トリクルマガジン アゲろ、男子力!

合コン後のメールはどんな内容を送れば次につながるのか?

カテゴリー
恋愛
投稿日
2016年6月15日
合コン後に送るメール

合コンして、そこそこその場は盛り上がったのにその後が続かない…そんな悩みを抱えている男子は多いと思います。今回の記事では、合コン後のメールをどうすればデートまでこぎつけられるか、ということを指南してもらいます。

合コン参加率はとても低いですが、低確率でも最大限の「出会い」のチャンスを無駄にすることはない…恋愛コラムライターの沢田七海です。新しい出会いのきっかけとなる「合コン」。緊張してしまって、本来の自分で接することができない方は多いでしょう。それでもなんとか連絡先交換だけできれば…と安易な考えの方も多いですよね。確かに連絡先をゲットできれば合コンで上手く接することができなかった女性に対しても、後日、少しずつ時間をかけて仲良くなる可能性はあるでしょう。しかし…それって、「メールの返事がきたら」の話ですよね。メールそのものが既読スルーされていたら…何の意味もありません。今回は、これからの合コンで活用できる、「合コン後の既読スルー」に関するお話をさせていただきます。

あなたの合コン後メールが毎回既読スルーされる理由

合コン後メールが毎回既読スルー

毎回既読スルーの理由?そんなの、あなたのメールに返信する「価値も理由も意味もない」からでしょう。要は「あなたに全く興味が無い」、これが理由です。

…キツイ言い方をしてしまって申し訳ないですがこれが女性の生の感想なのです。合コン後のメールでは、どんな内容を書こうか延々迷っている…なんて人もダメですね。内容も大事ですが、最も重要なことは「合コンで築いた相手との関係性」です。少しでも関係性を構築することができなければ…その後、どんなに素敵なメールをしたところで「別に返信しなくてもいいか」、とスルーされてしまうでしょう。下手をしたら「知らない人からメールきた」と、存在自体を忘れられてのスルー…という、最も悲しい結末になってしまうかもしれません。

合コン後メールはふたりの関係性によって正解が変わる

メールへの反応は、書いてある「中身」よりも、送信者が「誰なのか」が重要になってきます。だって、どんなに嬉しくなる様な内容のメールでも…相手が誰かによって、その感情には大きな差が生まれますよね?すごく仲良くなかったらメールを送れない、ということではありません。

あくまでも現状の関係性を見極めて、その関係性に沿った「適切なメール」を送ることができれば…それが正解になるのです。あまり親しくなれなかったのなら「適度な挨拶・お礼メール」、親しくなっていたのなら「砕けたフレンドリーなメール」、という具合にね。

合コンでは、「仲良くなる」か「嫌われる」ことを意識しよう

もちろん、1番良いのは仲良くなるか、相手から好意を持たれることになります。相手からの好意があるかどうか不安な方は…脈ありサインを見逃さない方法を参考にしてみてください。ここで、初対面での脈ありを感じられず…さらに時間や席順などの都合で「十分仲良くなる」ことが難しそうであれば…あえて気になる女性をいじる等して、少し嫌われてみましょう。

嫌われることは勇気が入りますが、合コンにおいて最悪な結果である「印象が薄い」男になるより、確実にこの先の「可能性」が生まれてきます。…ただ、やり過ぎてしまうとガチで嫌われて終わりますので、「限度」が大切ですね。

【仲良くなった相手編】合コン後のメール例

仲良くなった相手との合コン後メール

合コンで仲良くなった相手や、自分に好意を持っていそうな相手に送るメールは、あれこれ考える必要はありません。楽ですね。素直に楽しかったことや、自分と話してくれたことへの感謝等を自分の言葉で伝えましょう。ここで下手に格好つけようとしたり、駆け引きしようとする方がNGです。合コンでは良かったのに、メールで引かれてしまうケースも珍しい話ではありません。せっかくチャンスが見えてきたのに、後押しツールとなるはずのメールが邪魔するようになっては、元も子もありませんからね。「素直」がポイントです。

合コン直後に送るメール例

合コン後のメール_好かれた
シンプルに「ありがとう」でOK!

「ありがとう」「楽しかった」といったポジティブワードを簡潔にしたメールを送りましょう。仲良くなっているのであれば、ここでだらだらと余計なことをメールする必要は全くありません。女性側からすれば「仲良くなった人から、合コン後にもすぐにメールがきた」ことに意味があるのです。合コンへの…というより「自分との時間への感想が欲しい」と思っているものです。

ここは内容よりも時間が勝負です。解散後すぐか、遅くとも翌日のお昼頃までに送るべきですね。「すごく楽しかった!ありがとう」くらいで良いのですから。

デートのお誘い時に送るメール例

合コン後のデートメール_好かれた
こちらもシンプルに

合コン後1週間以内くらいの…相手からのポジティブな感情が冷めない内に誘ってください。「一緒にいて楽しかった異性」という感覚が残っている間に会うことがポイントになります。合コン直後のメールの流れ、またはその2~3日後にはお誘いのメールを入れましょう。単純に「また会いたいから○日空いてる?」的な内容でOKです。

好意を持っている相手でも、初めて2人であることに警戒をする女性も多いので、デートに誘っているのですが、下手に意識せずに…感覚としては「女友達とご飯を食べに行く約束をする」という感覚の方が、相手も気軽に応じてくれるでしょう。

【嫌われた相手編】合コン後のメール例

嫌われた相手との合コン後メール

ここはちょっと工夫が必要になります。嫌われる行為をするということは…相手にとって強気でいた状態になるでしょう。しかし、ここから先、そのままの強気でいてはいけません。「自分の非を認めつつ好意を示す」のがポイントになります。あまりに謝罪しすぎるのもダメですね。異様なほどにギャップがあり過ぎて「気持ち悪い人」「何か心の病気がある人」と思われる可能性が高いからです。「ごめん、やりすぎた、悪気はなかった…」ということを上手に伝えられるかどうか…が、その先の2人の関係の分かれ目になるでしょう。

合コン直後に送るメール例

合コン後のメール_嫌われた
素直さといいヤツっぽい感じを出そう

相手はあなたを多少なりとも嫌っているのですから、その相手からメール来たら…きっと開封する前に少しは構えるはず。悪い意味でドキドキしながら開封したメールから真っ先に飛び込んだ文章が謝罪であったとき、良い意味のドキドキを与えることができるでしょう。

嫌な印象があっても謝罪があれば…女性の心情は大きく変化しますから。嫌われる要因になったことへの謝罪と、君の興味を引きたかった…という気持ちを素直に伝えましょう。素直に謝ることは「実はいいヤツなのかも」という逆転を狙った戦略になるのです。

デートのお誘い時に送るメール例

合コン後のデートメール_嫌われた
「お詫びに」がポイント

1週間くらいあけてから誘うことがコツです。合コンからの日が浅いと…まだ嫌な思いをした感覚が強めに残っている可能性があるので、ここで誘っても断られるでしょう。ただ、少しだけでも時間が空くことで…「ちょっとイヤなやつ」という認識が薄まってきます。1週間くらい空いたら、「お詫びにおごるから、○日空いてない?」と誘ってみましょう。

下手に出ることでハードルを下げることもできますし、相手も「お詫び」と聞いて悪い気はしないはずです。「それなら…」と、案外簡単にOKをもらえるでしょう。

メールのやり取りで相手の好みを知り、デートに活かそう

メールのやり取りをデートに活かす

程よい距離感を保ちながら好きな食べ物や、好みの映画なんかをサラっと聞ければ良いのですね。メールを送って返事がきたら…第一関門突破です。社交辞令だろうがなんだろうが、どんな理由があったとしても…メールの返事をすると言うことは、相手の女性はあなたに多少なりとも興味がある証拠になります。メールの往復ができる環境を最大限に活かし、女性の好みを収集し、デートに活用しましょう!

ただ、初デートになるのにあまりに質問攻めにしてしまうと…面倒臭がられたり、引かれたりする危険性がありますので、「ほどほど」の感覚を意識しましょう。例えば1メールにつき「?」は1つまでにするとか。いくつも「?」がある場合、その数だけ相手は返事をしなければいけない「負担」がかかってしまいますから…気を付けてくださいね。

この記事の記者

著者名
著者プロフィール
昼はOLをしながら…夜は歌舞伎町・六本木・銀座ホステスの二重生活を5年間。多くの恋愛を経て、イケメン旦那と結婚。現在は恋愛コラムライターとして活動中!!一般書籍となる恋愛小説、恋愛エッセイ著作あり。