トリクルマガジン アゲろ、男子力!

クリスマスまでに彼女をつくりたいあなたへ!モテ期プロデューサー荒野が教える「一問一答式」クイックレスキュー Vol.2 お誘い編

カテゴリー
恋愛
投稿日
2016年12月9日
クリスマスまでに彼女作る

今年もクリスマスがやってくる!毎年「来年こそは彼女とクリスマスを過ごしたい…」と思いながらも上手くいかない方、まだ諦めるのは早いです。最短2週間で彼女を作り、素敵なクリスマスを過ごすための方法をモテ期プロデューサーの荒野さんが伝授!

こんにちは、モテ期プロデューサーの荒野です。

誰でもクリスマスまでに彼女を作って最高の思い出が作れる「一問一答式」クイックレスキュー連載第二回です。

この連載は、上記の目的を達成するためにどんな行動をすればいいのかを「一問一答形式」でお届けしています。 問題を見てすぐに答えを見るのではなく、まずは自分の頭で考えてみてください。そうすることで、よりForever Loveなクリスマスに近づくことができます。

連載についての説明は、第一回の記事にも詳しく書いてあるので、こちらもぜひご覧になってください。

今回は「お誘い編」

デートに誘う

第二回の問題に行く前に、今回のテーマについて概要をまとめておこうと思います。

「お誘い編」と題している通り、知り合った女性をデートに誘ったり仲を深めたり、彼女になってくれそうか見極めたりするのが今回の目的です。

前回の記事の最後の問題でもデートに誘うためのテクニックについて触れましたが、これはあくまで「初デート」の誘い方。2回目、3回目のデートに誘うやり方はまた少し変わってきますし、さらには少しずつ「クリスマス」を意識させるための工夫も必要になります。

また、とにかくクリスマスは目前なので、デート以外でも電話やLINE、詩吟などありとあらゆるツールを用いて相手との接点を持つことが重要です。そのためのテクニックについても踏み込み、女性ウケ抜群の記事を展開していきます。

Q2-1. デートに誘い出すためのメールは?

メール

最初の問題は4択です。以下から正解を選んでください。

Q2-1. デートに誘い出すためのメールは?

①今度デートしてください。
②休みの日何してる?
③クリスマス暇?
④今日天気いいですね。

それでは、シンキングタイムスタート!

考える人1

考える人2

考える人3

正解と解説

荒野さん

正解は…
②休みの日何してる?
です!

まず、ここでいう「デートの誘い」は通常とは違うということが大前提としてあります。私たちの最終目的は「クリスマスに彼女(またはそれに近い女性)と過ごす」ことですから、デートへの誘い方から少しずつ相手に「クリスマス」を意識させなければならないのです。

そこで有効なのが「休みの日何してる?」という質問。この質問をきっかけとして、多少無理があったとしても話題をクリスマスに展開していくのです。できればユーモアを交えて。

例えば、流れとして以下を参考にしてみてください。

あなた:休みの日何してる?

相手:うーん、友達と飲みに行ってるかなー。

あなた:そうなんだ、どんなところに行くの?

相手:えーたいしたとこじゃないよー焼き鳥屋さんとか。

あなた:焼き鳥屋、めっちゃいいね!もうすぐクリスマスだしね!

相手:いや、全然関係ない(笑)

あなた:いやいや、クリスマスといえばチキンが恋しくなる季節じゃない?

相手:ちょっと違うしー(笑)

このような流れで、唐突にクリスマス、というワードをぶつけてみてください。この無理やり感がいい具合にユーモアとなり、距離を一気に縮めることができます。ポイントは、相手が何を言おうがクリスマスにこじつけることです。ロジックは破たんしていてかまいません。距離が縮まれば、デートに誘った際の成功率も飛躍的に上がります。

また、もうひとつポイントとして、このあたりのメールで「ため口」に遷移していくことが重要です。何かを伝えるとき、その内容はもちろん大事なのですが、同じように大事なのが「伝え方」です。いつまでも敬語だと、何か他人行儀で心の距離は近づかないもの。一度デートをした仲であれば、そのデート中に「もうため口でいいよ(笑顔)」と提案し、親しい雰囲気をどんどん出していかなければなりません。

Q2-2. デート中気を付けることは?

デート

次は穴埋め問題です。以下の(    )内を埋めてください。

Q2-2. デート中気を付けることは?

(    )訳ではないアピールをする。

それでは、シンキングタイムスタート!

考える人1

考える人2

考える人3

正解と解説

荒野さん

正解は…
(焦っている)訳ではないアピールをする。
です!

具体的には、「クリスマスdisり」をすることで焦っていないアピールをすることができます。「なんか街は盛り上がってるけど、日本人なんだからホントは関係ないのにねー」「なんかこの季節になると急にカップルが増える現象、なんなんだろうねー」などの会話です。

このようにクリスマスにダメ出しをすることで、「あ、この人クリスマス前だからって必死になってないんだ」といった印象を与えます。余裕を見せることで、相手よりも有利な立場でコミュニケーションを取ることができるのです。なにせ、(特に1記事目のQ1-3で紹介したような相手であれば)彼女たちは「焦って」いることが多いのです。自分が焦っているときに、隣に全然焦っていない人がいたらすごく印象がいいですよね。

ただし、このクリスマスdis、絶妙なニュアンスが非常に大事です。「クリスマス直前にカップルになるようなリア充は爆発すればいい!」、「もはやクリスっていう名前のやつも爆発しろ」のようにdisり具合が理不尽なレベルになってしまうと、逆に焦っている印象になってしまうのでご注意ください。

Q2-3. いつ電話を掛ければいいでしょうか?

電話

次は電話に関する4択問題です。以下から正解を選んでください。

Q2-3. いつ電話を掛ければいいでしょうか?

①朝の出勤前
②昼休みの時間
③会社が終わる時間
④夜寝る前

それでは、シンキングタイムスタート!

考える人1

考える人2

考える人3

正解と解説

荒野さん

正解は…
④夜寝る前
です!

今、季節は冬真っ盛りです。気温も低く、家にひとりでいるとなんとも寂しい気持ちになるものです。布団に入ってもひとり。ひとたびSNSを見ればリア充&リア充of theリア充で溢れかえり、むせび泣く。冬の独り身は、心も体も、寒く寂しいものなのです。

そんな「寂しい」ときに電話をかけて楽しい会話ができれば、彼女にとってあなたは「心温まる存在」「愛しくて切なくて心強い存在」という位置づけとなれるのです。

ただし、一応電話する前に確認のメールは入れておきましょう。寝ているときに電話されるとイラッとし、最悪の場合「口噛み酒を造れ」とキレられる可能性もあるので、「まだ起きてる?」とメールを入れましょう。

Q2-4. どの話題が、脈アリ脈ナシの判断がしやすいでしょう?

話題

次も4択です。以下から正解と思われるものを選んでください。

Q2-4. どの話題が、脈アリ脈ナシの判断がしやすいでしょう?

①「もしおれと付き合ったら●●」
②「おれのことどう思ってる?」
③「元カレとなんで別れたの?」
④「この前見た●●って映画、すごくよかったよ」

それでは、シンキングタイムスタート!

考える人1

考える人2

考える人3

正解と解説

荒野さん

正解は…
①「もしおれと付き合ったら●●」
です!

●●には、「楽しいよ」とか「いい感じだと思うんだよね」などの内容が入るのですが、この話題を出すとほぼ確実に脈がありそうかなさそうかを見極めることができます。

脈がありそうなときは、この話題に対して前のめりな態度になり、「うん、そうかも」と肯定したり、少し恥ずかしそうに「いきなりどうしたの~」と戸惑ったりします。逆に脈がなさそうなときは、基本的には苦笑いをされます(涙)。

さらに、今回クリスマス直前という状況でこの話題は大きな威力を発揮します。すでにここまでの間で、Q2-2のように「クリスマスdisり」で盛り上がっているからです。「この人、あんなにクリスマスをdisっていたのに、急にどうしたんだろう?」という不可解な雰囲気が不思議と「魅力」に変わっていくのです。

通常よりも、脈アリとなる可能性が高くなるタイミングなので、ある程度デートを重ねたらこの話題を持ち出してみてください。

Q2-5. 最適な連絡の頻度は?

メールの頻度

最後も4択です。正解を選んでください。

Q2-5. 最適な連絡の頻度は?

①できるだけ多く
②1日10通程度
③朝と夜数通
④数日に1通

それでは、シンキングタイムスタート!

考える人1

考える人2

考える人3

正解と解説

荒野さん

正解は…
①できるだけ多く
です!

とにかく最短で仲良くなることが重要な今。メールが来て、少し時間を置いて焦らしたり、時間帯を気にする、みたいな駆け引きや気遣いは無用です。

メールが来たら即返信。とにかく1通でも多くやり取りをする、ということを意識してください。急速に距離を詰めるには、とにかく大量のやりとりが必要です。「まだ慌てるような時間じゃない」と悠長にメールをしているライバルは笑顔で蹴落とし、クリスマス当日に彼女と手を繋ぎながら展望デッキから見下してやりましょう。クリスマス直前のメールにおけるコミュニケーションは「電光石火」であるべし、と肝に命じておきましょう。

本日の記事は以上です。皆様がこの一問一答を実際にやってみて、楽しいデートをして相手との距離を縮めることを願っています。

次回の記事は、「クリスマス準備編」。クリスマスデートの誘い方や当日までにやるべきことを伝授します。それでは、また次回の記事でお会いしましょう。

【この連載の他記事】
Vol.1 出会い編
Vol.3 クリスマス準備編
Vol.4 クリスマス当日編

この記事の記者

著者名
著者プロフィール
月間100名以上の婚活男女と接し、常に最新かつリアルな婚活トレンドを把握。一切異性にモテることの無かった人生を変えるべく、25歳より本格的にモテ期創造の研究を始め、28歳よりモテ期プロデューサーとして業務を開始。 独自に編み出した”モテ期を自由に創り出す理論”により、個別プロデュースやセミナーを通して多くのカップルを創出。”自らモテ期を創り出し、モテ期によって自らを変えよ”をコンセプトに、男女の婚活・恋活に関する課題を解決し、将来の日本に幸せな家族をより多く生み出す事に人生を掛ける。