トリクルマガジン アゲろ、男子力!

女性から「この人、話が合うな!」と思われるための、押さえておきたい会話ネタ集

カテゴリー
恋愛
投稿日
2017年4月4日
女性との会話

ふとした休憩時間や帰り道、女性と1対1になったとき。この短い時間で盛り上がれるかどうかで相手からの印象は大きく変わります。そのためには女性に共感される話題をたくさん持っておくのが大事。今回の記事は、読んでおいて・見ておいて良かったと思える、女性との会話ネタになるものを紹介していきます。

今回ライティングさせていただいているライターのriopochaxxです。突然ですが、いざ気になる女性と会話したい!というときに、思うように会話が続かない…なんてことはよくありますよね?そんな事態を避けるために、女性とうまく会話が続く「ネタ」があるととても便利。私たち女性からしても、会話をしていて楽しい男性は魅力を感じるものです。

今回は、女性との会話に困らないために押さえておきたい、ネタとなる話題について紹介していきたいと思います。

女子との会話を盛り上げるのに一番大事なのは引き出し

会話の引き出し

女性との会話を盛り上げるには、会話の引き出しが多くないといけません。引き出し=話題が多いと、どんなタイプの女性とでも会話がしやすく、相手からどんな返しがきても対応することができます。

男性と女性とでは考え方の違いもありますが、共通する話題はあります。それを見つけられれば、自分自身も会話がしやすく、女性も自分に興味を持ってくれるはず。「この人、男子なのにすごく話が合う!」と思ってもらえれば、好感度がぐんと上がります。

男性でも話やすく、女性が食いつく話題とは

女性が食いつく話題

おすすめの会話ネタは、男性でも話しやすく、女性も興味を持てる話題です。

そんな条件にぴったりの話題は、【バラエティ、芸能人、ドラマ、映画、マンガ】の大きく分けて5つ。これら5つの話題は、情報取集もしやすく男性にとってハードルが低くいうえに、女性がしっかりと食いついてくれることが多いです。また、男性が詳しく知っていても違和感がないという点も、おすすめの理由です。

5つすべてのジャンルにおいて言えることは、旬のものや大人気のものは、盛り上がりやすいのでより抑えておきたいということ。また世代が同じであれば、その世代ならではの話題などを持ち出すことでさらなる共感を誘うことができるでしょう。

一般教養として押さえておきたい女性からウケる会話ネタ

それでは、それぞれのジャンルで押さえておきたい具体的なネタを紹介していきましょう。

押さえておきたいバラエティ

バラエティ

夜7~10時頃のゴールデンタイムにやっているものは、たくさんの人が見る時間帯なので、共通の話題をつくりやすいです。

私がおすすめするバラエティ番組は、「ザ!鉄腕!ダッシュ」「しゃべくり007」「世界の果てまでイッテQ」などの、誰でも気軽に楽しめる人気番組です。これらの番組は、視聴率ランキングの上位を常にキープしています。あまりテレビを見ない方でも一度は見たことがあるかもしれません。

前日に同じ番組を見ていれば、最新のネタで盛り上がることができます。またバラエティは、ドラマのように短期間で終わることが少ないので、相手の女性がふだん見ている番組をあらかじめ聞いておくと、長い期間で共通の話題ができそうです。

さらに、バラエティ番組には旬の芸能人が出ることが多いので、彼らの情報についても知識が深まり、より会話の幅が広がるというメリットもあります。

押さえておきたい芸能人

芸能人

男性側からすると悔しいことかもしれませんが、「イケメン俳優」の話題は女性の間でとても盛り上がりやすいものです。ここは悔しさをぐっとこらえて、多くの女性が反応するイケメンを押さえておきましょう。

とりあえず、「菅田 将暉」「坂口 健太郎」のふたりを押さえておけば間違いありません。このふたりを、どちらも「嫌い」と言う女性に出会ったことがありませんので(笑)。

2016年の上半期ブレイク俳優の上位にランクインしているこのふたりの共通点といえば、カッコよさというよりも、可愛らしさです。イケメン俳優なのに可愛いというギャップに女性は弱いみたいですね。

2016年に大ヒットした「逃げるは恥だが、役に立つ」に出てくる次のセリフがまさにそれを証明しています。

カッコイイの場合カッコ悪いところを見ると幻滅するかもしれない。でも、カワイイの場合は何をしてもカワイイ。カワイイの前では服従、全面降伏なんです!

このように、現代の女性には可愛さのある男性が受けるみたいです。「山崎賢人」や「岩田剛典」も、同じくかわいらしさを兼ね備えている芸能人ですね。

ということで、可愛らしさのある俳優さんの特徴を抑えていくことで、いざ俳優さんの話題になったときに、女性の会話にもついていけて一緒に盛り上がることができます。

押さえておきたいドラマ

ドラマ
出典:GATAG ※著作者
vanhoeckequinten

男性に比べると女性はドラマ好きが多いです。数カ月で終わってしまうドラマは、その時期にグンと盛り上がりがあるので、先ほど出てきた「逃げるは恥だが、役に立つ」のような高視聴率ドラマはなるべく見るようにしておきましょう。

人気のドラマほど、終わった後でも話題性があるので会話にも取り入れやすいです。さらに、名シーンや名台詞をチェックしながら見ると、話題により具体性が出て良いです。

ドラマをたくさん見ることによって、俳優さんや女優さんにも詳しくなるので、さらに会話の幅が広がるともいえます。

押さえておきたい映画

映画
出典:GATAG ※著作者Forsaken Fotos

押さえておきたい映画というだけで頭に浮かんだ方もいるかと思いますが、2016年に大ヒットした「君の名は。」など、その時期話題になったものはもちろんおすすめです!大ヒット映画は、その後もテレビで放送されたりと話題性がつきません。

映画の場合はドラマと違って、旬なものを知りたい場合、映画館に見に行かなければならないという手間があります。映画は見るけど映画館にはあまり行かないという男性は、時期など関係なしに大人気のジブリや海外ものの名作映画を押さえておくと良いでしょう。ジブリ作品を1つも知らないという女性はなかなかいないはずです。

映画のジャンルはとても幅広いので、「どんな映画が好き?」といった会話から始まり、好きな「ジャンル」の話題へと持っていくと、それだけでたくさんの会話ができます。会話が弾み好きな映画で意気投合すれば、映画デートなんかも期待できそうです。

押さえておきたいマンガ

マンガ

漫画というと男性のイメージが強いですが、漫画を読む女性は意外にも多いのです。特に10代20代は、漫画を読む量が男性と大して変わらないのだとか。ただし、女性が読む漫画の多くは少女漫画なので、やはり男性が話題を作るのは難しいもの。少女漫画だけど男性が知っていてもおかしくない、男性でも読みやすい作品を押さえておくのがおすすめ。

ここで紹介したいのは「orange(全5巻)」と「俺物語!!(全13巻)」。どちらも人気作で、映画化されていることもあり、より会話が膨らむかと思います。またこの2つの作品は「巻数が少ない」というのもポイント。普段は少女漫画を読まない男性でも気軽に読めます。

漫画の会話で盛り上がり、貸し借りなんかもできると、会話する機会も増やすことができます。

男同士の会話も大切にする

男性女性関係なしに、会話というものは大事なことです。女性と話すことは男同士で話すことの延長線上にあるので、男同士の会話も大切にしていきましょう。男同士で話すときにでてきた会話ネタや会話術は、女性との会話の中でも生かすことができるはずです。

それでは、今回の記事を参考に女性との会話をより盛り上げ、楽しめるように頑張りましょう!

この記事の記者

著者名
著者プロフィール
二十歳を前に結婚をし、現在は三児の若ママ。過去の恋愛経験&女性としての気持ちを取り入れつつ、恋愛コラムライターをやらせていただいています。