トリクルマガジン アゲろ、男子力!

札幌でグルメを楽しむならここ!道産子ライターオススメの美味しい店6選

カテゴリー
旅行・スポット
投稿日
2016年10月6日
札幌の美味しい店
出典:Photo by (c)Tomo.Yun

出張や旅行などで地方に足を運ぶ機会が多い方は、その土地で食べるグルメも楽しみにしていることと思います。今回は、北海道在住ライターマーヴェリックさんに、札幌でおすすめしたい美味しい店を紹介してもらいます。

読者のみなさん、はじめまして! 札幌生まれの生粋の道産子ライター、マーヴェリックです。

観光特産士としての活動の他、北海道の観光雑誌などでグルメスポットを多数取材してきた経験を活かして、今後札幌をはじめ、北海道の美味しいお店を色々と紹介していきたいと思います。

スープカレー、海鮮、ラーメン…札幌を彩る美味たち

札幌と言えば、皆さんは何を思い浮かべるでしょうか。恐らく、多くの方が「グルメ」と答えると思います。カニやウニ、寿司といった海鮮や味噌ラーメン、ジンギスカン、スープカレーなど、ちょっと思いつくだけでもたくさんあります。

また、大通公園で毎年開かれる「オータムフェスト」などの食イベントや、北海道産素材を使用したグルメスポットも市内に多数存在している、日本でも有数の「グルメ都市」です。

そこで今回ピックアップしたのが、中でも特に人気の「スープカレー」「海鮮」「ラーメン」の3ジャンルの美味オススメ店です。お店選びの際は、ぜひ役立ててみてください。

【スープカレー編】札幌の美味しい店

スープカレーは、札幌が発祥の地です。元祖と言えるのが1971年に「アジャンタ」が発売した“薬膳カリィ“とされています。スープカレーと名付けたものを初めて発売したのは、「マジックスパイス」です。1993年にソトアヤム(インドネシア料理)のエッセンスを取り入れたものでした。この2店舗は今でも人気店として君臨しています。

スパイスの効いたさらさらのスープと、野菜や肉などの具材がビッグな所がスープカレーの最大の特徴で、今では全国区の人気になりました。 今回は、多くの店がしのぎを削る札幌で、私が推薦するスープカレーのおすすめ名店を2店舗紹介します。

スープカレー GARAKU

スープカレーGARAKU/とろとろ炙り焙煎角煮
出典:スープカレーGARAKU HP

オープンから9年目の今も、未だ変わらない高い人気を誇る旨い名店。鶏がら・豚骨・香味野菜で採った天然素材和風ダシが絶妙!さらに、植物系ハーブスパイス21種類を配合したオリジナル”てまひまスープ”が旨さの秘訣。道産米「ななつぼし」、道産野菜という北海道にこだわった素材も嬉しい限り。

私のオススメメニューは「とろとろ炙り焙煎角煮」。 とってもやわらかく煮込んである自家製の豚角煮を備長炭の炭火で炙った絶妙な逸品です。

住所:北海道札幌市中央区南3条西2丁目7串とりさん2F
営業時間:平日 ランチ 11:30~15:30(Lo15:00)
平日 ディナー 17:00~23:30(Lo23:00)
日祝 通し営業 11:30~22:00(Lo21:30)
定休日:不定休(無休)
TEL:011-233-5568
スープカレー GARAKU HP

カリー・ディ・サヴォイ

カリー・ディ・サヴォイ/北海道産スペアリブのカリー
出典:カリー・ディ・サヴォイ HP

こちらのお店のスープの魅力は、完成までに48時間、二度漉すという徹底したこだわり。中身は、牛骨・鶏柄・玉葱・人参・セロリ、りんご等なんと合計60キロ以上をじっくり煮込んでいるんです。もちろん、オリジナルブレンドの香辛料も入っています。嬉しいのは、油分の大部分を除去していること。つまり、ローファット&コラーゲンたっぷりでお肌にも良いのです。

私のオススメメニューは「北海道産スペアリブのカリー」。 北海道産の絶品スペアリブをメインに、おくら・かぼちゃ・じゃがいも・にんじん・ピーマンなどがたっぷりイン。舌触りがとても滑らかなスープと見事に絡み合って美味ですよ。

住所:北海道札幌市中央区南1条西5-7 豊川南1条ビル B1F
営業時間:11:30~22:30(L.O.22:00)
定休日:水曜日(祝日・ゴールデンウイーク期間・お盆期間・年末年始は営業)
TEL:011-219-7810
カリー・ディ・サヴォイ HP

【海鮮編】札幌の美味しい店

札幌市は全国で4番目の市人口を誇る北の大都市です。北海道内の市町村でも飛びぬけて大きい街で、外国人含め観光客もたくさん集まります。結果、自然に北海道の絶品海産物も札幌に集まってくるのです。海鮮が旨い札幌というイメージは正しい、と言えるでしょう。

北の築地と称される札幌中央卸売市場や中心部に程近い二条市場には、新鮮な海の幸が毎日集まっています。そこで私がオススメする海鮮を堪能できるお店を2店紹介します。

さっぽろっこ

さっぽろっこ/北海道はでっかいどう 道産子どんどん盛り
出典:さっぽろっこ HP

北の大歓楽街「すすきの」交差点にある創業47年の老舗郷土料理店です。蟹や港直送の鮮魚刺身、海鮮丼などがたっぷり堪能できます。

オススメは何と言っても「北海道はでっかいどう 道産子どんどん盛り」(要予約)。浜ゆで毛蟹、蒸したらば蟹、鮭、活帆立、いくらといった北海道の美味海鮮を中心とした大皿料理で大満足する逸品です。季節により中身も変わるのでいつ来ても楽しめます。

住所:北海道札幌市中央区南四条西3 第2グリーンビル 2F
営業時間:月~木・日・祝(17:00~翌0:00)
金・土・祝前日(17:00~翌3:00)
定休日:年中無休
TEL:011-521-1151
さっぽろっこ HP

難陀

難陀/タラバガニ
出典:難陀 HP

北海道の海鮮をたらふく食べたいならこちら。毛ガニ、タラバ、ズワイの三大ガニをはじめ、ホタテや牡蠣、海老、青ツブ・八角・トラウトサーモン・うなぎ・宗八・にしん・こまい…といった海鮮を中心に、バイキングメニューは何と130種類!

私がオススメするのは、ずばり王道「三大ガニ」。カニを満腹になるまで食せる幸せを堪能してほしいと思います。

住所:北海道札幌市中央区南5条西2丁目サイバーシティビルB2F
営業時間:11:00-16:00 ( Lo.15:00 )
Dinner 16:00 ~ 22:00 ( Lo.20:30 )
定休日:無休(※年末年始はお休み)
TEL:011-532-7887
難陀 HP

【ラーメン編】札幌の美味しい店

ご当地ラーメンの代表格といえば「札幌ラーメン」です。昭和初期から中華料理店を中心に自家製ラーメンが出始めたのが元祖と言われています。その後、1955年に「味の三平」の大宮守人氏が味噌ラーメンを開発。有名誌に取り上げられたことから全国区になり札幌と言えば味噌ラーメンが代名詞に。

麺は黄色い玉子ちぢれ太麺が主流で、味噌とよく合います。そんな札幌味噌ラーメンのおすすめ名店を2店舗紹介します。

狼スープ

狼スープ/味噌卵ラーメン
出典:ちくわちゃん

ラーメンは味噌と味噌卵の2種のみという骨太な味噌ラーメン専門店。 西山製麺特注の美しいイエローでプリプリなちぢれ麺を使用。チャーシューには、こだわりの北海道産和豚モチ豚生バラ肉。スープには焙煎当たりごま・にんにくが入り、パンチが効いていてとても濃厚な味わい。濃い系が好きな方はきっとクセになります。

オススメは「味噌卵」。深川市にある増田農園直送の絶品平飼い自然卵を使用しているというこだわりがポイントです。味噌スープとの相性も抜群です。

住所:北海道札幌市中央区南11条西1丁目5-1
営業時間:平日 11:00~18:00
土日祝 11:00~20:00
定休日:水曜日
TEL:011-511-8339

純連 札幌本店

純連札幌本店/味噌バターコーン
出典:純連 HP

昭和39年創業の老舗店。今や知らぬ人はいない王道札幌味噌の草分けです。 ラードで覆われた、とにかく濃厚なその味噌味は創業当時から変わらず斬新で美味。玉子縮れ麺との相性の良さが一番現れているお店のトップでしょう。

オススメメニューは「味噌バターコーン」。純連のような濃厚味噌には、バターやコーンのトッピングがベストマッチだと思います。

住所:札幌市豊平区平岸2条17丁目1-41
営業時間:11:00~22:00
定休日: 年中無休
TEL:011-842-2844
純連 HP

どれも人気のお店なので、行く時は事前予約を!

いかがでしたでしょうか。

今回ご紹介した6店は、いずれも美味で知られる札幌市内の人気店です。観光客はもちろん、札幌市民の人たちも通う店なので、思いつきでいきなり行ってみたけど、満席だった…なんて残念なことも。ホームページなどをチェックして「予約可」の店だったら、事前に予約をしてからがオススメです。

この記事の記者

著者名
著者プロフィール
北海道札幌市出身の道産子ライター。出版編集プロダクション法人経営者でもあり、関わった書籍は30冊、雑誌/新聞は50誌を超える。写真家としてもフランスのギャラリーと専属アーティスト契約をしている。北海道の観光・グルメ分野に強く、観光地のお土産の魅力を情報発信する「観光特産士」の顔も持つ。