トリクルマガジン アゲろ、男子力!

失恋の名言 Vol.5 『サヨナラは優しさ』

カテゴリー
格言
投稿日
2016年3月29日
サヨナラ,優しさ,格言

毎月、テーマを決めてそれに関する名言を紹介するコーナー。今月は3月。卒業や異動などが多く、別れの月ということで、「失恋」をテーマにしたことばを紹介したい。 今日の名言は、 『サヨナラは優しさ』

「サヨナラ」って自分から言うのも、言われるのもツライ

失恋。恋の終わりを予感する時。必ず終わりを告げる言葉があります。男性のみなさんどうでしょうか?自分は何て言ってます?言われていますか?

自分も傷つきたくないし、相手の事も考えてあげたいから、丁寧な言葉でフォローしたいところですが、どうやら違うようです。女性がイラッとした別れの言葉ランキングをもとに少し考えてみましょう。

【1位】「好きだけど…」と、どう考えても矛盾した前置きをする
・「一緒にいても全然楽しそうじゃなかったのに、下手な気休めはやめてほしい…」(20代女性)
・「言葉を濁して、理由をはっきり言わないのは男らしくない!」(30代女性)
・「『私の何がダメだったんだ』ってすごいモヤモヤする」(20代女性)
【2位】「別れた方がお前のためだから」と、相手を思いやったように見せかける
・「私のためって言ってるけど、単なる責任転嫁だと思う」(20代女性)
・「なんで上から目線なのかわからないし、結局納得できるような理由を言わないから腹が立ちます」(20代女性)
【3位】「お前は何も悪くない。悪いのは全部俺」と、女性からの非難を予防する
・「『なにカッコつけてるの?』って逆に頭にきます」(20代女性)
・「自分が悪者になって、うまいこと事態を収めようとしてる魂胆が見え見え」(30代女性)

出典:スゴレン

このように相手のことを考えているような言葉で終わりを告げようとすると、ただの言い逃れになってしまい、「何言ってんのコイツ」という感じになるそうですね。恋の終わりは、はっきりと伝えるべきなのかもしれません。

はっきりと、男はなぜ伝えられないのか?

はっきりと伝えることが正しいはずなのに。なぜ我々男は伝えることができないのか。何となく理由はわかりますが、男の本音をちょっと調べてみました。

1位:別れを自分から告げるのは辛いから
2位:なんとなく気まずいから
3位:別れる決意がきちんと固まっていないから
4位:彼女への気遣いのつもりだから
5位:はっきりと終わらせないことで、復縁の可能性を残しておきたいから

出典:スゴレン

どうやら、こんな感じらしいです。。。失恋でのダメージを無くしたいのでしょうか? 1位~5位全部が、すべて相手のためでなく自分のためっていうのには笑えますよね。ですが、すごく気持ちが分かるのもツライところ。でもそれなら、別れるなっていう話ですよね。別れを決めたのなら、このような気持ちを捨てて、はっきりと伝えましょう。 5位にランクインしている復縁の可能性をとかを考えてると、ゲスになってしまいますよ~。

サヨナラは一番ストレートに伝える言葉

どんな言葉がストレートにはっきりと伝わりますかね?やはり「サヨナラ」が一番わかりやすいですよね。ということを考えながら「サヨナラ」を使った別れの言葉3つを考えてみました。でも、言われる可能性もあるので、なんかツライ。

別れの言葉,男性

「生活の時間軸が合わないから、君を好きでいつづけることは難しい。サヨナラ。」

仕事に一生懸命になりたい方向け。好きな状態を保てなかった理由を明確にし、尚且つ今はもう好きではないという現実を伝えることば。 もし自分が言われた場合、「時間をあわせるから!」って言いたいですが、もう時はすでに遅いんですよね。この場合。

別れの言葉,男性

「他に好きな人ができたんだ。本当にごめん。サヨナラ」

これツライ。泣きそうです、もう。心に直で振られたことが分かりますよね。結構言われたらダメージがでかい。でも分かりやすい。「誰?」とか間違っても聞きたくないですよね。

別れの言葉,男性

「過干渉すぎて、もう一緒にいることができないんだ。サヨナラ」

時に恋愛だと、お互いが不安になり過ぎてこんな状態になってしまうことありますよね。時間を共有すればするほど、悪い方向に行ってしまうとき。でもこれだと理由がまだ弱いのかもしれませんよね。難しい。

結構ツライ言葉になってしまいますが、「サヨナラ」は理由とセットにすることで、けじめをつけてくれる言葉ですよね。自分にとっても相手にとっても結果的に次へ向かう言葉として伝わりやすい感じしますね。

本当に相手のことを考えているのなら、はっきりと伝えること

ここまで色々と見てきましたが、結果的にははっきりと伝えることで自分も相手も次のステージに向かえるのかもしれません。はっきりと言われるのは自分も相手もツライですが、本当の優しさは何なのかということを念頭に、行動したほうが良いですよね。そうでないと、「適当な男」とか「ねちっこい」とかっていうイメージがついてしまいますよね。 相手に振られる時も、思わせぶりな言葉でいつまでも繋がれているより、はっきりと言ってもらい次のステップに向かった方がいいですもんね。