牛乳を混ぜて温めるだけなので、簡単だし美味しいです!

◇10:00   撤収開始

チェックアウト時間に間に合うよう片付けは早めに始めましょう!テントを畳むのに結構戸惑ったりするので、時間は余裕を見て。

・車に荷物を積むときは降ろす人の順番を考慮すると無駄がないですよ。

◇12:00   CHECK OUT

名残惜しいですが、キャンプ場からチェックアウト!集合写真を忘れずに!

・ゴミはキャンプ場に捨てられるのか、持ち帰りなのか事前に確認しておきましょう。来た時よりも美しく!

アクティビティ~帰宅

アクティビティ

◇13:00   アクティビティ

キャンプ場周辺にはアクティビティができるスポットが結構あります。

・ラフティングやキャニオニングなどのリバースポーツが爽快でオススメ!事前に予約はしておきましょう。
・アクティビティはきついという方は、近くの温泉で疲れを癒すのもヨシ!

◇15:00   帰宅

帰るまでが遠足です。渋滞の時間帯を避けてスマートに帰りましょう!次回のキャンプの予定を仲間と立てて終了です!

TIP’S!! 

キャンプでお風呂ってどうすればいいの?

風呂

キャンプは野外活動なので、暑さで汗だくになったり、煙の匂いが服や体につくので、お風呂に入れるのかどうかも重要だと思います。特に女の子は!

男子諸君!可愛い女の子をキャンプに連れ出したいのなら、こういう気遣いはむちゃくちゃ大事ですよ!

お風呂が必要な場合は、以下の3パターンを考慮してキャンプ場を探しましょう!
・キャンプ場の敷地内に入浴施設がある、もしくはキャンプ場から徒歩圏内に隣接している
・キャンプ場にお風呂はないが、シャワーはある
・キャンプ場に入浴施設はないが、車で行けば近辺にある(ハンドルキーパーは決めておきましょう)

僕はお酒が飲みたいのでハンドルキーパーがいなければ初日の夜は風呂を我慢し、翌朝チェックアウト後にキャンプ場近くの温泉に入りに行きます。キャンプで流した汗や匂いを落としてサッパリするとメチャクチャ気持ちいいですよ!

以上が【スタンダードなキャンプの流れ】となります! さあキャンプの具体的なイメージを掴んだ貴方なら、最高のキャンプを楽しむことができますよ! 仲間を誘って是非チャレンジしてみてくださいね!

ではみなさん、良きキャンプライフを!

キャンプレンタロー

レンタロー

◇レンタローさんのブログはコチラ
◇レンタローさんのインスタグラムはコチラ

この記事の記者

著者名
著者プロフィール
月に1回、多い時は毎週のようにキャンプに行くサラリーマンキャンパー。キャンプの魅力をなるべく多くの人に伝えるべく日々活動中。一緒にキャンプに行く仲間も募集中!