トリクルマガジン アゲろ、男子力!

合コンで幹事をやるとき役立つ7つのマニュアル

カテゴリー
恋愛
投稿日
2015年12月17日
合コン 幹事,マニュアル

合コンの幹事はモテる!

合コンの幹事をやったことはあるだろうか?

「いつも呼ばれるばかりで、幹事はほとんどやらない」というあなた! なんともったいないことを! そんなあなたは、積極的に幹事をやったほうがいい。

なぜなら、幹事をやったほうがモテるからだ!

いや、正確に言うと、 「幹事をやることでモテるようになる」 からだ!!

幹事をやると、
・日程や店の調整
・場を円滑に回すための気遣い
・全員との積極的なコミュニケーション
…などを必要とされる。

この調整能力、優しさ、コミュニケーション能力は、魅力的な男性にとって身に着けておくべきもの。 つまり、幹事をやることで男としての魅力が磨かれ、結果モテることになるわけだ。

「でも、おれ幹事やったことないし…どうすればいいかわかんねーし」 というあなたのために、 「これさえ押さえれば幹事はバッチリ」 という7つのマニュアルを紹介していこう。

①女幹事と密に連絡を取り合う

下ネタ

合コンは両幹事の歯車がかみ合わないと、なかなか決まるものも決まらない。 最悪、リスケを繰り返して流れる、なんてことも…。 そういう事態を避けるために、特にメンバー決定や日程調整のタイミングでは、双方「報告・連絡・相談」を心がけるようにしよう。

日程は1か月後を1本釣り

メール

女性陣に日程を投げる時によくある失敗が、
「来週の火曜か木曜か金曜はどう?」
というやつ。

「3つくらい投げときゃ大丈夫っしょ」
と思ってたかをくくっていると、
「全部無理」
と言われるのがオチだ。

女子は何かと予定を埋めたがる傾向にあるので、2週間先まで毎日何かしら埋まってる…なんてことも珍しくない。 なおかつ、合コンは団体戦。参加者全員の予定を合わせるのは思った以上に大変なのだ。

しかし、1か月後の日程であればさすがに空いていることも多いので、その辺を指定すればすんなり調整できる。

③相手のニーズに合ったお店を選ぶ

141127

女性メンバーがどんなタイプかによって、相手が喜ぶ店も変わってくる。 これは①とも関わってくる部分だが、相手のメンバー情報を幹事から聞いておいて、それに合った店選びをしたいところ。 「そんなのわかんねーよ」って人は、この特集を読んで欲しい。

④話すネタを10個仕込んでおく

カップル

男性メンバーが仲が良く、なおかつ全員が合コン慣れしている場合は必要ないが、そうでない場合は進行がグダグダになる可能性がある。

男性メンバーに初対面の人がいたりすると、ボケ・ツッコミなどの連携も難しいだろうし、あまり合コンに行ったことがない人ばかりだと照れてしまって会話に詰まることも多々。

そんな事態を避けるために、事前にネタを用意しておくことは重要だ。質問したい内容・相手が興味が湧きそうな話題・すべらない話など、計10個くらい用意しておけば、なんとか1次会の2時間くらいは場がもつ。

⑤注文係を別でアテンドしておく

褒め

(特に場をまわすのがうまいやつが別にいなければ)幹事は場をまわさなければならない。これは見た目以上に大変なことで、案外余裕が無くなってしまう。さらに注文係までとなると、正直両立は難しい。

だから、別の男子に先に「注文係やって」とお願いしておこう。ちなみに、この注文係、残念ながら一番モテないポジションなので、担当者にはその覚悟をもってやってもらおう。

⑥視線を常に動かし、女子全員に、かつ均等に話を振る

ほしがり

合コンは、基本的には女子は幹事以外初対面。

そんな相手と話すときは、目を合わせてはきはきしゃべる、という基本的なお作法が案外重要だったりする。 さらに、幹事が誰かひとりとずっとしゃべっていたりすると、場の空気が壊れてしまうばかりか、「気をつかえない人」という烙印を押されてしまう可能性もある。

だから、幹事は常に視線を動かし、それぞれの女子の目を見てしゃべったほうがいい。 また、A子さんに質問したら次はB子さん、C子さん…といったように、なるべく平等に話を振ることで女子全員が好印象をあなたに抱いてくれる。

⑦連絡先はグループラインでさらっと

番号交換

連絡先の交換は、各々でやると時間がかかるしグダグダするので、
「グループラインつくります」
と宣言してさらっと終わろう。

みんながやりたがらないからこそチャンス

合コンの幹事に関するマイナビ調べのアンケートで以下のような結果が出ている。

Q.合コンの幹事は得だと思いますか? 損だと思いますか?
得だと思う……115人(26.4%)
損だと思う……320人(73.6%)

多くの人は「幹事は損」と思っている。
しかし、本当は「幹事は得」なのだ。

これは、逆に積極的に幹事をやることで、「呼ばれたら行くだけ」の男子たちに大きな差をつけるチャンスがある、ということ。

幹事初心者でも、上記の7つを実行することで男をアゲ、モテに一歩近づいてほしい。