トリクルマガジン アゲろ、男子力!

自分はそこそこイケてると思ってるあなたになかなか彼女ができない理由

カテゴリー
恋愛
投稿日
2016年11月9日
彼女ができない

30代になって、そろそろ結婚とかも考えたいけどなかなか彼女ができない…そんな悩みを抱えている男性は多いのではないでしょうか?正直、仕事もできるし優しいし、自分ではそこそこイケてると思っているから、彼女くらいすぐできるはず…なのになかなかできないあなたに、その理由を教えます。

外見も悪くない、仕事もしていて収入は人並みにある…にも関わらず「彼女ができない」と嘆いている男性をちょくちょく見かけます。彼女ができる基盤を持っているのにできない人は…本当にもったいないですよね。しかし、最低限の条件を満たしているのに彼女ができない人には…それなりの理由があるものです。

せっかくの基盤を無駄にしてしまっているもったいない男性へ、恋愛コラムライターの沢田七海が「彼女を手に入れるために必要な意識」についてお話をさせていただきます。

「モテそう」「彼女いそう」とよく言われるあなたの大いなる勘違い

彼女ができない男の特徴

合コンなんかでよく「モテそう」「彼女いそう」と言われることがあると思いますが、9割がた社交辞令です。「カッコいい」はお世辞になってしまう可能性がありますが、「モテそう」「彼女いそう」というセリフは誰に対しても使え、誰もが悪い気持ちのしない常套句です。

下手に仕事ができたり見た目が良かったりする人ほど、この社交辞令を真に受けがちなので…心当たりのある男性は反省しましょう。また、仕事ができるとか、見た目が良い…は、彼女を作るのに有利な材料にはなるものの、それだけで簡単に彼女ができるものではありません。女性が恋人を作るにあたり、「何を求めているか」を把握することがキーポイントになります。

彼女が欲しいと思うのであれば、「女性の恋人に対する求め」に応えられる男性が彼女をゲットできるというシステムになっていることを…しっかり認識していきましょう。社交辞令に浮かれているだけでは、そのまま1人でぽっかり浮いたような人生になってしまいますから…。

彼女ができない男の特徴

多くの女性は「減点法」で男性を見ています。そのため、「減点されるポイント」となる「彼女ができない男の特徴」を把握しておく必要があるでしょう。これから全年代で彼女ができない男の特徴を6つご紹介させていただきます。自分よりの見方ではなく、客観的に自分を見つめ直して…自分に当てはまっている項目がないか確認してみてください。周りの親しい人に聞いてみるのも良いですね。

もし、少しでも心当たりがある場合には…明日から、少しずつでも良いので「自分を変えていく」意識を持ちましょう。その改革意識が、あなたに彼女を連れてきてくれる可能性…大いに期待できます!

約束を守れない

約束

仕事や家庭理由、体調不良等の事情があって約束が守れないときは仕方ありません。しかし、「約束」ということへの認識が甘いと…「つい忘れてしまう」という事故が発生します。あなたにとって重要ではないことでも、人にとっては重要であることもあるでしょう。約束が守れない人に信頼は生まれません。

人としての信頼が持てない人に…超個人的な信頼関係を必要とする恋人関係を成立させることは難しいのではないでしょうか。信頼できない人を恋人にしようと決心してくれる、そんな奇特な女性が溢れている世界ではないことを把握してほしいですね。

清潔感が無い

清潔感

顔の作りが良い、体型に自信がある、身長が高い等、一見恵まれた容姿を持っていたとしても、清潔感のない男性に抱かれたいと思う女性はいません。多少外見に自信がないような人でも、清潔感溢れる男性は魅力的に見えるでしょう。

面倒くさいと言う理由で歯磨きを忘れたり、2,3日お風呂に入らなくても平気だったり…洗濯をしていない洋服を着まわしたり…。きちんとした生活を心掛けていればそんな事態になることはない中、最低限の清潔感が持てない男性は…女性にモテることなんて考えられませんね。むしろ逆です。嫌われます…。

口だけで全然行動しない

口だけ

「わかった、やるね」「了解、まかせて」「こんな夢を持っているんだ、いつか実現させてみせるよ!」…言うのはタダです。その言葉を口にした後、実際に体を動かして行動ができなければ、ある意味「詐欺師」になるでしょう。これも人の信頼を壊していくタイプの人ですね。

傷付けるとか騙す…ということはしない温厚な男性であっても、相手からの信頼を得ることはできません。何を言っても「はいはい」と流されてしまう…狼少年扱いをされてしまうでしょう。狼少年と付き合いたい女性がいるとは思えません…。何を言っても適当にあしらわれて「いつだって人の人生の部外者」になるでしょう。

自分の価値観を押し付けてくる

価値観

自分に自信がある人は、「人は十人十色」という言葉を知らないのでしょう。他の人の考え方、感じ方、受け取り方に…物の見方、これらのことを「自分の価値観」だけで遮断してしまう人は実際にいます。「そんな考え方もあるんだね」「そういう受け取り方もあるんだね」と、人の価値観を理解しようとせず、「それはおかしい」「君は間違っている」「これはこうすべきだ」…というように、自分の価値観を周りに押し付けてくる人は必ず嫌われます。

恋人になっても悲しい気持ちになったり、不満が溜まってしまったりと「つまらない時間」しか提供できない人になるでしょう。こういう人の多くは…人生後半で1人になっている危険性が高いものです。

時間やお金に細かすぎる

厳しい

やむを得ない理由があっての遅刻に対して機嫌が悪くなったり、食事代のワリカンの際に1円単位で請求をしてきたり…時間やお金にあまりに細かすぎる男性は正直、面倒くさいです。少しの余白も持てないような男性は「心の狭い男」「器の小さい男」「余裕が無い男」「気の短い男」として、女性はしらけてしまうでしょう。

時間とお金をあまりに制約されるような人と一緒にいたいと思う女性はいません。一刻も早く解放されたいと願うでしょう。彼女として時間やお金のように細かく管理されることへの恐怖心から…恋人になってくれる可能性はほぼ皆無ですね。

時間やお金にルーズすぎる

ルーズ

細かすぎる男性とは逆に、あまりにだらしなすぎる男性もNG判定をされてしまいます。女性側に多少の余白があったとしても、その余白をあまりにはみ出してしまうような場合、彼女が抱える負担が大きくなってしまうからです。

1時間も2時間も待ちぼうけさせられたときには、もっと他の有効な時間に使いたかったと思うでしょうし、「今手持ちがなくて…」ということで立て替えたお金もなかなか戻らず、立替金が増えていくことで不満や不安も募らせてしまうでしょう。自分の領域を犯されると認識する女性は…必ず離れていくはずです。

「30代ならではの」彼女ができない男の特徴

30代ならでは

女性の多くは30代男性に「大人の余裕」を求めています。「いつまでも自分に甘い」男性は彼女ができない最大の特徴になりますね。「頼りにならない子供」と見られるからです。

10代や20代のときには…まだ「未来への可能性」が残されているので、多少の甘えや人生設計に対する意識のゆるさも許される余地があります。成長過程として、ダメな部分も「カワイイ」とか「母性本能をくすぐる」というような感覚を持たれ、そこも魅力の1つとして女性が来てくれることも大いにあるでしょう。

しかし…30代ではそれは許されないことなのです。20代ではチャーミングとして片づけられていたことでも、30代になって同じことをしていたら…「え?30代なのに?」「は?30代なのに?」と、女性たちは眉をしかめて後ずさりしていくのです。

また、「結婚に興味がなさそう」な人もそうですね。30代になって結婚意識を持っていないと思われる男性と付き合いたいと思う女性は…そうそういないでしょう。男性より女性の方が割合的に結婚意識は高いものです。結婚願望を口にはせずとも、どんなにキャリアウーマンだろうと…心の奥底では「結婚=女の幸せ」と考えている人が多いものです。そのため、結婚への期待が全くできないような男性に…自分の貴重な時間を使いたくないと思う女性たちは離れていってしまうのでしょうね。

その他には…「金銭感覚がなっていない男性」に対しても、彼女になりたいと思う女性は圧倒的に少なくなるでしょう。ある程度の人生経験を積み、人生の中で最も充実すべきはずの30代に突入したのに…個人的な借金の返済があったり、親や友人に常々お金を借りるような生活をする男性には、結婚願望を秘めている女性にとって「将来が不安な相手」になるからです。

このように、将来の人生設計を十分に考るべき年齢になっても「それができないような男性の姿そのもの」が…彼女が出来ない理由になるのです。30代で彼女ができない男性の多くは「自分勝手な感覚」や「周囲の空気を読めない」いつまでも子供のような自己中な人が多いものです。自己中心的な感覚というものは「子供の特徴であり特権」です。どんなに社会的地位があっても収入があっても「自分の価値観を押し付けてくる人」は自己中になるので、精神的にみれば「子供」になるでしょう。30代になって彼女が欲しいと思うのなら…「もう子供じゃない」ことをしっかり自己認識すべき年齢であることを頭に叩き込んでくださいね。

彼女ができないと嘆くヒマがあるなら、男を磨こう

男を磨く
出典:gatag ※著作者:Victor1558

とにかく、消極的な姿勢であれば…そうそう彼女ができるものではありません。「彼女が出来ない…」というセリフだけを口にしてばかりでは未来を変えることはできないでしょう。一生そのまま、なんてことも十分に考えられる状況です。

悩み、問題、不満…これらのことを口にすることがいけない訳ではないのですが、その中に希望や目標といった「向上心」がなければ…延々と愚痴だけを言う生活の繰り返しになってしまいます。現状に文句を言うだけでは何も変わらないので、自分を磨いて積極的に出会いの場に行き、いいと思った相手にはどんどんアプローチすることが大事になるのです。

「現状」とは、今まであなたが過ごしてきた人生の結果です。この先の人生を変えたいと思うのであれば、「今までの考え方」に大きな改革が必要になるでしょう。文句を言うのは簡単ですが、意識を変えて毎日の生活スタイルに変化を入れることは大変なことです。それでも、その「改革意識」を持たなければ…宝くじで高額当選でもしない限り、彼女のいない人生を変えることはできません。できたとしても…傷の舐めあいのようなカップルになってしまうでしょう。

明るい未来を手に入れたいのであれば、とにかく今から出来る範囲で「自分磨き」をしてください。外見や内面に意識を向けることも大切ですが、「仕事を一生懸命頑張る」ことも30代男性にとっては欠かせない自分磨きになります。現状への不満に持っていかれている意識を、未来への希望に切り替えてください。今、あなたは人生の分岐点にいます。このままの人生、または今より酷い惨状の人生を送るのか、隣に素敵な女性がいてくれる人生になるのかの…。あなたの人生、あなた次第なのです!

この記事の記者

著者名
著者プロフィール
昼はOLをしながら…夜は歌舞伎町・六本木・銀座ホステスの二重生活を5年間。多くの恋愛を経て、イケメン旦那と結婚。現在は恋愛コラムライターとして活動中!!一般書籍となる恋愛小説、恋愛エッセイ著作あり。