トリクルマガジン アゲろ、男子力!

絶景×ドライブで彼女を落とせ!関東近郊の日帰り観光スポット

カテゴリー
旅行・スポット
投稿日
2017年3月2日
関東ドライブ

関東近郊にはドライブデートにおすすめの素晴らしい道路がたくさん。そこで今回は、日本百名道にも選ばれている関東近郊の絶景の道と、伊豆・鎌倉など東京から日帰りドライブOKな観光地を紹介します。これならドライブ旅行中に隣に座ってる女の子もウキウキしてくれすはず。

大人の旅は移動時間さえ満喫する

男子たるものドライブデートならやっぱり自分で運転したいですね。でもそんなときあまりに単調な道路だと、隣にいる女の子は退屈してしまいがち。そこでトリクルマガジンでは、景色の良い道を通って移動時間も満喫してもらう方法をおすすめします。

この移動時間て、普段自動車を運転していないと気がつきにくい部分ではないでしょうか。 日帰りドライブだとしても車の中にいる時間はけっこう長いですから、観光スポットをチェックするのと同じくらいドライブ自体にも気をつかいたいですね。

関東近郊にも絶景を眺めることが出来る道路がたくさん!

冒頭にも書いたとおり、関東近郊には絶景を見ながらドライブできる道路がたくさんあります。今回はその中から、「富士山スカイライン」「西伊豆スカイライン」「伊豆スカイライン」「芦ノ湖スカイライン」「国道134号線」を選びました。

チョイスの基準は、富士山や湘南の海を眺めながらドライブ出来ることと、鎌倉や伊豆といった日帰りドライブも可能な人気観光スポットへアクセスできることです。なお今回はドライブがテーマなので、各スポットへは自動車でアクセスする方法を記載しました。

【富士山スカイライン編】絶景の道と周辺の観光スポット

「富士山スカイライン」は、東京から関東やその周辺へ日帰りのドライブ旅行がしたいときに打ってつけ。通行できる時期が限られていることが、この無料の自動車道でドライブすること自体にプレミア感を与えてくれます。とくに秋の紅葉のシーズンがおすすめ。

7月上旬~9月上旬は登山シーズンのためマイカー規制があります。静岡県交通基盤部のHPなどで確認を。11月中旬から翌4月下旬まで通行禁止期間の詳細は、静岡県公式HP「富士山登山道周辺の道路情報 富士山五合目までの道路状況のお知らせ」で分かります。

富士宮口(富士山表口)五合目

関東でドライブデートをしたい。でもどこへ行こう?と迷ったら、富士山スカイラインを通って富士山へ行くのはいかがでしょうか。2013年に世界文化遺産に登録された日本最高峰は、ドライブデートの目的地としてこれほど分かりやすいスポットはないと言えるでしょう。

「富士宮口五合目」は7つある富士山の登山ルートのうち、富士宮ルートと富士山プリンスルートの起点となるスポットです。山頂まではおおよそ6時間ですが、レストセンターの展望デッキからの眺望を楽しむだけなら東京から日帰りの小旅行も楽しめます。

住所:静岡県富士宮口新五合目
アクセス:東名高速 御殿場IC・裾野IC → 富士山スカイライン もしくは、東名高速富士IC・新東名高速 富士IC → 西富士道路・国道139号・富士山スカイラインなど
営業時間:表口五合目レストセンターは登山シーズンに合わせてオープンします。
電話番号:054-221-3612 静岡県 文化・観光部総務企画課  
URL

白糸の滝

白糸の滝
出典:PHOTOINDEX

「白糸の滝」も、東京から富士山スカイラインを経由してドライブを楽しむなら押さえておきたいスポットです。湧き出しているのは富士山の雪解け水。幾筋もの清廉な滝の流れは、関東周辺屈指の癒やしスポットとして評判です。日帰りドライブ旅行にもぴったり。

国の名勝や天然記念物にも指定されているこちらの名瀑の高さは20m。ゆるくカーブした壁面は幅150mをほこります。ドライブで訪れるならベストシーズンは5月中旬~下旬。水量が多く、晴れた日には滝壺に虹がかかることもあります。木々が色づく秋も良いですね。

住所:静岡県富士宮市上井出・原
アクセス:東名高速富士ICか新東名高速富士IC → 西富士道路、国道139号 → 上井出IC 約40分
営業時間:駐車場は8:30~17:00
電話番号:0544-22-1155(富士宮市産業振興部観光課観光施設係) 0544-54-2880(駐車場) 
URL

【西伊豆スカイライン編】絶景の道と周辺の観光スポット

関東周辺屈指のワインディングロードと呼ばれる「西伊豆スカイライン」は、都心から伊豆へドライブする際に、ぜひルートに取り入れてほしい絶景の道です。今回おすすめの2つの観光スポットでいっそう楽しく過ごしたい人は、コチラのページもご覧ください。

「西伊豆スカイライン」は直接観光地へアクセスしていないこともあって、週末や旅行シーズンでも渋滞なし。良く整備された路面と適度なカーブの連続が、純粋にドライブを楽しませてくれます。駿河湾や富士山の景観を楽しむなら都心への帰り道がおすすめ。

堂ヶ島

関東からほど近い景勝地として有名な「堂ヶ島」周辺では、美しい伊豆の海を眺めながらドライブが楽しめます。観光スポットもたくさんあるので小まめに足を止めて散策してはいかがでしょうか。クルーズ船から望む富士山や、天然記念物の天窓洞を通る堂ヶ島遊歩道がとくにおすすめ。   さらに南へ約20分ほどドライブすれば仁科漁港に到着。アジやブダイ、アオリイカなど季節ごとの魚が釣れます。もう1度20分くらい南下すれば仁科川で川釣りを楽しむことも可能。3月上旬~10月下旬はアマゴやヤマメ、6月上旬~12月下旬はアユが釣れます。

住所:静岡県賀茂郡西伊豆町仁科2910-2
アクセス:西伊豆スカイライン 船原峠(土肥峠) → 西伊豆バイパス・国道136号 約60~70分
営業時間:クルーズ船は季節・天候によって運行時間の変更や欠航あり。
電話番号:0558-52-1268(西伊豆町観光協会)
URL

恋人岬

「恋人岬」は西伊豆のドライブデートの定番。最初はちょっとベタかなぁと思っても、一度足を運んでみればそのロマンチックな光景に魅了される人も多いはず。それでも恥ずかしいと思う人は、朝早く、もしくは美しい夕日が眺められる黄昏時に行くと良いでしょう。

周辺には旅の疲れを癒やしてくれる温泉(露天温泉もあり!)や、サザエ・アワビ・伊勢海老といった地元産の海産物を使った料理など女の子にうれしい特典が盛りだくさん。きっと素敵なドライブデートを後押ししてくれる西伊豆へは、早朝出発すれば日帰りもOK。

住所:静岡県伊豆市小下田242−1
アクセス:西伊豆スカイライン 船原峠(土肥峠) → 国道136号 約30~40分
営業時間:9:00~17:00(売店・事務局) 
電話番号:0558-99-0270(土肥温泉旅館協同組合)
URL

【伊豆スカイライン編】絶景の道と周辺の観光スポット

伊豆の観光で夜景を楽しみたいなら「伊豆スカイライン」がおすすめ。滝知山園地の東側にある駐車場から、きらびやかな熱海市街の夜景が展望できます。関東方面からのドライブなら深夜に出発するか、帰りがけに立ち寄るのと効率が良さそうですね。

夜景でもうひとつ人気が高いのは池の向駐車場。韮山峠と玄岳、両インターの間にあります。見渡せるのは沼津や三島の市街。昼間なら富士山や駿河湾を一望できますし、休憩場所としてピックアップしておくだけでも、思わぬ絶景に巡り会えるかもしれません。

城ヶ崎海岸

関東方面から伊豆スカイラインを利用してドライブデート。観光スポットのひとつとして、ぜひおすすめしたいが「城ヶ崎海岸」です。もちろん海岸沿いをドライブするのも良いですが、恋人未満の女子と歩道を散策すれば恋の成就を助けてくれるかもしれませんよ。

岬に沿って延びるピクニカルコースの途中にある門脇吊橋は、23mという高さに加えて長さ48mとなかなかスリリング。大いに吊り橋効果が期待できます。さらに自然研究路まで進めば、高さ18m・長さ60mの海の吊橋が恋をもうひと押ししてくれる気づかいもあり。

住所:静岡県伊東市富戸
アクセス:伊豆スカイライン天城高原料金所 → 国道111号 → 国道135号 約40~50分
営業時間:門脇灯台などの営業時間は、伊東市観光課へお問い合わせを。
電話番号:0557-32-1711~1718(伊東市観光課)
URL

大室山

伊豆スカイライン天城高原料金所を抜けて遠笠山道路を東へドライブ(関東から南下した場合)すると、「大室山」に到着します。おすすめの観光ポイントはやはり山頂。「大室山」の手前で351号線に入り、伊豆シャボテン動物公園へ向かう途中にリフト乗り場があります。
※伊豆シャボテン動物公園に関してはコチラでも紹介しています

伊東八景のひとつ「大室山」の山頂からは、海側なら相模湾や大島・伊豆七島、山側なら天城連山や富士山の景観が堪能できます。春から夏にかけて濃さを増す緑が秋にはススキの黄金色に染まり、冬は山焼きで黒みをおびるという、季節ごとに色変わりする山としても有名。

住所:静岡県伊東市富戸
アクセス:伊豆スカイライン天城高原料金所 → 国道111号 → 国道135号 約15~25分
営業時間:9:00~17:00 年中無休(伊東市観光協会)
電話番号:0557-37-6105(伊東市観光協会)
URL

【芦ノ湖スカイライン編】絶景の道と周辺の観光スポット

名前のとおり芦ノ湖の西側を南北に走る「芦ノ湖スカイライン」 おすすめは関東方面から芦ノ湖を時計回りにぐるっと周って北上するルート。芦ノ湖スカイラインで上り坂が多くなるので、天気の良い日なら空に向かってドライブするような爽快感が味わえます。

ルート上にある三国峠展望所は、晴れていれば富士の裾野まで一望できる絶好のビューポイント。出かける前に天気の週間予想を確認してスケジュールを微調整するくらいの手間をかけても損はありません。芦ノ湖の観光はトリクルマガジンのコチラのページも参考に。

三島スカイウォーク

三島スカイウォーク
出典:MISHIMA SKYWALK

「三島スカイウォーク」は、全長400mにも及ぶ、歩行者専用では日本一の長さをほこる吊橋です。橋の上からは遠くに青く映える富士山をはじめ、伊豆の山々や駿河湾の眺望を満喫できます。70.6mという高さでありながら歩道の幅はわずか1.6m。彼女より平静を装って渡ろう!

「三島スカイウォーク」でちょうど良くお腹が刺激されたら、三島のグルメとして有名なウナギを食べておきたいですね。東海道新幹線・東海道本線の三島駅周辺には、美味しいウナギ料理店がたくさんあります。スルーしたら後で彼女に怒られちゃうかもしれませんよ。

住所:静岡県三島市笹原新田313
アクセス:芦ノ湖スカイライン箱根峠IC →  国道1号 約10~20分
営業時間:9:00~17:00 年中無休
電話番号:055-972-0084
URL

大涌谷

都心からちょっとした小旅行気分でドライブに行ける箱根。「大涌谷」はその中でも人気の観光スポットのひとつです。2017年2月現在、煙の範囲や量が以前よりも広くなっていて絶賛迫力増加中。地球の躍動を直に体感したいワイルドなトリクルマガジン読者におすすめ。

「大涌谷」への起点となる桃源台からドライブすると、芦ノ湖や富士山を眺めることができます。ハイキングコースも整備されていて、徒歩約80分の行程ですが現在は閉鎖中なのでご注意を。「大涌谷」の楽しみ方と訪れるときの注意は、トリクルマガジンのコチラのページにも掲載しています。

住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原
アクセス:芦ノ湖スカイライン湖尻峠から湖尻 → 国道75号 → 国道735号 → 国道734号 → 約20~30分
営業時間:各施設にお問い合わせを。
電話番号:045-210-5767(神奈川県産業労働局 観光部 観光企画課)
URL

【国道134号線編】絶景の道と周辺の観光スポット

神奈川県横須賀市の海辺つり公演近くから、三浦半島をぐるっと周って鎌倉や茅ヶ崎を経て大磯へ。「国道134号」は都内から太平洋沿いをドライブして小旅行を楽しむのにぴったりなルートです。映画のワンシーンのようにオープンカーを利用してはいかがでしょうか。

ルート上の絶景スポットと言えば、江ノ電との並走が始まる稲村ケ崎から片瀬江ノ島付近まで。海を左手にとらえながら斜め前に富士山や江ノ島が見えるという、思わずBGMを流したくなるような風景が続きます。残念ながら渋滞が多いので道路状況を要確認。

鎌倉大仏殿高徳院 

鎌倉大仏殿高徳院
出典:街画ガイド

国道134号線のドライブでおすすめの観光スポットと言えば、やはり「鎌倉大仏殿高徳院」です。鎌倉大仏(国宝銅造阿弥陀如来坐像)の造立開始は1252年。大仏殿は台風や大津波で姿を消してしまいましたが、以来760年を超えてこの地に鎮座しています。

ドライブデートで「鎌倉大仏殿高徳院」に訪れた際にちょっと困るのは駐車場。一般車の駐車場は用意されていないので、近くにある民間の駐車場を使うことになります。とくにハイシーズンは駐車できないことも多いですから、事前に確認してください。

住所:神奈川県鎌倉市長谷4-2-28
アクセス:国道134号 → 国道32号 約5~15分
開門時間:8:00~17:30(4月~9月) 8:00~17:00(10月~3月) ※入場は閉門15分前まで
電話番号:0467-22-0703
URL

江の島シーキャンドル

江の島シーキャンドル
出典:湘南フォトギャラリー.com

東京方面から国道134号線を利用したとき、その絶景ポイントの最終盤にあるのが「江の島シーキャンドル(江の島展望灯台)」です。江ノ電の100周年を記念して2002年に建設されました。いろいろなイベントが1年を通じて行われているので、訪れる前にチェックしたいですね。

ドライブデートで女の子と「江の島シーキャンドル」へ行くなら、夕方~夜にかけてがおすすめです。きれいな夕日が見れるのはおおよそ日没の30分くらい前から。日が沈むと季節に合わせたライトアップが始まるので、ロマンチックな雰囲気にたっぷりひたれますよ。

住所:神奈川県藤沢市江の島2-3
アクセス:国道134号江ノ島入り口交差点 → 国道305号 約5~15分
営業時間:9:00~20:00(最終入場 19:30 年中無休) ※イベント開催時などは営業時間を延長する場合あり。 ※天候が悪いときは営業が中止されることもあります。
電話番号:0466-23-2444
URL

こんな素敵な道で聞きたい音楽はコレ!

せっかくのドライブデート、音楽もシーンに合わせてチョイスしたいですね。今回のコースでオススメするのはこんな曲。

Stay tune – Suchmos

Sunday Morning – Maroon 5