トリクルマガジン アゲろ、男子力!

オシャレでモテる!最新電子タバコ「VAPE/ベイプ」とは?

カテゴリー
ファッション
投稿日
2016年11月17日
電子タバコベイプ
出典:visualhunt

「VAPE/ベイプ」をご存知でしょうか?リキッドを水蒸気に変える電子タバコの中でもスタイリッシュな形状のものを指し、そのオシャレさが注目を浴びはじめています。もしかすると、今後タバコに代わって「カッコイイ」の代名詞となるかもしれないベイプの魅力とは?

「VAPE/ベイプ」を詳しく紹介する前に、ちょっと電子タバコの歴史に触れておきましょう。アメリカで電子タバコの特許が取得されたのは1965年。実用化がそれから約40年後の2003年なのを考えると、この間あまり注目されていなかったようですね。ですが、その後の世界的な禁煙ブームに背中を押されるように、電子タバコへの支持も拡大していきました。日本では2013年から発売されていましたが、本格的に人気が出てきたのは去年くらいからと言われています。

オシャレな電子タバコVAPE/ベイプの魅力とは?

ではベイプの魅力はどこにあるのでしょうか。ここで代表的な2つの魅力を紹介しておきましょう。ベイプが単なるタバコの代用品ではなく、むしろ現在のトレンドの最新アイテムと言われる理由が分かると思いますよ。

ベイプはいい匂いがする!

vape/ベイプはいい匂い
出典:vaporvapor

ベイプはリキッドを加熱することで発生する水蒸気を吸います。VAPE/ベイプの魅力のひとつめは、このリキッドのフレーバーが豊富なことが挙げられるでしょう。とくに女子ウケが良いのはフレッシュなフルーツ系や甘いスイーツ系のリキッド。他にもドリンク系やメンソール系のリキッドがあります。同じ種類でもリキッドのメーカーよって微妙に味わいが違うので、吸い比べてみるのもおもしろいですね。

また、日本では製造・販売が禁止されているため水蒸気にニコチンが含まれることがなく、「タバコの臭いがダメ」という女子にも受け入れてもらいやすいのではないでしょうか。もし恋人が「煙もダメ」というタイプの人なら、ベイプから出る煙の量を調節して使うことをオススメします。その他、副流煙の危険性や、部屋が汚れる心配がないことも魅力と言えるでしょう。

ベイプはモテる!

vape/ベイプはモテる
出典:Hovita.

ベイプの持つ2つめの魅力。それはなんと言ってもそのオシャレな形状です。発売当初に電子タバコの人気が伸び悩んだのは、従来のタバコと同じかたちをしていたからだと思えるほどです。吸うと先端が赤くなる第一世代の電子タバコを見たことのある人も多いのではないでしょうか。タバコの代替用というイメージが強くて、洗練されていない印象がありますね。

2014年に登場した第3世代の電子たばこは形状がよりスマートになり、アクセサリーのようなおしゃれアイテムとして欧米で人気が出始めました。現在は日本でもトレンドに敏感な人の愛用が増えているそうです。ポイントはやはり、モテアイテムとしても使えそうなベイプのフォルムにあると言えるでしょう。現代的な形状は男女問わず目を引くようです。

VAPE/ベイプの吸い方を解説

それではここからベイプの吸い方について、簡単に解説してみたいと思います。とくに難しいところはないので、初めてでもスムーズに吸えるようになれますよ。ここをマスターすることで、いち早くベイプのウンチクを語れるというメリットもありそうですね。

1.必要なもの

vape/ベイプ部位名称
出典:株式会社威風堂 HP

ベイプはリキッドを加熱することで水蒸気に変え、それを吸引する仕組みになっています。用意してほしいものはバッテリー、アトマイザー、リキッド。一般的にベイプの本体と呼ばれるのはバッテリーと アトマイザーにあたります。バッテリーがリチウム電池タイプの場合は、この他に充電器が必要になるので忘れずに揃えましょう。  

2.バッテリーを充電

バッテリー内蔵タイプはUSBに挿せば充電できます。コンセントから充電するときは変換アダプタを使いますが、電圧に注意して適切な端子を選んでください。取扱い説明書必読。

3.アトマイザーにリキッドを入れる

vape/ベイプリキッド
出典:MAC STORE

アトマイザーとは簡単に言うとベイプの筒状の部分のことです。アトマイザーをバッテリーから外してリキッドを入れるのですが、上下どちらから注入するかタイプによって違うので取扱説明書で確認しておきましょう。また、水蒸気の通り道(リキッドを入れるところにある小さい穴)にリキッドが入ったまま使用すると、口にリキッドが直接入ってしまうことや、バッテリーとの通電部分が侵食されて故障の原因になることがありますので、十分に注意してください。

4.ベイプを吸ってみよう!

VAPE/ベイプの吸い方
出典:Libertyflights

準備が終わったら後は吸うだけ。方法はいたって簡単です。まずベイプ本体(バッテリー)の電源を入れ、次にファイアボタンまたは、パフボタンと呼ばれるボタンを押しながら水蒸気を吸い込むというたった2アクション。吸い終わったら電源ボタンをオフにすればOKです。操作方法はメーカーによって違うので、説明書を読むのをお忘れなく。

非喫煙者の方は水蒸気を肺まで入れることに抵抗があるかもしれませんね。そういうときは無理せずふかす(肺まで入れない)のがおすすめです。また女子ウケを狙いたいトリクルマガジン読者なら、鼻からバフーッと水蒸気を出すのは男オンリーの飲み会だけにして、口からフッーと哀愁をもって吐き出すテクニックを覚えてみるのも良さそうですね。

とにかくカッコイイ電子タバコ「ベイプ」5選

スタイリッシュなモデルが多い電子タバコですが、中でも特にトリクルマガジンがオススメするおしゃれなベイプと、本体に合うリキッドをセットで5つ紹介します。※今回紹介しているリキッドは、すべてニコチン・タールが含まれていないタイプです。

機能性に優れたJoyetech eVic AIO Kit

Joyetech eVic AIO Kit
出典:Vaping360

ブラック&シルバーとブラックのみの配色が用意された「Joyetech eVic AIO Kit」は、シックな装いで大人っぽささを醸し出してくれるVAPE/ベイプ。飽きの来ないデザインで長く使えそうですね。とくにブラック&シルバータイプは、レトロなカメラのようなカッコ良さがあって、アート好きの女子が思わず手に取りたくなるほどの逸品です。

「Joyetech eVic AIO Kit」をベイプ初心者にオススメする理由は、アトマイザーのメンテナンスやバッテリー交換が、マグネット式のフルカバーを外すだけで簡単にできる構造ということにあります。サイドの大型0.96インチの有機ELディスプレイに表示される時計は機能面での便利さはもちろん、アナログデザインで本体の持ち味が際立ちます。

NICOTICKET
出典:Vape-ring

画像の「NICOTICKET/ニコチケット WAKONDA/ワコンダ」は、バニラとコーヒー、そしてタバコのブレンドフレーバー。ローストされたコーヒーの香ばしさとバニラの甘さに天然タバコの香りが加わって、異国情緒を感じさせてくれるようなリキッドです。どこか懐かしさの漂う「Joyetech eVic AIO Kit」との相性もバツグン。

アルミボディが渋いEleaf iJust Kit

Eleaf iJust Kit
出典:VAPE STUDIO

「Eleaf iJust Kit」のスリムなアルミボディはスマートにベイプを楽しみたい人におすすめ。そのフォルムから渋さと知的さをさりげなくアピールできるはずです。大人の女性にプレゼントするなら、同系統で5色のカラーバリエーションが用意されている「Eleaf iJust Start Plus Kit」はいかがでしょうか。お値段も手頃ですよ。

ベイプに必要な機能はひと通り揃っているので、微調整しなくても使えるのが「Eleaf iJust Kit」の嬉しいところ。煙が濃くてしっかりした味わいが得られるのも特徴です。使用前に必ずアトマイザーのコイルにあるウィック(コットン)にリキッドを垂らして、その次にリキッドを補充するようにしてください。構造としては中級者向き。

KAMIKAZE E-JUICE
出典:Suyell

「Eleaf iJust Kit」に合うリキッドなら、国産の「KAMIKAZE E-JUICE スーパーハードメンソール」が良いのでは? 吸ったときに喉に感じるメンソールの爽快感はタバコに匹敵すると言われるほど強くて、このタイプのVAPE/ベイプで味わえばその魅力が十二分に感じられるはずです。気分をスッキリさせたいときの1本として持っておきたいですね

タバコと似た細身がスタイリッシュなJoecig X-TC-2

Joecig X-TC-2
出典:JOECIG

全長わずか85mm、直径7.7mmと、ほぼ紙巻タバコのような極細でスタイリッシュなフォルムを持つベイプ「Joecig X-TC-2」 本体が2本入るケースも110mm×55mm×14mmとコンパクトで、小さめのショルダーバックでも邪魔になりません。海外旅行のお供にもちょうど良さそうですね。カラーはホワイト、ゴールド、ネイビーの3色。

前述の「Joecig X-TC-2」のケースは充電器も兼ねているという優れもの。しかも収納している2本が同時に充電できる気の利かせ方に感服です。これならコンパクトタイプのベイプにありがちな、「充電待ちで吸えない時間」もなんなく解消できそうですね。細身なので、リキッドの注入用に口の細い専用ボトルを揃えると良いでしょう。

NINJA WORKZ premium E-lixirs
出典:VAPE COLLECTION

バッテリーの容量が大きくない「Joecig X-TC-2」は、長時間吸い続けるよりも、しっかりした味のリキッドを少しの時間楽しむのに向いていると言えます。そこでリキッドは「NINJA WORKZ premium E-lixirs マンゴークリーム」でいかがでしょうか。マンゴーフレーバーの完熟した甘みとクリームのまろやかさで豊潤なテイストが楽しめますよ。

カラーバリエーション豊富なJoytech eGo AIO D16

Joytech eGo AIO D16
出典:電子タバコVAPE.net

VAPE PENと呼ばれるタンクとバッテリーが一体となったタイプの「Joytech eGo AIO D16」は、シルバー、ブラック、レッド、ブルー、オレンジ、ホワイトと今回紹介しているベイプの中でも最多のカラーバリエーションをほこります。値段もリーズナブルなので、気軽に始めるための入門用やプレゼント用として役立ってくれそうですね。

「Joytech eGo AIO D16」は、タンクとバッテリーが分離していない一体型のため構造がとてもシンプル。使い方を間違わなければ長持ちしてくれそうです。リキッドが入れやすいことも一体型のメリットですが、このモデルは他のベイプと比較してもずば抜けて注入がスムーズだと高評価を得ています。使い始めにコイルをセットする必要あり。

こいこい(KOIKOI)
出典:VAPE COLLECTION

「Joytech eGo AIO D16」には国産のリキッド、「こいこい(KOIKOI) 霧流れ(MISTY DRAW)」を組み合わてみました。パッケージを見ても分かるとおり少女趣味なので、年下のガールフレンドに「こんなのあるんだけど」と紹介してみてはいかがでしょう。濃厚なバニラにメロンが甘く香る味は、男子からも多くの支持を獲得しています。

変わり種が希望ならKamry K600

Kamry K600
出典:The VAPE shop Hookahs

「Kamry K600」は美しい木目調の外観がひときわ目を引くベイプです。友だちグループの中でベイプ持っている人が何人かいるなら、このような個性的なタイプで差をつけるのもアリかもしれませんね。一見ものすごく大きそうですが、実際は高さ10.8cmと手のひらにすっぽり収まるサイズになっています、

重厚な見た目からベイプで良く言われる爆炎(煙の量が多い)を想像しますが、そこまで煙量は多くないようです。「Kamry K600」は品切れ中のことが多いので、欲しい人は見つけたときに買っておいたほうが良いかもしれません。この外観なら禁煙中の上司への贈り物にしても喜ばれそうですね。リチウムイオン電池を2本使う仕様です。

スノーフリークス
出典:VAPE COLLECTION

「Kamry K600」を贈り物にしようと考えるなら、リキッドは「スノーフリークス メガマスカット」が無難なチョイスと言えるかもしれません。クセのないさわやかなマスカットのフレーバーが苦手な人はあまりいないのではないでしょうか。もちろん自分で試すのにもオススメ。ストレートな味わいは気分転換に一役買ってくれそうです、

電子タバコだからノーニコチンなところも魅力のVAPE/ベイプ!

電子タバコと切っても切れない関係にあるリキッド。現在日本国内で製造・販売されているベイプ用のリキッドは、法律で規制されているためニコチンが入ったタイプはありません(所持は違法ではないので輸入は可能)。依存性もタバコと比べて弱いと言われているので、これから禁煙したいと思っている人にも頼もしいアイテムですね。

また、ベイプを駅や路上など公共の場所で吸うことについては、条例で規制されている地域と規制されていない地域があります。喫煙所で吸うことに問題はありませんが、ベイプの認知度がまだ高いとは言えない現状だと、トラブルを避けるという意味でも、残念ですが控えたほうが良いでしょう。

これからさらに愛用者が増えそうなベイプ。ちょっとしたモテアイテムとしてひとつ手に入れてみてはいかがでしょうか。