トリクルマガジン アゲろ、男子力!

「最近、彼女とマンネリ気味で…」な人に贈る、マンネリ解消法

カテゴリー
恋愛
投稿日
2016年12月25日
「最近、彼女とマンネリ気味で…」な人に贈る、マンネリ解消法

付き合いたてのころは彼女と毎日電話したり、週末には必ずデートしてたのに、最近は倦怠期なのかマンネリ気味で、会話も盛り上がらない。そんな悩みを抱えている人は多いと思います。今回は、彼女とのマンネリ解消法・防止法について解説します。

恋愛が始まるあの時のドキドキ。好きな人と一緒にいられる喜びに、好きな人と愛し合える幸せに…誰しもがこんなときがずっと続けば良いと本気で思ったことでしょう。長く一緒にいることで得られ新しい幸せもありますが、あまりに近すぎる関係に「慣れ」が出てしまうのも仕方のないことなのです。そう、その人間の習性もというべき慣れが生み出すものが「マンネリ」です。 気持ちが冷めた訳ではないけれど…どうしても抜け出せないマンネリに、そのまま別れを選択することも珍しい話ではありません。また、交際期間が長いカップルの中でマンネリ期間を経験しない…と言う方が圧倒的に少ないでしょうね。

今回は、大好きなはずの彼女とのマンネリ解消し、この先も楽しい人生を2人で築いていくために大切な要点を、恋愛コラムライターの沢田七海がご紹介していきたいと思います。相手を変えなければ「新しい風」が起きないのではありません。あなた自身で変えることができるのです。

なぜ1年以上付き合うと彼女とマンネリ化してしまうのか?

そうですね、簡単に一言で言うと、「予測ができてしまうから」でしょう。長く一緒にいると、大体その相手がどんなパターンの言動をするか、こう言ったらこう反応するなどがわかるようになるものです。一緒にいる時間が長くなればなるほど、「どう思うか」という思考まで分かってきてしまうこともあるでしょう。予想のつく行動に対して、あなたの対応もパターン化することにより「相手に対しての慣れ」が生じます。その後、2人の関係に予想外のことが起りづらくなることで、好奇心が刺激されなくなり…結果的に「新鮮さが無い(=マンネリ)」と感じてしまうという流れが出来上がってしまうのです。

しかし、デートコースや話す内容・セックス等、こちら側の引き出しにも限りがあるため…「新しいこと」を相手に提供するのが難しくなってくることが現実です。パターンは出尽くしてしまいますからね…。同棲をしているカップルはなおさらでしょう。お互いの状況だけではなく、「相手の生活感」が全て見えてしまうことで…恋愛のドキドキを感じることが薄れてしまうことで、「恋人」という認識すらも今一ピンとこないような、とても危険な状況に陥ってしまう可能性も高いのです。

彼女との倦怠期・マンネリを解消する方法

大好きだからこそ一緒にいたい、一緒にいるからこそマンネリが起きる…。理解はできる仕組みですが、何とも理不尽な仕組みですよね。恋愛を始める度に、「付き合い初めの、今のこのドキドキを瞬間冷凍したい…」と思う人は、それだけ恋愛経験を重ねてきた人でしょう。あのときの感覚は、本当にあのときのものだと実感することができるからです。しかし、一緒にいることで引き起す可能性の高いマンネリは、決して打開できないものではないはずです。これから…今、まさに倦怠期でマンネリを感じているという方に、それを解消する方法のポイントをご紹介していきます。

いつもとはちょっと違うデートをしてみる

いつもとはちょっと違うデートをしてみる 今さら…と思うかもしれませんが、流行りのデートスポット情報誌を見たり、恋人のいる友人のデートの話を聞いたり、「外からのデート情報」を仕入れてみましょう。

自分たちだけのデートは有限なので、どうしても「いつもの場所」「いつものコース」になりがちです。彼女をデートに誘ったとき、いつもの慣れ親しみ過ぎたデートを想像していた彼女にとって、今までになかった内容のデートだったとき、きっとテンションは上がるはず。「そういえば、彼女はすごくうれしいときにはこんな素敵な笑顔をしていたなぁ」と、忘れていた彼女の魅力を再確認することができるでしょう。

今まで行ったことがない場所へ旅行の計画をしてみる

今まで行ったことがない場所へ旅行の計画をしてみる 2人の資金、時間、希望を考慮しながらも「行ってみたいとは思っていたけれど、なかなか行けなかったような場所」への旅行計画を立ててみてください。2人であれこれ調べたり、準備をしていく中で、日常にはなかった新しい風が吹くこと間違いありません。何かを2人で協力して相談しながら計画を立てていくことで新しい会話も増え、一緒にいる時間が楽しくて仕方ない気持ちにさせてくれるはずです。

実際に旅行へ行き、帰ってきてからも…そこには思い出話をする楽しい時間も待っています。旅行後にいつもの日常へ戻るときも、「旅行も良かったけど、こうした何気ない日常も落ち着くな…」と、マンネリしていた生活にさえ新しい気持ちが芽生えてくるものです。

お互いのことを気にせず、思いっきり友達と遊んでみる

お互いのことを気にせず、思いっきり友達と遊んでみる 「いったん離れる」という手法ですね。別れるという意味ではありませんし、距離を置く、という意味でもありません。1週間とかの期間を決めて、「恋人よりも友達優先」の時間を作ってみましょう。友達メインの時間を過ごしていくうちに、恋人への懐かしさや愛情がどんどん増えていき、いつも一緒にいることにマンネリを感じていた関係であったはずなのに…「早く会いたい」という感覚がでてくるでしょう。

たった数日、数週間であっても、恋人と会ったとき、2人の間には「新鮮な空気」が流れているはずです。いったん離れることで、お互いの関係・愛情を再確認する時間もできるので、長年付き合っているカップルには、こうした時間も必要なのではないでしょうか。

セックスの時間帯、場所を変えてみる

セックスの時間帯、場所を変えてみる 同じ相手とのセックスもパターン化されていきます。夕食を食べてからセックスをして寝る…とかね。ここで、朝からラブホテルへ行ってみたり、お昼ごはんの後に寝室ではなくリビングでセックスをしてみたり…。「いつもの時間帯」「いつもの場所」を変えることで、同じ相手とのセックスにも新しい刺激が生まれてきます。コスプレをしてみたり、役割を決めてごっこ遊びをしてみたり…。慣れでしていたセックスを「2人で楽しむ」という意識を持ってみてください。お互いに「変化のある楽しみ」を提供しあうことは、マンネリ打開の重要なカギになること間違いありません。

また、楽しく心地の良いセックスは…女性を美しくさせるので、綺麗になっていく彼女を見ていくのも…あなたの新しい楽しみの1つになるかもしれませんね。

結婚も考えてみる

結婚も考えてみる 恋人として倦怠期を迎えたとき。もしかしたらそれは「恋人から夫婦」になるタイミングかもしれません。タイミング的にそう悪くない状況で、マンネリ状態でも別れる気もなく、これからもずっと一緒にいると思うのであれば…結婚を考えてみるのも良いでしょう。

結婚は2人の新しい関係のスタートです。思い切ってプロポーズをしてみることも検討してみましょう。プロポーズをされた彼女には、あなた以上に大きな新しい風が吹き渡るものです。「こいつ、やっぱり可愛いな、だからずっと一緒にいたんだよな…」と、はしゃぐ彼女を見ながら、あなたの中に暑いものが込み上げてくる可能性も十分に考えられます。

彼女との倦怠期・マンネリを防止する方法

付き合いホヤホヤのカップルからすれば、マンネリが来ることなんて信じられない事態でしょうね。「こんなに愛し合っている2人なのだから、マンネリになることなんてありえない」と言い切る新米カップルも多く見かけます。本当に長い年月を重ねていっても…マンネリになることなくラブラブカップルでいられる場合もあります。そんなカップルは、無意識のうちに「倦怠期・マンネリ防止」になるような上手な付き合い方をしているのでしょう。

ただ、そんなカップルはごく一部です。8割以上のカップルは恋人とのマンネリを経験しているそうなので、「自分たちは絶対に大丈夫」…なんて高をくくらずに、付き合い初めからマンネリにならないよう意識を持っていくことをおススメします。後から後悔するのは時間の無駄ですから。できるだけ早く情報を仕入れ…万が一の状況にならないよう備えておくことに決して損はないはずですよ!

では、これから「倦怠期・マンネリ防止」となる3つのポイントをお話していきますね。今後の人生に活用していただけたら嬉しいです。

彼女の前ではいつもオシャレでいる

彼女の前ではいつもオシャレでいる 人間は慣れすぎた相手に対して「オシャレをして会う」ことをしなくなります。これもマンネリの1つです。元からオシャレ好きの人は、恋人だけではなく周囲の人間の視線を常に気にするため、常にオシャレを意識しているかもしれませんが、それでも慣れた人の前では手抜きが出てくるものです。

そこで、常に初めてのデートに行くような気持ちで、恋人のためにオシャレをすることを心掛けてみましょう。オシャレをすれば何割増しかでカッコよく見えます。あなたのオシャレに気付いた彼女も…あなたのために常にオシャレを意識してくるようになるでしょう。まぁ、正直、オシャレな人と一緒に歩くのに恥ずかしくない格好をしなければ…という、周囲の目を気にした「自分のため」のオシャレである確率も高めではあるとおもいますが、それでも…お互いにいつもオシャレを気遣えるカップルは、マンネリしにくくなると言われているので効果は期待できますね。

サプライズを定期的に取り入れる 

サプライズを定期的に取り入れる これはとても大事なことです。猛アピールをしてやっと恋人同士になれたにも関わらず…多くの男性は、最低限「誕生日」「クリスマス」だけ意識すれば、彼氏としての役目を果たした気持ちになっているケースが多いですね。マンネリしないカップルは、彼氏彼女のどちらか、もしくは両方が、「サプライズ」を意識しているそうです。

何の記念日でもないのにちょっとしたプレゼントを用意したり。別に高価なものでなくても良いのです。絵をかいたり等、何かの手作りプレゼントでも良いのです。物や形が重要なのではなく、相手はサプライズを用意してくれた「あなたのその気持ち」が嬉しいのですから。

「いつも自分のことを考えてくれているんだなぁ」ということを実感すればするほどに、相手のことが愛おしくなり、自分も何かしてあげたい気持ちになっていくのです。マンネリする暇がありませんよね、だって…時折、サプライズという愛情のこもった新しい風が吹いてくるのですから。

「当たり前」だと思わないこと

「当たり前」だと思わないこと 好きな相手が彼女になってくれたこと、一緒にいてくれること、自分のために何かをしてくれたこと…これらすべてのことを「当たり前」だと思わないように、常日頃から意識を叩きこんでおきましょう。慣れてくることで、彼女がいて当たり前の空気が流れてしまうのはマンネリの大きな原因になります。

「いつものこと」であっても、絶対不滅のことではありません。いつかあなたの手からこぼれ落ちてしまうかもしれないのです。それは明日かもしれないのです。人生は何が起きるか分かりません。今までなかったものが手に入ったときの喜びは…残念なことに手にしたときからどんどん薄れていくでしょう。しかし、手にあったものを失ったときには…当たり前のことへの感謝不足を後悔しながら…失った瞬間からどんどん悲しみが強くなっていくものです。

彼女に対してどんな些細なことでも「ありがとう」の気持ちを持つことは、マンネリ防止効果、そして…彼女を失うことなく、これからも2人で一緒に過す幸せな時間を維持するために必要不可欠なポイントになるでしょう。

それでも彼女とのマンネリが解消しなかったら…

いかがでしたでしょうか。今回ご紹介した内容は、マンネリカップルにはどれも効果的なものばかりですので多くの方の参考にしていただけると思います。しかし…あなたなりに努力をし、いろいろ解消法や防止策を駆使したとしても…それでもマンネリしてしまうようだったら、もしかすると彼女とあなたは「合わない」のかもしれません。

これは2人が最初に感じあったドキドキや、お互いを好きだと思う気持ちを否定する話ではなく、ただ「ずっと一緒にいる相手としては合わない」というだけの話です。本当は、なんとなくお互いに「自分たちは合わないのでは?」と思っている場合。そんな思いを抱えながら、だらだら関係を続けるのは双方にとって損以外の何ものでもありません。長年一緒にいた恋人ですから、そう簡単に「はい、さよなら」と言う訳にもいかないと思いますが、片方が努力しても相手が応えてくれない、現状が変わらない…のであれば、「別れる」という決断も必要かもしれません。

この記事の記者

著者名
著者プロフィール
昼はOLをしながら…夜は歌舞伎町・六本木・銀座ホステスの二重生活を5年間。多くの恋愛を経て、イケメン旦那と結婚。現在は恋愛コラムライターとして活動中!!一般書籍となる恋愛小説、恋愛エッセイ著作あり。