トリクルマガジン アゲろ、男子力!

彼女と別れたいと思い始めたら考えておきたい8のこと

カテゴリー
恋愛
投稿日
2017年5月2日
彼女 別れたい

付き合っている彼女ともう別れようかな…と思ってしまうことがあると思います。これが一時的な感情なのかもしれないけど、一人で考えていても答えが全然見つからない。今回はそんな風に思っているあなたに少しでも早く考えてもらいたいことを提案していきます。

彼女と別れたい、あるいは、彼女と別れるべきか…と悩んでいる方。 よく、webサイトなどで、男女の恋愛心理パターンをコンピュータの機能で例えると、「女性にとって恋愛は“上書き保存”で、次の恋人ができたら前の彼氏のことは忘れる」と言われ、一方「男性にとって恋愛は“名前を付けて保存”で、次の恋人ができても元カノの存在は消えず、無意識に比べてしまう」などと言われているのをご存じの方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな男性の恋愛心理についても触れながら、彼女と別れたいと思い始めたら、早めに考えてほしいことについてご紹介します。そして、一時的な気持ちや、思い悩んだ感情で「別れる」という判断をして、後悔をしないために、27歳webライターの私、miitaが女性目線でご説明します。

別れたいと思い始めた「今」が大切

「付き合っている彼女のことを、前ほど好きではなくなった気がする」「このまま、今の彼女と付き合っていて、自分は幸せになれるのだろうか?」あるいは、「本人には言えないけど、彼女に飽きてしまった」「他に気になる人ができた」など、彼女と別れたい、あるいは別れるべきかと考える男性は多いものです。 そして、彼女と別れたいと心が揺れ動いている時に、一人で考えていても、なかなか結論は出ないものです。

もちろん、別れたいと思い始めた気持ちは、当人であるあなた、そして彼女の当人同士にしか分からないことも多いです。しかし、「別れる」という決断を下す前に、参考のひとつとして、今回ご説明することに目を通してもらえればと思っています。

そして、もし、別れる決断をしたとしても、後々後悔しないために、今の現実から逃げずに、いろいろなことを考えておくことが大切です。

別れる前に考えておきたい8のこと

それでは、別れる前に考えておきたいことを8つ、具体的にご紹介します。

①別れた後の自分を想像する

別れた後の自分を想像する

まずは、彼女と別れたとして、別れた後、日常生活を過ごしている自分の姿を想像してください。 そのとき、自分が笑っている姿は想像できましたか?

もし、自分がどうなっているのか想像ができない…そんなときは、無意識に彼女を必要としているのではないでしょうか。例えば、仕事の帰り道に毎日彼女と電話をしていた方は、その日常がなくなります。休日に自宅でのんびりテレビを見ているときも、横に彼女はいなくなり、あなた一人になります。

そして、仕事で嫌なことがあっても、「大変だったね」「また頑張ろう」と話を聞いてくれる人もいなくなります。 彼女と別れたいと思っている、彼女に飽きてしまった、そう思いながら、無意識に彼女に依存していないか、自分で想像をしてみましょう。

また、自分が想像したみたいに、まだ彼女が映っているのであれば、彼女への気持ちは消えていないことが多いです。そんな時は、まだ別れを考えるのは早いです。 あるいは、想像した未来が、相手に同情するものであれば、その同情の心は捨てましょう。例えば、「自分と別れたら彼女は立ち直れないのではないか」「病んでしまうのではないか」など。 まず1番に「自分の幸せ」を考えることが大切です。自分がどう考えているのかを最優先に考えましょう。

②距離をおくことも考える

距離を置く
出典:Photo AC

もし、別れた後のことを、うまく考えられないときは、少し距離を置いて、一人で過ごすことがどんなものかを実際に体験することも大切です。 特に、彼女と同棲している方、一週間に何度も会っている方、お互いに連絡頻度が多い方などにおすすめです。

ここでとても大切なことが2つあります。

①「別れ」ではなく、一人の時間を作って、「自分を見つめなおす期間」であることを理解してもらうこと

彼女と距離を置く際によくある失敗は、彼としては一人の時間を作って、自分を見つめなおし、彼女への気持ちを再度確認する意味で、わりとサ前向きな気持ちでいても、彼女は「フラれた」「捨てられた」と悲観的にとらえてしまうことです。そうすると、距離を置くことの意味の共有できず、さらに気持ちの溝が深まってしまいます。

また、そうなると彼女がしつこく彼に言い寄ったり、手がかかるほど落ち込んでしまう=男性からすれば“面倒くさい女”になり、より自分の気持ちが離れてしまう可能性があります。 そのため、距離を置く際は、彼女に距離を置く意味をきちんと理解してもらうことが大切です。

②距離を置く期間を相手に伝えておくこと

彼女と距離を置く際に、どうしても期間をあやふやにしてしまいがちです。そうすると、なんとなく連絡を取らなくなり、ズルズルと時間が進んでいき、自然消滅してしまうことも多いです。 解決しないまま自然消滅をするのを避けるためにも、距離を置く期間は相手にしっかり伝えましょう。短くて2週間、長くて1か月が適切な期間です。

③相手の好きなところ嫌いなところを書き出す

相手の好きなところ嫌いなところを書き出す

「書き出す」ということは、とても大切なことです。漠然と理解していることを文字に起こすことで、頭が整理されて、同時に気持ちの整理もつきます。

具体例をご紹介します。
【彼女の好きなところ】 笑顔がかわいい、素直である、根本が明るい、仕事を頑張っている、料理が上手い、家族を大切にしている、自分に尽くしてくれる、顔が好み、情に厚い

【彼女の嫌いなところ】 すぐ感情的になる、片付けが苦手、感情の起伏が激しい、若干束縛癖がある、すぐ拗ねる、自分が悪いときに謝らない、ムダ毛ケアがいい加減、時間にルーズ

深く考えすぎずに、思うことをどんどん文字にしましょう。そうすることで、新しい考えが出てくることもあります。 例えば、彼女の嫌いなところで「片付けが苦手」が挙がるが、これは一緒に片付けをして、片付けをすることを習慣化すれば良いのではないか?とポジティブに思えることもあります。 もし、そのときにポジティブに考えることができれば、「まだ別れずに、初心に戻ってやり直そう」と思えるかもしれません。 また、「ムダ毛ケアがいい加減」と書いたものの、いざ書いている文字を見ると、「ここまで思うのはひどいのではないか…彼女も、自分の嫌なところを我慢してくれている」と反省することもできます。

このように、頭で考えて、ただモヤモヤするよりも、文字として出した方が、自分の考えを客観的に見ることができます。そのため、書き出すことは、とても大事です。

④きちんと別れたい理由を伝えたか

きちんと別れたい理由を伝えたか

「彼女と別れたい」と思っている理由を、別れを切り出す前に、彼女に伝えていますか? 理由を説明せずに、彼女に別れたいことを伝えても、相手は納得しないものです。また、急に理由を話されても「本当に前から思っていたの?他に理由があるんじゃないの?」と、素直に受け入れてもらえないことが多いです。
そのため、自分の中で、彼女と別れたい理由を明確にして、彼女にしっかりと伝えることが大事です。それは、決定的な別れ話でなくても、二人で過ごしている時に「最近こういうところ(別れたい理由)が気になっている。このままだと、一緒にいるのは難しい」と明確に伝えましょう。このときに、相手が泣いてしまうとか、傷ついてしまうということは考えないようにしましょう。

例えば、私(miita)の実体験をご紹介します。

当時付き合っていた彼は、私と付き合う前に別れた元カノが忘れられなかったそうです。元カノへの思いが消えないまま私と付き合って、ある日彼女が結婚するという知らせを受けました。その結果、動揺→自分はやっぱり元カノが好きだ→でも、元カノは結婚するから、もう戻れない→miitaのことは好きじゃない→だから別れてほしいという流れになったそうです。
そこで、彼に言われた言葉が、「元カノが結婚することになった。俺は悲しい。悲しいということはやっぱりmiitaのことよりも、元カノが好きなんだと思う。だから別れてほしい!」という内容でした。

一見、別れる理由をきちんと伝えてくれたように思う方もいらっしゃると思います。 しかし、一通り話を聞いて元カノが好きなことは分かりましたが、私と別れる(私のことが嫌な理由)が分からず、話が一致せず納得がいきませんでした。そこで、「元カノが好きなのは分かったけど、じゃあ、私と別れる理由は何?」と聞いた後口ごもり、後日「やっぱりmiitaが好きだから、一緒にいてほしい」と言われました。もちろん、私の前で「元カノが好きだ」と言った彼と戻りたいと思う気持ちはゼロだったので、お別れをしましたが(笑)

このように、女性は「自分と別れたい理由」をハッキリ言ってもらわないと、別れを受け入れたり、理解できない人が多いものです。そのため、別れたいと思っている男性は、きちんと、明確に別れたい理由を話すことをおすすめします。

例えば、「別れるべきか迷っているよ…」というサインを出したり、アピールをしても、彼女にそれが伝わっていなければ、気持ちを伝えていないのと同じです。もし、別れたい理由が彼女に言いづらい場合は、メールやLINEで、文章を整理して伝えても良いです。大切なことは、彼女に、別れたい理由をハッキリと伝えることです。 そして、「自分はなぜ振られたのか」を彼女に伝わることは、彼女も自分を見つめなおすきっかけになり、相手のためにもなるものです。

そこで、もし、別れたい理由を伝えた後、彼女がその部分を改善するよう努力をしている姿を見れば、お付き合いが続くこともあります。あるいは、伝えたことで「やっぱり別れたい」と思った場合は、自分でも納得して、別れても後悔することなく、前に進めるのではないでしょうか。 そして、付き合った当初は、お互いが同意して付き合ったのだから、別れるときも二人の同意のもとで別れることをおすすめします。

⑤自分の理想はどんな人なのか

自分の理想はどんな人なのか

彼女と別れたいと思ったら、「自分の理想はどんな人なのか?」と考えてみましょう。その時に、外見もですが、「どんな性格、内面の人が良いか?」ということも考えることをおすすめします。

このように、自分の理想を考えたら、「理想とは全然違うけど、彼女のこういうところは好きなんだよな~」と思うところはありませんか?彼女の好きなところが浮かぶ方も多いはずです。 また、「今は別れたいと思っているけど、これから次の人と付き合っても、前の彼女より、すべてが良いとはならないだろう」と思う方もいるのではないでしょうか。

実際に、「絶対に別れる!」と決意している場合は、今のような悩み方はせずに、あっさりと別れを告げるものです。今、別れるべきか悩んでいるのは、彼女の良いところをたくさん知っていて、「本当に別れてしまってよいのか?」と自分が不安になっているからです。 そんなときは、今の彼女は、理想とは程遠いかもしれないが、何より自分のことを好きでいてくれている、自分にはちょうど良い相手なのかもしれない。と考えることも大切です。

⑥彼女が他の人と付き合っているのを想像してみる

彼女が他の人と付き合っているのを想像してみる

自分が別れを告げた後、彼女に、すぐに新しい彼氏ができていることを想像してみてください。そして、自分にしてくれたように、新しい彼氏とイチャイチャしている姿を想像してください。 それを想像してみて、どう思いますか?なんとも思わないですか?

実際に、別れた後すぐに、彼氏ができる女性は多いです。それを知ると、多くの男性は自分から別れを告げたものの、「次の彼氏を作るのが早すぎないか?」と怒り交じりのみじめな気持ちになるものです。

別れを告げて間もない時期に彼女に彼氏ができても嫌じゃない、怒りがわかない、みじめじゃない場合は、気持ちが冷めてしまっていると言えます。しかし、みじめな気持ちになるのであれば、すぐに別れる判断をするのではなく、時間を置くことも大切です。

多くの男性は、彼女が自分の元にいるときは、感謝の気持ちを忘れたり、大切にしないものです。しかし、いざ人のところに行ってしまったら、自分に戻ってきてほしいと思うものです。 よく、かわいい彼女を連れている男友達を見ると「いいな、〇〇の彼女はかわいくて。俺の彼女なんて…」と思っていたとしても、いざ彼女を失うと「彼女はかわいい子だったな…」と思う「隣の芝は青く見える現象」と近いニュアンスです。

⑦他と比べていないか

他と比べていないか

街を歩いたり、友達の彼女を見ると、かわいいなと思ったり、他の女性を、自分の彼女と比較してしまうことはありませんか?人間は、ついつい自分の状況を他と比べてしまう生き物です。

あなたには、彼女より魅力的な女子が身近にたくさんいるかもしれません。しかし、魅力的だと思う女性が、自分のことを好きになってくれるかは分かりません。それなのに、今、自分のことを好きでいてくれる子と、他の子を比較するのはおかしいです。

例えば、彼女の嫌なところが目立ったり、今のように別れたいと思っている場合、「元カノはよかったな~」「元カノはこんなことなかったのに」と比較したり、今の彼女の短所に目がいきがちです。 「良かった、こんなことなかった」と思っている元カノの行動や言動、見た目は「あなたのことが好きだった元カノ」がしたことです。つまり、元カノの人間ができているから、あなたの好みにドンピシャである。というわけではありません。元カノが、もう、あなたに恋愛感情がない場合は、今の彼女と比較して「元カノはよかったな~」と思うようなことは起きないかもしれません。

唯一、比較して良いとすれば、それは今の彼女と同様に、現在進行形であなたのことが好きな子がいた場合です。彼女以外に、好きな子ができて別れを考えている場合は、「どっちと一緒にいたいか?」「どっちを幸せにしたいか」「どっちと幸せになりたいか」をしっかり考えましょう。

くれぐれも、中途半端なことをして、二人の女の子を傷つけることだけは辞めましょうね。

⑧環境の変化が自分の考えに影響しているのかも

環境の変化が自分の考えに影響しているのかも

今、彼女と別れたいと思っているあなたは、大きな環境の変化はありませんか? 人は、就職や進学など、新しい環境に身を置くようになったとき、自分の生活に大きな変化が起きているので、気持ちが安定しないものです。特に男性は、プライドが高い人が多いので、不安定なことを外部に出さずに、自分で抱え込みます。その結果、無意識に、気持ちが不安定になり、いつもなら考えないことを考えたり、行動するようになります。

実際に、このような環境の変化があると、その後別れるカップルが多いです。例えば、就職先で新しく出会った女の子に新鮮味を感じて、心を惹かれてしまい、今の彼女への気持ちが薄れる…なんてこともよくあります。 また、新しい環境になることで、彼女といつも会っていた日に会えなかったり、連絡をとっていた時間に連絡が取れなくなり、すれ違いも増えます。 その結果、お互いの心が不安定になり、別れに至ることが多いです。

そのため、大きく環境が変わったときは、彼女と別れたいと思っても、しばらくは別れないことが大切です。もし別れるにしても、別れないにしても、自分が新しい環境に慣れ、心が安定しているときに判断することをおすすめします。 新しい環境に慣れるまでの時間は、悩んだり、苦しい日が続くかもしれません。しかし、いつか必ず慣れて、安定するので、それまで耐えることをおすすめします。

友達と相談してみよう

友達と相談してみよう
出典:Photo AC

ここまでは、彼女と別れたいと思い始めた際に、「自分自身で考えること」をご紹介しました。このように、自分を見つめなおすことは大切ですが、「客観的な意見」をもらうことも大切です。 自分の考えが偏っていることは、自分では気づけないものです。そういうときは、彼女との共通の友人や、あるいは、彼女のことは知らなくても、自分のことをよく知っている、信頼できる友達に話を聞いてもらいましょう。 そして、そこで、第三者としての意見をもらいましょう。きっと新しい考え方があるはずです。

悩んだ末に別れを決断することは、決して悪いことではありません。しっかり自分を見つめなおして、周りからも意見をもらって、固まった決意であれば、後悔はないですし、きっと自分を成長させてくれるはずです。 今の「彼女と別れたい」「彼女と別れるべきなのか」と思う気持ちは、自分の人生大きく変える決断になるかもしれません。悔いの残らない答えを出してほしいと思います。

この記事の記者

著者名
著者プロフィール
4年半広告代理店で営業を経験し、フリーランスのライターに転身。可愛い犬とのんびり暮らしている27歳です。“休日が、お給料が楽しみで働く社会人”より、“辛いこともあるけど、仕事が好き”って思える若い世代を増やしたいなと思い、この仕事をしています。キッカケをつくって、誰かの力になる。そんなライターになりたいと思っています。