トリクルマガジン アゲろ、男子力!

告白するタイミングがわからない社会人に教える「6つの基準」

カテゴリー
恋愛
投稿日
2016年7月28日
告白のタイミング
出典:gatag ※著作者:nath.smith

気になる人がいて、その相手とちょこちょこごはんを食べたりLINEしたりはしている。自分は好きだから、告白して付き合いたい、とは思うものの…フラれるのが怖いからなかなかできない。そんなことありますよね?特に社会人になるとなおさら、難しくなる気がします。告白って、どんなタイミングですればいいのでしょうか?告白向きのデートスポットの記事と併せて読んでみてください!

正直、告白をした経験は…人生でも本当にわずかな数です。それだけ「自分の想いを相手に伝える」ことは大切なことであると思っている…恋愛コラムライターの沢田七海です。

好意を持った相手に自分の想いを伝えることは、どんなに恋愛経験を重ねている人でも、恋愛経験の少ない人でも、ここばかりは「同じ位置」にいると思います。告白するタイミングを伺って、伺って、まだ伺って…チャンスを逃してしまうことも珍しくないでしょう。振られるのが怖いからと…。今回は「告白するタイミング」についてのお話をさせていただきます。これから告白をしたいと思われている方、ぜひ参考にしていただきたいですね。

あの時告白してれば…タイミングを「逃した」経験、ありませんか?

仲良くなって、毎日のようにLINEをして、週に1回は会って…そんな、「そろそろ付き合えるかな?」といった雰囲気になったのに、告白のタイミングがわからずにずるずると友達関係を続けた結果…他に彼氏ができてしまった…そんな、告白のタイミングを逃した経験、ありませんか?

私の知り合いのKさん(30歳、会社員)もそのひとりです。友人の紹介で出会った女性と何度かデートを重ねるうちに淡い恋心が芽生え、彼女も一緒にいるとき楽しそうなので、久しぶりの恋人ができることへの期待感に胸を膨らませていました。しかし、告白なんて高校生の時以来していなかったので、どうしてもタイミングがわからなかったそうです。デートの度に「今日こそは…」と意気込むそうですが、「断られたらやだな…」「今日じゃなくても、来週も会えるし」などと何かと理由をつけて告白できなかったのです。そんなある日、共通の友人と飲んでいた時のこと。「そういえば、●●(良い感じだった女性の名前)、彼氏できたってよ」と言われたそうです。その衝撃の事実に、彼は1週間立ち直れなかったとか…。

また、Mさん(32歳、会社員)も同じように「告白のタイミングを逃した」男性です。彼の場合は、昔からの友人と酔った勢いで体の関係を盛ってしまったそう。そのセックスがすごく相性が良かったこともあり、今まで全く女性として意識していなかった相手のことを好きになりました。でも、1回関係を持った事実になぜか彼は変な自信を持ってしまったようで、「いつでも付き合えるだろう」とタカをくくってしまったのです。その後も何度か彼女を自分の自宅に招くなど関係は続いたのですが、ある日LINEの返信がパッタリと来なくなってしまいました。その後友達づたいに、「体目当てなのかもと思って、会うのが嫌になった」という話を彼は聞きます。後悔しますが、時すでに遅し。何度LINEを入れても、既読スルーを続けられてしまったそうです。

この実例のように、特に社会人になると告白のタイミングを逃してしまうことが多いように思います。

なぜ社会人になると告白できなくなるのか?

社会人になると告白することが出来なくなってしまう方が多いからでしょうか…「告白」というと学生のイメージが強いですね。

学生時代での告白もそれなりにドキドキしたり、告白をすると決めた前日は眠れなかったりと、告白することに使う勇気は相当なものだったはず。それでも何とか告白することは出来ていたはずなのに、社会人になってからは告白へのハードルが高くなっていると感じている方は少なくないでしょう。しかし、そのハードルを上げたのは…誰でもなく「あなた自身」なのです。

①社会人は「失う」のが怖いから

社会人の落ち込み
出典:gatag ※著作者:DeveionPhotography (改変 gatag.net)

一般的に大人とされる社会人になると、学生時代より経験が増えることで考えなしに突っ込むことがしにくくなりますよね。「好き」という感情だけで告白をしても良いのだろうか、告白をすることで今の関係がこわれてしまうのではないだろうか、と…学生のときに「告白することで得られることを考える」ことよりも「告白をすることによって失うものがあるかもしれない可能性を考える」ことが強くなってしまうからでしょう。

大人になった、と言えばそうですが…言い方を変えれば「ズルくなった」…のですね。

②社会人になると、告白無しに付き合うことが増えるから

社会人は告白無しに付き合う
出典:gatag ※著作者:霖霖七

学生だと、付き合うのは「告白という儀式があってはじめて」、という認識を多くの人が持っているものです。しかし、大人になるとそんなピュアな気持ちが薄まってくることは…悲しいことに事実なのですよね。

少しでも一緒にいたい…という今までの経験で学んだ「1種の知恵」から、なんとなく一緒にいて、告白はしてないけどなんとなく付き合っている場合や、先に体の関係があってから付き合うケースが増えていくのでしょう。

③社会人になると、「タイミング」がわからないから

学生の告白
出典:gatag ※著作者:pondography

社会人になると1年においての「区切り」があいまいになりがちです。学生のときには長期休みに入る前や、体育祭や修学旅行など「イベント」等、何かにつけてきっかけとなる区切りにかこつけて、告白するタイミングがたくさんありましたね。…でも社会人になると、なかなかタイミングを見つけにくくなるでしょう。

男性にしてみれば、唯一「クリスマス」くらいですかね。1年に1回のイベントにかけるのも結構難しいですよね…。

しかし、告白のタイミングって、実はそんな「区切り」に規制されるものではありません。イベントがないと告白できないと思っているとすれば、それも自分自身が勝手に作り上げた「ハードル」となるのです。

告白するタイミングには「6つの基準」がある

実際にお互いの気持ちも何となく分かる…ような雰囲気の流れで付き合いが始まることもあるでしょうし、告白をしなくとも付き合うことはできます。しかし、交際を始める1つのスタートとしてきちんと告白はした方がよいでしょう。

彼女にとっても、あなたの評価としても「物事を始める時にはきちんとけじめをつけることができる」男性であることは、高得点になること間違いありません。また、告白をすることで、はっきりと「恋人同士になった」ということをお互いが認識することは、お互いが「この人を大切にしよう」という気持ちに繋がります。その結果、2人の関係が長続きすることにもなるのです。

ただし、「きちんと告白をする」ことによって「きちんと振られてしまう可能性」もあります。そのため…告白をするときには、なるべく成功しやすい「告白のタイミング」を知っておくことが重要になるのです。

告白するタイミングの基準①/毎日LINEするようになった

告白のタイミング「LINE」

どんなに社交辞令であったとしても、初回の「礼儀としてのやりとり」は完了すれば、その後、あなたがどんなにLINEをしたところで…返事の回数は必ず減ります。3回に1回、5回に1回、重要な話以外返事しない…等々。特に社会人ともなれば、女性は興味のない相手に大切な自分の時間を費やしませんから。

他愛のない会話、朝の「おはよう」夜の「おやすみ」と、どんなLINEに対しても彼女の意思が感じられる返信があるときには…彼女の中でのあなたのポジションは高い位置にあると判断してよいでしょう。告白するチャンスのサインでもあるでしょう。

告白するタイミングの基準②/電話で話す回数が増えてきたら

告白のタイミング「電話」

社会人女性は忙しいのです。美容にダイエットに仕事に友人関係、そして恋愛…。そんな中で興味のない相手や意識をしていない相手に対して、電話をすることは考えられません。LINEは自分のタイミングで返信できますし、最悪既読スルーもできます。

しかし、リアルタイムに時間と思考を拘束される「電話」。あなたのかける電話に彼女が出てくれる回数が増えたり、彼女からも電話がくるようになれば…もしかしたら彼女は「あなたからの告白待ち」である可能性も考えられるくらい、告白するには良いタイミングであるとの判断になるでしょう。

告白するタイミングの基準③/3回目のふたりきりのデート

告白のタイミング「3回目のデート」

1回の2人きりのデートは彼女の「好奇心」です。あなたがどんな人か興味を持ってくれた証拠ですね。ただし、ここはあくまで彼女のあなたに対する偵察のみです。

2回目の2人きりのデートは「自分の感覚の確認」です。好意があるかの確認ではなく、好意も持っても良い相手なのかの確認です。

そして、3回目の2人きりのデートは「答え」です。今のところ恋人候補、少なくても友人候補として自分のテリトリーにいれてくれたという彼女の貴方に対する答えになります。

彼女の様子をみて3回目のデートでも笑顔がたくさん見れたなら…思い切って告白しましょう。早すぎると躊躇される方、女性は「迫ってくれる男性」には弱いものですよ。ダメもとでも良いので告白を。失敗に至っても「男らしさ」は伝わり…時間が経ってから逆転する可能性も残せますから。

告白するタイミングの基準④/相手からの好意が見えたとき

告白のタイミング「好意」
出典:gatag ※著作者:j0sh (www.pixael.com)

彼女の方から言葉やしぐさで、あなたに対する行為が見えたときは告白のチャンスですね。ただ、間違ってはいけないのは「思い込み」です。

少し優しくされた、カッコいいと言われた、ボディタッチをされた、1回デートした…程度ではタイミングではありません。「勘違いされて恐い」と引かれてしまう危険性もあるので要注意です。ポイントは「周りの感想」ですね。友人や同僚等、同席した仲間から「彼女は絶対に君のこと好きだよ」等の後押しがあれば、告白のタイミングの1つの判断材料になるでしょう。

告白するタイミングの基準⑤/気持ちが抑えきれないとき

告白のタイミング「気持ちの高ぶり」
出典:gatag ※著作者:avhell

これはもうストレートに行くしかないですね。社会人になり物事の分別もつくようになった、失う物の怖さを知った、場の空気も若干読めるようになった…等々、「大人としての理性」が出てきたにも関わらず、彼女を好きな気持ちが抑えられなくなったとき…。これは正真正銘「あなたの告白すべきタイミング」です。

ここで告白できないと必ず後悔するでしょう。結果が問題なのではないのです、この場合。抑えきれない程に人を好きになり、その想いを伝えることは、あなたの中で最も素敵な告白ができることでしょう。

告白するタイミングの基準⑥/他の男性が出現したとき

告白のタイミング「ライバル」
出典:gatag ※著作者:Leo Hidalgo (@yompyz)

まだ準備不足な段階であるかもしれません。しかし、想いを寄せている彼女へ、あなたと同じように想いを寄せるライバルが現れたら…できるだけ早い段階で告白することを決意しましょう。

先にライバルに告白をされてしまい、後からあなたも焦って告白したとき、すでに彼女がライバルと交際を始めたことを聞かされで惨敗する…という悔しい結果が待っているかもしれません。彼女も恋人を選んでいるはずですが、「先に告白しておけば、自分が付き合っていたのかもしれない」という後悔が付きまとってくるでしょう。

こんな後悔をするくらいなら先に告白をして、ライバル関係なしに、彼女の答えを聞ける機会を設けることがあなたのためです。

告白すると決めたら…時間帯は「夕方」から「深夜」に

告白のタイミング「夜」

①~⑥に該当するタイミングが訪れて、「告白するぞ!」と決意した時のアドバイスをひとつ。

告白はできるだけ「夜」にしましょう。彼女の反応がよくて、好意も感じられて、自分の感情も抑えられなくなったとき…またはライバルが現れて一刻も早く想いを伝えたいとき…。寝る前にもんもん考え、告白を決意した際にはすでに朝。しかしこの決意を今すぐ伝えたい…と焦ってはいけませんよ。冷静になって考えましょう。

社会人であれば、仕事前の準備で忙しい朝、または仕事中の昼間に…いきなり想いのたけを伝えられても彼女は困ってしまうでしょう。彼女の状況を考えられない告白は「自己満足に想いを投げつける」野蛮な行為です。告白をするなら、彼女もあなたも、仕事や用事等がひと段落している夕方や夜にしてください。

最も告白が成功する時間帯は夜とされています。深夜であればあるほど…その成功率は高いと言われていますので、この時間帯だけは徹底して守るよう意識しましょう。あなたの告白も成功した方の確率に入れるために…。

告白するタイミングと同じく、場所も重要

告白には「場所」も重要です。

相手との関係性によって、適切な場所は変わるので、以下簡単にその基準を紹介します。

①相手も自分に恋愛感情を持っていそうなら…夜景の見えるスポットなど、ある程度ロマンチックな場所なら問題ないでしょう。あまり深く考えず、近くの定番スポットでデートした後告白すれば、きっとうまくいくはずです。

②相手が恋愛感情を持っているかわからないなら…なるべく彼女のテンションが高くなる場所でデートしましょう。好きな食べ物があるレストランとかね。テンションが高くなれば、気持ちがポジティブになるものです。気持ちがポジティブになれば、あなたの告白に対しても前向きに検討してくれる可能性が高いです。

告白するタイミングがわかったら、あとは勇気を出すだけ

いかがでしたでしょうか。「告白するタイミング」というものは、彼女に好意を持たれるように努力をした結果、彼女の気持ちが高まった瞬間という、「あなたの努力次第」で引き寄せることができるものなのです。

あなたがあなたなりに精一杯努力した上での告白。もちろん、絶対に努力が報われる保証はありません。しかし、やるだけのことをやってダメなら…「仕方のないこと」ですよね。人間は「やった後悔」より「やらなかった後悔」の方が後々の人生で悔いが残る結果になると言われています。結果がどうなるかは分かりませんが…努力をしたと思えるくらいに頑張ったのであれば、あとは天にまかせるしかありません。

「ダメだったらどうしよう」なんて怖気づくことなく、やることをやったのなら…思い切って告白しましょう!精一杯頑張った過程、結果はどうあれ想いを伝えた勇気、これらはこれからのあなたの人生において…必ず「糧」になることであるのは間違いありません。幸運を祈ります。頑張ってください!

この記事の記者

著者名
著者プロフィール
昼はOLをしながら…夜は歌舞伎町・六本木・銀座ホステスの二重生活を5年間。多くの恋愛を経て、イケメン旦那と結婚。現在は恋愛コラムライターとして活動中!!一般書籍となる恋愛小説、恋愛エッセイ著作あり。