トリクルマガジン アゲろ、男子力!

軽井沢おすすめ観光!カップルでも子連れでも!お土産やランチ情報も

カテゴリー
旅行・スポット
投稿日
2017年1月19日
軽井沢

都内から新幹線で70分、車でも2時間程度で行ける身近なリゾート地として人気の軽井沢は、観光地として様々な見所があります。今日の記事では、そんな軽井沢のおすすめ観光地を紹介。お土産やランチ情報も併せて紹介しています。

こんにちはトリトです。別荘というキーワードを聞いて最初に思い浮かぶほど個人的にも高原リゾートのイメージが強い軽井沢ですが、もっと早く知っていればと思うほど多彩な表情を持っていることに今回あらためて気付かされました。

大自然だけではない!軽井沢観光の魅力

ジョン・レノンも度々滞在するなど著名人の別荘が多くあり、その周囲にある自然の美しさがピックアップされがちな軽井沢ですが、その他にもたくさんの魅力があるのを知っていますか?

美術館や工房などのアート、スキー・テニスなどのスポーツ、アウトレットでのショッピング、季節ごとのイベント数々と、避暑地としてだけではない楽しみが軽井沢にはあふれています。そこで今回はその魅力をお伝えしましょう。

軽井沢のおすすめ観光スポット8選

軽井沢の観光スポット

それではまず軽井沢でぜひ訪れてほしいスポットを体験型の観光を中心に紹介します。バラエティーにとんでいて、いろいろなタイプの女の子にウケが良さそうですね。

軽井沢アイスパーク

軽井沢アイスパーク
出典:軽井沢観光協会

「軽井沢アイスパーク」でおすすめしたいアクティビティーはカーリング。体験型の観光ができるスポットです。1度やってみたい冬のスポーツの代表格とも言えるカーリングが年間を通じて楽しめるので、彼女を軽井沢デートに誘うきっかけにちょうどいいのでは?

タイミングさえ合えばカーリングの国際大会も観戦可能な「軽井沢アイスパーク」には屋外施設もあって、冬ならアイススケートが楽しめます。その他の季節に訪れたらローラースケートやフットサルはいかがでしょう。熱中してしまう人は筋肉痛対策もお忘れなく。

住所:長野県北佐久郡軽井沢町大字発地1154-1 軽井沢風越公園内
アクセス:JR「軽井沢駅」・しなの鉄道「中軽井沢駅」→ タクシーで10~15分
営業時間:9:00~22:00 休館日12月31日、1月1日
電話番号:0267-48-5555
URL

軽井沢乗馬倶楽部

軽井沢乗馬倶楽部
出典:軽井沢乗馬倶楽部

動物好きな恋人との軽井沢観光で外せないおすすめスポットは「軽井沢乗馬倶楽部」 格式高い会員制乗馬クラブならではの優雅なひとときをお楽しみください。ビジターのためにインストラクター付きの初心者コースも用意されていて、安心して乗馬体験ができます。

「軽井沢乗馬倶楽部」で馬に乗ってみたい人は電話予約を忘れずに。颯爽と馬にまたがる恋人の姿はトリクル読者諸氏に新鮮な感動をもたらしてくれるはず。浅間山のすばらしい眺望と南軽井沢を吹き抜ける清々しい風も、ぜひ一緒に思い出として持ち帰ってください。

住所:長野県北佐久郡軽井沢町大字発地2785-272
アクセス:上信越自動車碓氷軽井沢IC → 車で20分
営業時間:9:30~11:30 13:30~15:30 火曜日定休 
電話番号:0267-45-2363
URL

軽井沢写真館

軽井沢写真館
出典:軽井澤銀座商店会

軽井沢で素敵なタイムスリップができるおすすめ観光スポット。それが「軽井沢写真館」です。レトロなドレスやタキシードをまとって記念写真を撮れば、気持ちはもう大正ロマンの世界へ。ひたりすぎて思わず恋人をマドモワゼルと呼んでしまうかもしれませんよ。

「軽井沢写真館」で野外撮影を希望するときは事前に確認しておくのがベター。概ね16時くらいまで撮影可能とのことですが、混雑していたり天候が思わしくないときは変更になる場合があるそうです。メインはセピア色の写真ですが、お願いすればカラーもOKです。

住所: 長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢旧道641
アクセス:JR「軽井沢駅」から1~3のいずれかで。1.草軽交通バス北軽井沢行きか、西武高原バス草津方面行き → 旧軽井沢バス停で下車して徒歩5分 2.タクシーで約5分 3・徒歩約30分
※バス路線の確認先 2路線とも運行しているようです。
草軽交通バス
西武高原バス
営業時間:10:00~18:00 7月〜9月はほぼ毎日営業 1月〜6月と10月〜12月は不定休あり
電話番号:0267-42-8309
URL

軽井沢ガラス工房

軽井沢ガラス工房
出典:Health Impact LADIES PUERARIA 99%

軽井沢観光で何か記念品がほしいと思う人へおすすめしたいのは「軽井沢ガラス工房」でのグラス作り体験。テレビなどで1度は見たことのある吹きガラスという製法で、誰でも自分の好きな色や形をしたオリジナルグラスを作成できます。所要時間は20分ほど。

「軽井沢ガラス工房」では他にもキャンドル作りなどが体験できます。インストラクターの親切な指導があるので、子供からお年寄りまで幅広く楽しめるファミリー向けスポットとしても大人気。さらにここでしか買えない工房独自のガラス製品も豊富に揃っています。

住所:長野県北佐久郡軽井沢町大字長倉字東原664-9
アクセス:JR「軽井沢駅」→ 車7分か自転車20分 もしくは しなの鉄道「中軽井沢駅」→ 車5分か自転車10分 
営業時間:10:00~17:00 木曜日定休(祝日は営業)
電話番号:0267-48-0081
URL

ゆうすげ温泉旅館

ゆうすげ温泉旅館
出典:Professional Support Club

軽井沢への観光はやっぱり泊りがけで行きたいですね。そんなときは「ゆうすげ温泉旅館」がおすすめです。400mを超える地下深くから湧き出る無色透明の天然温泉で旅の疲れを癒やして、翌日は併設されているテニスコートで汗を流すなんてこともできますよ。

「ゆうすげ温泉旅館」のもう一つの魅力は、浅間山やカラマツの林が織りなす静かな佇まいと、それを眺めながら食べる山菜や川魚の料理。ゆったりくつろげることを第一に考えられたという客室の雰囲気ともマッチして、明日からの活力を取り戻せることでしょう。

住所:長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢古宿4404
アクセス:しなの鉄道「中軽井沢駅」→ タクシー3分 / 長野新幹線「軽井沢駅」→ タクシー10分
営業時間:チェックイン15:00 チェックアウト10:00 日帰り湯は10:00~20:00(混雑状況により16:00までになる場合もあり)
電話番号:0267-45-6117
URL

あづまや 旧軽井沢店

あづまや旧軽井沢店
出典:信州らーめん 家鴨屋

観光地に必ずあるスポットと言っても良さそうな甘味処。おすすめは「あづまや 旧軽井沢店」です。時代を感じさせてくれる、木の香り漂う峠の茶屋のような外観に風情があって、ちょっと一息つきながら記念写真を撮る場所としてもピッタリではないでしょうか。

「あづまや 旧軽井沢店」の名物と言えば力餅。その発祥は、江戸時代に中山道で最大の難所と言われた碓氷峠越えの前に、旅人たちにお餅を販売する茶屋があったこととされています。現代ではそばも食べられてガッツリ食事をしたい派も満足できるのでは。

住所:長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢674
アクセス:しなの鉄道軽井沢駅 → 徒歩18分 / タクシー3分 / バスは3系統あり。1.軽井沢町バス内回り → 「中部電力前」徒歩2分 2.西武高原バス浅間白根火山線 → 「旧軽井沢」徒歩3分 3.草軽交通01 → 「聖パウロ教会前」徒歩5分
営業時間:9:00~17:00 夏期8:00~19:00 不定休
電話番号:0267-42-1701
URL

軽井沢ガーデンファーム

軽井沢ガーデンファーム
出典:sundance resort club

「軽井沢ガーデンファーム」はフルーツ好きの女子と行きたいおすすめ観光スポット。軽井沢高原イチゴを使ったジャムやシロップは、完全に熟したものだけを収穫して無添加で仕上げるというこだわりぶり。その美味しいさに思わず指ですくい取りたくなるほどです。

ブルーベリーのジャムやクリームチーズなど、「軽井沢ガーデンファーム」では他にも高原らしい果実を使った食品を堪能することができます。もうひとつのイベントいちご狩りができるのは例年12月下旬から6月末にかけて。スケジュールを合わせて訪れたいですね。

住所:長野県 北佐久郡軽井沢町大字発地2062-1
アクセス:軽井沢駅北口に送迎あり。ホームページでご確認を。長野新幹線「軽井沢駅」 → タクシー(15分) / 町内循環バス → 下発地(しもほっち)バス停から徒歩15分 ※他に「下発地入口」というバス停があるので注意。また土日休日は運行本数が少なくなるので事前に確認を。
営業時間:9:00~17:00 火曜日定休
電話番号:0267-48-3620
URL

軽井沢絵本の森美術館

軽井沢絵本の森美術館
出典:ちまたのトレンド情報.com

「軽井沢絵本の森美術館」は高原をのんびり散策しながら観光したい人におすすめのスポットです。内外問わずたくさんの絵本が紹介されていて、ストーリーの多様さはもちろん、いろいろデザインにも心を奪われてしまいます。文系女子と訪れてみたいですね。

閑静な森の中に佇む「軽井沢絵本の森美術館」では、たとえばピーターパンの物語の背景が解説された企画展などもあって、感性と一緒に知的好奇心も刺激してもらえます。隣接するエルツおもちゃ博物館との共通チケットもあるので、興味のある方はこちらをどうぞ。

住所:長野県北佐久郡軽井沢町大字長倉182(塩沢)
アクセス:北陸新幹線・しなの鉄道「軽井沢駅」 → タクシー約8分 / 軽井沢町内循環バス → 塩沢湖バス停から徒歩2分
営業時間:9:30~17:00(3~11月) 10:00~16:00(12~1月) 火曜日休館(GW、7~9月は開館) 他に展示入替期間や1月中旬~2月末も休館の場合あり。要問合せ。
電話番号:0267-48-3340
URL

軽井沢のおすすめお土産店

軽井沢のお土産
出典:GATAG ※著作者Jack Batchelor

続いておすすめのお土産店を紹介します。軽井沢にはたくさんのお土産店がありますがこの3店は要チェックですよ。

軽井沢堂

軽井沢堂
出典:軽井沢観光協会

軽井沢駅の北口から続く道をしばらく歩いていると旧軽井沢ローターリーにたどり着きます。今回紹介する「軽井沢堂」は、そのロータリーに面していてとても分かりやすい場所にあり、軽井沢を離れる前に最後に何かもう一品と思ったときにも便利な土産屋さんです。

「軽井沢堂」にはたくさんのおみやげ物が揃えられていて選ぶのに時間がかかってしまいそう。普段から品物のチョイスが苦手な人は時間に余裕をみて出かけましょう。ロータリーは旧軽井沢銀座の入り口でもあるので、ここから散策を始めるのもおすすめです。

住所:長野県北佐久郡軽井沢町旧軽井沢12-3
アクセス:しなの鉄道「軽井沢駅」から徒歩約18分
営業時間:要問合せ
電話番号:0267-42-2968
URL

中山のジャム

中山のジャム
出典:軽井澤銀座商店会

旧軽井沢銀座でお土産を探しているのなら「中山のジャム」をおすすめします。高原の澄んだ空気がジャムの甘みに溶け込んだようなさらっとした上品な味わいは、送られた人の笑顔が見えてくるよう。かわいいリボンがあしらわれたラッピングも女性に大人気です。

「中山のジャム」の創業は1905年。すでに100年以上軽井沢でジャムを作り続けている老舗中に老舗です。ジャムの製法を宣教師が伝えたと聞けば、その舌触りもどこか異国情緒を感じるものになるかも。どんなに美味しくても試食でお腹いっぱいにならないように。

住所:長野県北佐久郡軽井沢町旧道750-1
アクセス:しなの鉄道「軽井沢駅」から徒歩約20分
営業時間:冬季10:00~17:00ころ 夏季:9:00~18:00ころ ※正確な営業時間はお店に確認してほしいとのこと。不定休。
電話番号:0267-42-7825
URL

腸詰屋 軽井沢1号店

腸詰屋軽井沢1号店
出典:M-blog

「腸詰屋 軽井沢1号店」は軽井沢駅からほど近いところにありますから、覚えておけばお土産の購入場所で悩むことはないはずです。親切な店員さんが詳しく自家製ソーセージの説明をしてくれるので、お土産を渡す人の好みに合わせてぴったりなものを選べます。

お土産だけでなくレストランも併設されている「腸詰屋 軽井沢1号店」では朝食やランチがいただけます。ゆったりと食事をしたいなら賑わいが落ち着く平日に立ち寄るのが良さそう。サンドイッチのテイクアウトもあるので、サイクリングのお供にいかがでしょうか。

住所:長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢東19-5
アクセス: しなの鉄道「軽井沢駅」から徒歩約5分
営業時間:10:00~18:00 水曜日定休
電話番号:0267-42-3791
URL

軽井沢のおすすめランチ

軽井沢のおすすめランチ

泊りがけの観光なら夜はホテルの食事でOKなことが多いですがランチは迷ってしまいますね。そこでトリクルマガジンではおすすめの軽井沢ランチ3店を紹介します。

かぎもとや

かぎもとや
出典:★Choice★

おすすめの軽井沢ランチ一軒目は、そば屋の「かぎもとや」 冬はかなり寒くなる地域ですが、そばはざるしかないというこだわりぶり。高原の切れるように冷たい水を使った手打ちそばには独特の歯ごたえがあって、当地を訪れるたびに食べたくなる味だとか。

「かぎもとや」は創業明治1870年という、軽井沢で明治時代からあるお店の中でもかなりの老舗です。舌のこえた芸能人たちにも好評なようで、店内にはサイン色紙がたくさん。たくさん食べたいトリクルマガジン読者は大盛りを注文すれば間違いなさそうですね。

住所:長野県北佐久郡軽井沢町中軽井沢3041-1
アクセス:しなの鉄道「中軽井沢駅」から徒歩2分
営業時間:9:00~20:00 冬季9:00~19:00 日・祝日9:00~20:00 木曜日定休
電話番号:0267-45-5208
URL

カジュアルフレンチ 軽井沢ベルンの森

カジュアルフレンチ軽井沢ベルンの森
出典:Karuizawa Toast

軽井沢でランチ。続いてのおすすめは「カジュアルフレンチ 軽井沢ベルンの森」です。ここでしか食べられない軽井沢トーストは、卵と牛乳をしみこませたフランスパンを丁寧に焼きあげた逸品。外はカリッ中はフワッの食感が心地よいハーモニーを奏でてくれます。

「カジュアルフレンチ 軽井沢ベルンの森」のもうひとつのごちそうは木立に包まれるようなその景観。暖かくて天気の良い日にテラスで食べる朝食は、高原リゾートで最高の楽しみのひとつと言えるのではないでしょうか。カジュアルな雰囲気なので入りやすいです。

住所:長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢1375-20
アクセス:長野新幹線「軽井沢駅」→ タクシー約5分
営業時間:7:30~9:00 11:30~14 17:30~19:00 ※ディナーは営業日限定 
電話番号:0267-42-3200
URL

フランスベーカリー

フランスベーカリー
出典:軽井沢つるや旅館

「フランスベーカリー」も軽井沢ランチとしておすすめできるお店です。1951年の創業からほとんど変わらないという素朴なレシピでありながら、ふっくらもちもちとした食感のブレッドを一切れでも口に入れれば、その芳醇な味の虜になってしまうでしょう。

お店の名前は「フランスベーカリー」ですが、チーズブレッドなどの他にイギリスパンやさらに弾力のある角食パン、そしてスイーツ類も用意されていて、飽きがくることはなさそうです。女の子が好みそうなナチュラルなパン、軽井沢デートで覚えておきたいですね。

住所:長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢618
アクセス:長野新幹線「軽井沢駅」→ 徒歩約20分
営業時間:8:00~17:00 木曜日定休 夏季は無休です
電話番号:0267-42-2155 
URL

この記事の記者

著者名
著者プロフィール
若いころにはステージスタッフの仕事をしながらバックパッカーとして東南アジアやヨーロッパを周遊、今は落ち着いて東京近郊でのんびりウェブライター。