トリクルマガジン アゲろ、男子力!

付き合う前に手をつなぐのってアリ?そのタイミングは?

カテゴリー
恋愛
投稿日
2017年1月17日
手をつなぐタイミング

付き合う前との相手とのデート。せっかくなら少しでも相手との距離を縮めたいですよね?例えば「手をつなぐ」。恋愛対象として意識させるという意味でグッと距離が近くなるものです。今回は、「でも、付き合う前につないでいいもの?」「タイミングがわからない」などの疑問にお答えします。

恋愛コラムライターの沢田七海です。恋人同士になったら当たり前のようにつないでいる手…。でも、付き合う前に手をつなぐタイミングはとても難しい…と思われている方は少なくないはず。あと数センチ指を伸ばせば彼女の手がつなげるのに、その数センチを進むことに「大きな壁」があるように感じてしまうのかもしれませんね。

人懐こいタイプの人は、自分が少しでも好意を持った相手に対して、躊躇なくスムーズに手をつなぐこともできるかもしれませんが、「触れても良い権利」と思えるような「恋人」という資格がない状況の中では…手をつなぐことへ一歩踏み出す勇気が足りない人の方が圧倒的に多いでしょう。

好意を持っている相手、恋人の確約はまだないけど、自分の中では可能性を期待してしまう相手、そんな彼女と手をつなぎたい気持ちが大きくなる中、付き合う前に手をつなぐことは「アリ」なのです。しかし、そのタイミングが重要になってきます。

相手の気持ちを考えることなく、気持ちが先走ってしまうことで「早すぎる失敗」を経験してしまうかもしれないからです。ゆっくり時間をかければ成就するかもしれない2人の関係を、ほんの少しのタイミングのずれで失ってしまうのは…本当にもったいないことです。

また、その見極めが分からず、好きな彼女との関係がなかなか発展しないことで、彼女の方があなたのことを「恋人になる相手」としては見切りをつけてしまう可能性も0ではありません。付き合う前に手をつなぐタイミング…簡単なようで難しいものですが、ポイントさえ掴めば素敵な恋愛生活をスタートさせるきっかけになることは間違いないのです。

付き合う前に手をつなぐのはアリ?ナシ?

手をつなぐのは有りか無しか
出典:GATAG ※著作者Leo Hidalgo (@yompyHERE)

アンケートでは54%の女性が付き合う前の手つなぎ以上がアリと回答しています。冒頭でもお話しましたが、付き合う前に手をつなぐことは「アリ」です。正確に言えば、「相手の反応を見るという意味でアリ」ですね。

基本的にはナシという気持ちを持っているのですが、好意を持っている相手であればアリというのが女子の本音です。交際前には指一本触れないという硬派な男性も人によっては魅力になるかもしれませんが、自由恋愛が主流となる現代社会では、あまりに何もしてこない男性に対しては「つまらない」「期待が持てない」「恋愛関係になる可能性が見えない」と思ってしまう女性は多いのです。

せっかくお互いに良い雰囲気になっていたとしても、手をつなぐくらい距離を縮めようとしないと…実る恋も実らなくなってしまうようなケースは…案外よくある話です。付き合う前に手をつなぐということは、少しハードルが高いと思ってしまう男性は多いかもしれませんが、そのハードルを越えなければ「相手の女性にあなたの好意」が伝わらない可能性もあるからです。

「手も握らないなんて、私のことを異性として意識していないのでは?」と思った女子は、「自分のことを異性と意識してくれる別の相手」を探したくなってしまう心境にもなることを理解しておきましょう。女子は蝶々です。自分の喉を満たしてくれる甘い蜜がない花に…いつまでも止まっていることはありません。待てど暮らせど…ただ咲いているだけの花より、他に自分を満たしてくれる花を探したくなるのは女心です。

付き合う前の手をつなぐタイミング

恋愛テクニックの1つとして「駆け引き」があります。押して押して引く、じらしてじらして押す…というね。

しかし、この手法は…通用する相手と、全く通用しない相手にきっちり分かれてくるので、とても大きな賭けになってしまうでしょう。彼女の性質を理解しきれていないのであれば、あまりおススメできない方法ですね。女子はじらされ過ぎることに対して「怒りに似た感情」を持ってしまう人が多いからです。

多くの女子は「自分を見てもらいたい」という気持ちを持っています。一見、そんな風に見えないようなサバサバしたタイプであっても、心の奥底に隠し持っているものです。そのため、デートを重ねていく中で告白もなければ手を繋ぐことすらしない相手に対して…「飽き」が芽生えてくる危険性が非常に高いのです。

このようなことから、遅くとも3回目のデートまでには手をつなぎたいところです。相手に「自分は恋愛対象じゃないのかな?」と思われてしまってはいけません。あなたの恋愛対象ではないと感じた女子は、デートを重ねることに不安な気持ちを持ちます。

「どうして私は可能性のない人とデートしているのだろう」「どうして彼は私と一緒にいるのだろう」と。そして…この不安が解消されないまま時間が過ぎることで苛立ち始めるのです。聞こえが悪いかもしれませんが、女子は「損得勘定」で時間を分割した生き方をします。無駄な時間を使いたくはないのです。何も得られない時間を嫌うのです。あなたからのアクションが一切ないようなデートでは、「もういい!」と、そのままさよならを迎える確率が高くなってしまう要因になってしまいます。

初デートで手をつなぐタイミング

初デートで手をつなぐタイミング

初デートで手をつなぐ場合、「さりげなく自然につなごう」と考えることはやめましょう。好意を持った彼女との初デートのときには、前日から「せめて手をつなぎたい」と考えてしまう気持ちは分かります。しかし、初めて2人でデートをすることを忘れないようにしていただきたいですね。

「初めて」は誰しもが緊張し、少しの不安を抱えているものです。そんな状況で、どんなにあなたがさりげなく…と思っていたとしても、彼女にとっては「いきなりの行動」になります。あなたの頭の中では何度もシミュレーションをしていたかもしれませんが、彼女にそのシミュレーションは分からないことです。

初デートで手をつなぐタイミングとしては、少し2人の時間に慣れ、デート中盤から終わりにかけた頃「手をつないで良い?」「手をつなぎたいな」と、一声かけることがポイントになります。彼女に事前に確認を行うことで、「紳士」なイメージを持たせることができるため、よほどの恥ずかしがり屋でもない限り、すんなり手をつないでくれるはずです。

2回目のデートで手をつなぐタイミング

2回目のデートで手をつなぐタイミング
出典:GATAG ※著作者攝到掛

さりげなくつなぐ…には少し早いかもしれませんが、彼女の様子次第です。まぁ、1回目同様、「手をつなぎたい」という事前確認を行うことには問題ありません。

1回目には何もアクションがなかったデートであれば、2回目で「何かしらのうっすらとした期待」を持っている女子は多いので、彼女があなたも感じるくらいに好意的な状況で、あなたの何気ない話も目をしっかり見つめてくれたり、相槌を打ってきちんと聞いてくれるような状態であれば…そのままのムードを壊さないように配慮しながら…すっと手をつなぐというのも良いですね。

少し距離があるような感じがするのであれば、一言、事前確認を入れて様子を見る保険を入れても良いでしょう。

3回目のデートで手をつなぐタイミング

3回目のデートで手をつなぐタイミング
出典:GATAG ※著作者jlehmann78

3回目のデートであれば、一緒に歩いている途中でさりげなく手をつなぐ方法がベストですね。

初デートでは彼女の気持ちを全く考えていない「あなたの勝手な行動」として引かれてしまったり、警戒されてしまう危険性もありますが、2回のデートであなたとの距離が縮まったと感じている彼女は、急につながれた手にあなたの好意を感じることでしょう。ほとんどの女子は、今までのデートで何もアクションが無かった場合、このタイミングを秘かに待っているものです。

あなたに好意を持っていなければ、3回も2人きりで会うことはしません。嫌われていることはまずないので、さりげなくつないだその手を…振り払われることもないでしょう。何気ない会話をしながら歩いているときに、急につながれた手は、あなたの「男らしさ」を演出してくれるでしょう。これが3回目のデートの最もベストな手をつなぐタイミングになります。

手をつないだ時、どんな反応をするかで相手の気持ちを予測する

付き合う前の3回目のデートまでに手をつなぐことができたとしても…それが恋人になれるサインではありません。あくまでも「その場の雰囲気では良かった」という一時的なものに過ぎないのです。ノリ…とも言いますね。

しかし、そんな一時的な状況であったとしても彼女がどんな反応をしているかによって、その先の2人の関係の将来性を見極めることはできます。相手があなたに対してどのような反応をしているかにより、「友達として好意を持っているのか」「恋人候補として好意を持っているのか」の大まかな判定はできるものです。

彼女の方からもスキンシップ=あなたのことが好き

彼女の方からもスキンシップ
出典:GATAG ※著作者olfiika

つないだ手を強くにぎり返してきたり、つないでいない反対の手でもあなたの腕に触れてきたり…。あなたが「彼女の手をつなぐ」というスキンシップを起こしたことにより、彼女の方からもあなたへスキンシップのお返しのような反応が見えるとき。それはまさに、あなたと「付き合いたい」「付き合っても良いかな」という異性としての好意を強く持っている状況になります。恋人になれるのは時間の問題…である確率が非常に高い反応ですね。

恥ずかしそうに微笑む=異性として意識はしている

恥ずかしそうに微笑む

「恋人候補の1人」であることに自信が持てる反応ですね。ただ、もしかしたら不特定多数の中の1人かもしれません。他に候補がいなくとも、彼女の中で「付き合いたいほどの好意」があるかと言ったら…そこまでの気持ちはない状況かもしれません。ただ、「恋人としてはアリかな」という曖昧な感情であることは期待しても良いでしょう。

特に感じ取れる反応はなくとも手は離そうとしない=友達と思ってたけど希望アリ

特に感じ取れる反応はない
出典:GATAG ※著作者Juz.Andy

びっくりしたり、おどけたりするような反応をしても、つながれたその手を離さないのであれば…あなたは彼女の中で「友達以上恋人未満」の位置にいることが考えられます。彼女の中で見極めを行っている最中なのでしょう。デートを重ねていく中で、あと一歩、彼女の心を掴むことができれば…友達から恋人候補へ昇格する可能性が十分にある状況です。

つないだ手を離される=ただの友達で希望ナシ

つないだ手を離される
出典:GATAG ※著作者Kẻ Săn Mồi

デートをOKした相手なのですから、眉をしかめて思いきり振り払われることはないでしょう。ただ、彼女の中で「2人で過ごすのは問題ないけど、友達として」という意識がはっきりしている場合、笑いながら「やめてよ~」という感じで離してくるでしょう。その場合には、残念ながらあなたは彼女の恋人候補ではないということになります。異性の気が許せる友達…という枠に納められていることになるでしょう。

付き合う前の相手と手をつないだら、そのまま告白してもOK

もし、手をつないで…彼女の反応が悪くなかったらそのまま告白してしまいましょう。せっかく手をつなぐ距離まで縮めることができたのであれば、きちんと「言葉」で伝えることが重要になります。

手をつなぐという「態度でのアクション」ができたときに、「言葉でのアクション」がなければ、その先、告白のタイミングが分からなくなり、付き合っているのかいないのか分からないような「なぁなぁの関係」になってしまう危険性があります。もし、彼女の反応が悪かったとしても…告白をすることで相手の気持ちに変化が出る可能性はあるので、思い切って告白してみてるのも良いかもしれませんね。

女子の中には「言葉が先」と思っている人も少なくありません。「手をつなぐ前にきちんと言葉での意思表示がほしい」と思うタイプであれば、言葉もなしに手をつながれたことで反応が悪くなっている可能性も考えられます。相手の気持ちを見極めることは大切ですが、「本心」を見抜くことは正直言って無理です。

ただ、嫌いな相手であればデートなんてしないので、彼女がデートに応じてくれたことに自身を持ち、手をつなぐタイミングをあなたなりに考えて行動したのであれば、そのときが「告白のタイミング」であるかもしれません。人生では何を置いても「タイミング」が要になっているものだと思います。

あなたの中に「タイミングの波」を感じることがあるのであれば、その結果を問わず、「あなたの人生のタイミング」になるでしょう。人は「してしまった後悔」より、「しなかった後悔」の方に大きな悔いが残ると言われています。あなたの人生、少しでも悔いが残らないよう…タイミングをしっかりと見極めることができるよう意識していきましょう。あなたの人生を左右させるのは、あなた次第になるのですから!

この記事の記者

著者名
著者プロフィール
昼はOLをしながら…夜は歌舞伎町・六本木・銀座ホステスの二重生活を5年間。多くの恋愛を経て、イケメン旦那と結婚。現在は恋愛コラムライターとして活動中!!一般書籍となる恋愛小説、恋愛エッセイ著作あり。