トリクルマガジン アゲろ、男子力!

30歳になったら大人の金沢観光を!初めて行く人にもおすすめのスポット10選

カテゴリー
旅行・スポット
投稿日
2017年2月16日
金沢観光

北陸新幹線が開通し、東京から3時間以内で行くことが可能になった金沢には、大人の雰囲気が漂う観光スポットがたくさんあります。そこで、今回は30歳になり「大人の旅行」を楽しみたいという人に向けて、金沢の観光スポットを紹介します。

加賀百万石の城下町と知られる石川県金沢市は北陸新幹線が開通したことで交通の利便性がよくなり、観光地としても注目が高まっています。石川県金沢市は歴史的背景からも観光地としての魅力が沢山あります。そんな石川県金沢市の魅力をグルメも交えご紹介していきたいと思います。

アクセスが良くなった金沢の魅力

北陸新幹線も開通し、東京からのアクセスがよくなり注目度もアップしている街石川県金沢市。雨の似合う町としても知られ、雨が多いことで有名です。雨は街の緑を潤し、城下町の建物群の雰囲気を際立たせてくれます。加賀藩前田家の城下町として発展を遂げてきた経緯もあるため歴史の街としても人気が高い街です。文学が盛んだった背景もあり金沢の三文豪と呼ばれている「泉鏡花」「室生犀星」「徳田秋聲」を輩出しており、五木寛之など数多くの文豪とゆかりが深い街が石川県金沢市です。

30代に金沢をおすすめしたい理由

加賀藩前田家の城下町として発展を遂げてきた石川県金沢市はその経緯から歴史的な観光スポットが数多くあります。有名な温泉街もあり、湯涌温泉などは自然も満喫できます。佐久間盛政が築城した金沢城があった「金沢城公園」や日本三名園として有名な「兼六園」などもあり、歴史や自然など魅力いっぱい詰まった街であることは言うまでもありません。

アクティブに楽しむというよりかは、大人向けにしっとりと優雅に楽しむ街といえるかもしれません。もちろん若い方が行っても存分に楽しむことはできますが、特に30代にお勧めしたい街です。

「大人のための」金沢観光スポット10選 

兼六園

兼六園
出典:兼六園

「水戸偕楽園」や「岡山後楽園」とともに、日本三名園にも数えられる「兼六園」。石川県金沢市の中心部に位置しているので、利便性がよく多くの観光の方や地元の方々に親しまれています。四季折々で様々な美しさを楽しむことができます。「兼六園」は様々な時代の庭園手法を取り入れ作られた庭園で、広大な土地を歩きながら様々な景色を眺め楽しめます。春には桜が咲き、冬には雪とのコントラストがとても美しく目を奪われます。園内には「時雨亭」があり、茶室からは長谷池を望みながら、抹茶(生和菓子付き)や煎茶(和菓子付き)を頂くことができます。「時雨亭」で休憩しながら広大で美しい庭園を楽しんではいかがでしょうか。

住所:石川県金沢市丸の内1番1号金沢市
アクセス:自動車 金沢駅から車で約10分
営業時間:9:00~16:30 (時雨亭)
電話番号:076-234-3800(金沢城・兼六園管理事務所)
URL

大乗寺

大乗寺
出典:ブレイシング

700年もの歴史を誇る大乗寺は、曹洞宗の専門僧堂で、修行僧の方々は約20名ほどで若い方から高齢の方まで日夜厳しい修行と規則正しい生活を送っています。700年もの伝統がありながら、現在の現代社会に対応するため、国際部を設置するなど工夫されています。日曜には日曜参禅会は様々な企業や学生、老若男女の個人に開放され禅の心などを学ぶことができます。修行僧の方々は毎朝4時半より座禅が行われており、そちらにも参加可能のようですし、日曜午後1時半より日曜座禅会が行われており、常時30名ぐらいの方が参加されており、初めて参加される方もいらっしゃるようですので、こちらに参加されてみるのもいいのではないでしょうか。

住所:石川県金沢市長坂町ル-10
アクセス:参照リンク
電話番号:076-241-2680
URL

金剱宮

金剱宮
出典:四つ葉のクローバーを探して

石川県金沢市の金運上昇のパワースポットとして有名なのがこの「金剱宮」です。都心から近いわけでもなく、交通の便がそれほどいいわけでもないのにも関わらず、全国から参拝者が訪れているようです。中でも人気なのが100円のおみくじで、七福神の金色のお守りがついています。財布などの中に入れて持ち歩いていると、金運上昇に期待ができるようです。「金剱宮」はマイナスイオンが多いスポットのようで、訪れるだけで癒されるとも評判です。金運上昇をお願いしたい方は、ここ「金剱宮」を訪れてみてはいかがでしょうか。

住所:石川県白山市鶴来日詰町巳28
アクセス:金沢駅からバス約30分、野町駅バス停下車から、
北陸鉄道石川線野町駅より28分、終点の鶴来駅から徒歩10分
電話番号:076-272-0131
URL

ひがし茶屋街 

ひがし茶屋街
出典:寮日記

平成13年に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定された、石川県金沢市東山にあります「ひがし茶屋街」。作家五木寛之の「朱鷺の墓」の舞台にもなっています。街並みの文化財として、保存政策がすすめられています。古い街並みにはキムスコと呼ばれる美しい出格子が残っており、夜になると軒灯がともり、茶屋からは三味線や太鼓の音色が聞こえてきます。市営の観光駐車場(有料)が近くにありますのでお車でお越しの際も困ることはありません。北鉄バス・西日本JRバス橋場町下車で徒歩10分ほどですのでお車でなくても問題はありません。

住所:石川県金沢市東山
アクセス:北鉄バス・西日本JRバス橋場町下車、徒歩10分
電話番号:076-232-5555(金沢市観光協会)
URL

にし茶屋街  

にし茶屋街
出典:金沢の総合情報 きまっし金沢

石川県金沢市にある情緒あふれる茶屋街の一つである「にし茶屋街」は料亭が多く、とても情緒あふれる街並みが特徴的です。「ひがし茶屋街」同様出格子が美しく、三味線の音が街の雰囲気をより一層高めています。「にし茶屋街」は石川県金沢市野町にあり、近くに市営の観光駐車場があります。北鉄バス広小路下車徒歩3分ほどで行くことができます。「にし茶屋街」は日本料理の料亭はもちろんのこと、様々な料理の名店が多いことから、ランチで訪れる方も多いようです。「にし茶屋街」でランチを済ませて、金沢観光に出かけるのもいいのではないでしょうか。

住所:石川県金沢市野町
アクセス:北鉄バス広小路下車、徒歩3分
電話番号:076-232-5555(金沢市観光協会)
URL

香林寺

香林寺
出典:All About 旅行

石川県金沢市野町にあります神照山「香林寺」は1651年に青木五兵衛が加賀藩3代藩主前田利常に願い出て建立された曹洞宗の寺院です。香林寺には釈迦弁尼仏と開運霊薬不動尊、幸福地蔵菩薩があり、健康や安産、子宝、子供に関する願い事を叶えられるといわれております。加賀友禅の作家で人間国宝である「木村雨山」さんが描いた花鳥風月の色紙や短冊が展示されており、そちらを楽しむことが出来ます。願掛け十二支の庭があり、開運不動明王、十二支像、十六羅漢像が設置されており、全国から多くの方々が願掛けに訪れています。白不動様に触れると美肌になるといわれておりますので、女性にもお勧めです。しっかり願掛けをしてよい一年を過ごしましょう。

住所:石川県金沢市野町1-3-15川県金沢市野町1-3-15
アクセス:JR金沢駅からバスで市内広小路下車徒歩3分
電話番号:076-241-3905
URL

金沢駅

金沢駅
出典:笑う門には福来る - 金沢深谷温泉 元湯石屋 新鮮情報 -

「金沢駅」には金沢百番街というショッピングモールがあり地元の人々をはじめ、観光で訪れた方々で賑わっています。フロアは大きく分けて3つに分かれており、お土産やグルメを楽しむ「あんと」、ファッションや雑貨、カフェなどで一息つける「Rinto」、生鮮食品を扱うスーパーやコンビニ、クリニックなどもあり、生活用品などを揃えたお店もある「くつろぎ館」があります。中では様々なイベントなども行われており、バレンタインやホワイトデーのイベントも計画されているようです。金沢百番街のFacebookページも用意されており、おすすめの商品やイベントの情報が発信されています。お土産購入にもお食事にも休憩にも金沢を訪れた際はぜひ立ち寄ってみていただければと思います。

住所:金沢市木ノ新保町1-1
営業時間:あんと ショッピング 8:30~20:00 お食事 11:00~22:00
Rinto 10:00~20:00
くつろぎ館 7:00~23:00
電話番号:076-260-3700
URL

金沢21世紀美術館 

21世紀美術館
出典:金沢21世紀美術館

金沢21世紀美術館では2014年より3年計画で大展覧会を開催していました。それは開館10周年というのもあるようですが、北陸新幹線が開通したのも大きいようです。北陸新幹線が開通し来客数も大きく向上したようです。金沢21世紀美術館のコンセプトは「新しい文化の創造」と「新たなまちの賑わいの創出」にあり、新たな金沢の魅力発信に貢献しています。特定なジャンル表現に縛られず、様々な世界や人々との交流に積極的な近代的な美術館です。伝統も大事にしており、藩政期から伝わる地域の文化も大事にされているようです。さらに子供たちのため体験型の見て触れて体験できる環境も整えられています。近代的でなおかつ伝統も大事にし、子供たちのための未来も想像している「金沢21世紀美術館」は、ぜひとも訪れていただきたいスポットです。

住所:石川県金沢市広坂1-2-1
アクセス:小松空港から金沢駅まで、バス(スーパー特急)で約40分。
金沢駅より上記路線バスに乗換
北陸自動車道 金沢I.C.から 約20分
営業時間:展覧会ゾーン 10:00~18:00(金・土は20:00まで)
交流ゾーン 9:00~22:00
電話番号:076-220-2800
URL

金沢城公園

金沢城公園
出典:金沢城公園

兼六園と隣接し加賀百万石の歴史と文化を象徴している観光地金沢城公園。金沢城は前田家により築城されましたが、1602年に落雷に合い天守閣が焼失してしまいました。その後1759年の火災により城の殆どが無くなってしまいましたが、その後再建されています。金沢城公園には多くの動植物が生息し、豊かな野生環境が数多く残っています。公園内ではタヌキやアカネズミなどが巣を作り準絶滅危惧種のタカチホヘビの生息も確認されています。これまでに61種類の野鳥が観測され、750種類以上の昆虫も確認されるなど豊かな自然を保っています。

住所:石川県金沢市丸の内1番1号
アクセス:自動車 金沢駅から車で約10分
電話番号:076-234-3800(金沢城・兼六園管理事務所)
URL

湯涌温泉街

湯涌温泉
出典:かなざわへ出かけよう。金沢旅物語

湯涌温泉は石川県金沢市湯涌町および湯涌荒屋町にある温泉です。金沢の奥座敷とも呼ばれており、金沢温泉郷を代表する温泉です。湯涌温泉の特徴として、湯は無色透明で、無臭、泉質はナトリウム、カルシウム、塩化物、硫酸塩泉です。温泉街には浅野川を中心に旅館や日帰り入浴施設、飲食店やお土産屋さんをはじめとする商店が並んでいます。湯涌温泉を題材に書籍を出版した「竹久夢二」の記念館「金沢湯涌夢二館」もあります。温泉街の北側には「金沢湯涌江戸村」があり、人造湖の「玉泉湖」があり、遊歩道も整備されているため周辺を散策するなど自然を感じることができます。

住所:石川県金沢市湯涌町イ1番地
アクセス:JR利用 東京~金沢(約2時間30分)、大阪~金沢(約2時間30分)
飛行機利用(小松空港)東京から約1時
車で金沢I.C.から約30分
営業時間:9:00~17:00(お問い合わせ受付時間)
電話番号:076-235-1040
URL

お腹が空いたら寄りたい金沢名物グルメ

乙女寿司

金沢市にある人気のお寿司屋さんといえば「乙女寿司」です。ミシュランで1つ星に輝いている名店です。お寿司屋さんなのでもちろん握りも絶品なのですが、北陸ならではの一品、のどぐろを食べていただきたいと思います。「乙女寿司」には、のどぐろの幽庵焼きがあります。こちらで頂くのどぐろは一味違います。ほろほろと柔らかい身と溢れんばかりのうまみが詰まった脂が口の中に広がります。焼き加減の絶妙さはさすがミシュラン1つ星の職人技といえるでしょう。握りももちろん絶品で中トロやウニや焼きアナゴがおすすめです。椀物などもありますので、金沢にお越しの際はミシュラン1つ星の味を堪能してみてはいかがでしょうか。

住所:石川県金沢市木倉町4-10
アクセス:香林坊バス停から徒歩約5~8分
営業時間:12:00~14:00 17:00~22:00
電話番号:076-231-7447
URL

つる幸

日本海の新鮮な海の幸と「加賀太きゅうり」「小坂れんこん」「金時草」などの加賀野菜をふんだんに使った料理の品々を味わえる名店が「つる幸」です。金沢地元の食材を生かす金沢らしさを大事にされているお店です。店内も落ち着いてゆっくり過ごすことができる空間演出がなされています。庭園も手入れが行き届いており親しい方や大事な方との大切な時間を過ごすことができます。「つる幸」ではネットショッピングも行っており、「ワイン仕立ての鴨ロース」や「丹波のぶどう豆」などを購入することができます。しかし「つる幸」の最高のおもてなしはお店に訪れてこそだと思います。

住所:石川県金沢市高岡町6-5
アクセス:JR金沢駅から車で5分
営業時間:昼 12:00~15:00 夜 18:00~22:00
電話番号:076-264-2375
URL

いたる本店

「いたる本店」のおすすめは寒ブリやカニを使った新鮮な海の幸を使った料理の数々です。オリジナルさしみの「しめさば」(600円)はいい鯖が入ったときのみ食べられる一品で、そのほかにもさしみ盛り、焼き物、椀物、蒸し物、煮物とお酒に合う料理の数々がそろっています。料理はどれもリーズナブルでおいしい品ばかりです。お酒にもこだわりが強く、日本酒はお米だけで作った純米酒のみで地元のものを中心にさらに厳選されたものが用意されています。観光などで訪れお酒でも飲みたいなと思ったらぜひとも立ち寄っていただきたいお店の1つが「いたる本店」です。

住所:石川県金沢市柿木畠3-8
アクセス:北陸鉄道バス 香林坊、広坂両バス停から徒歩約5分
営業時間:17:30~23:30
電話番号:076-221-4194
URL

まつや 桂店

石川の県民食「とり野菜みそ鍋」を食べられるお店「まつや 桂店」をご紹介いたします。「とり野菜みそ鍋」江戸時代にルーツがあり、江戸時代の船乗りたちが栄養不足で「かっけ」にならないようにと考案された栄養満点の」料理なのです。石川の人々は伝統的に家庭で食べる料理なのでお店で食べることはめったにないようなのですが、そんな県民食だからこそ観光の際はぜひ頂いてみたいものです。「とり野菜みそ鍋」の「とり」は鶏肉ではなく、野菜や栄養をとるというところからきているようです。なので肉は「鶏肉」「豚肉」「牛肉」と選べるようです。どれもリーズナブルで栄養満点ですので、ぜひとも一度は召し上がってみてはいかがでしょうか。

住所:石川県金沢市桂町イ32-4
アクセス:JR金沢駅から車で15分
営業時間:11:00~22:00
電話番号:076-268-8174
URL