トリクルマガジン アゲろ、男子力!

リアルなミニマリストはどんな部屋でどんな暮らしをしているのか?

カテゴリー
ファッション
投稿日
2016年6月16日
ミニマリストの住む部屋
出典:gatag ※著作者:Zuerichs Strassen

「最小限のものしか持たない暮らし」を意味する、話題の「ミニマリスト」。これに影響を受けて、シンプルな暮らしを志向している人も増えてきたのではないでしょうか。今回は、そのミニマリストの部屋や持ち物、食事などから、その暮らしかたを紹介していきます。

都内でOLとして勤務している、野口たまみです。今回は、近年よく聞かれるようになった言葉「ミニマリスト」はどういった人々か。彼らの暮らしぶり、考え方についての記事を書いていきます!

最近よく聞くけど、「ミニマリスト」っていったい何?

2010年まではまったく使われていませんでしたが、2014年頃から雑誌で特集が組まれたり、テレビで話題になったり。何かと使われるようになりました。ミニマリストとは、「必要最小限のものだけで暮らす人」という意味で使われています。これは「最小限の」という意味のミニマル(minimal)からできた造語。大量生産・大量消費の現代において新しく生まれたライフスタイルであり、部屋や持ち物、食事など、自分にとって本当に必要なものだけで暮らすことで、豊かに生きることができるという考えをもつ人達のことです。

ミニマリストの部屋は、こんなにシンプル!

部屋

物をもたない彼らの部屋は、実にシンプル。「こんなに物が少なくて大丈夫?」と思ってしまうほど、広々とした部屋に住んでいます。そこで、実際のミニマリストの部屋と、彼らの考え方について詳しくご紹介します。

ミニマリストの部屋/リビングスペース編

こちらは、ミニマリストのリビングスペース。実にシンプルな部屋ですね。必要最低限の物がキレイに収納されています。置かれている物一つひとつは、彼らにとって使いやすく、心地よい空間を作り出してくれるものであり、こだわりをもって選ばれています。カラフルな色彩は好まず、モノトーンが多め。華美な装飾というよりは、無印良品などで売られているシンプルで使い勝手のいい家具をセレクトしています。

ミニマリストの部屋/キッチン編

続いて、キッチン。最近は便利なキッチングッズが多く販売されており、100円均一や生活雑貨店などでついつい色々買ってしまいがち。「便利そう」と思って買ってみても、結局使わなかったということもよくあります。彼らは、キッチンにおいても必要以上に物を増やすことはしません。調理器具、お皿なども最低限揃っていれば満足。物が少ないからこそ、広々としたスペースが確保できる使い勝手の良いキッチンになるのでしょう。

「一体何を持ってるの?」ミニマリストの持ち物

持ち物

余計な物を置かない主義なので、家具だけではなく洋服も多くは持ちません。シーズンごとに「なんとなく買ってしまう」ということはなく、「これが無ければ生きていけない(外に出られない)」と思うものだけを、厳選して持つのです。よって、出かける時の持ち物も少なめ。ついつい「あれもこれも」とカバンに詰め込みたくなってしまうものですが、彼らの基本的な持ち物は財布とスマホのみ。人によってはこれに幾つか加わると思いますが、持っていくものは「自分が絶対に必要だと思う物」だけです。「なんとなく持っていこうかな」という思いで、荷物を増やすことはありません。

ミニマリストの食事は?

食事

彼らの食事のとり方は、5つのタイプに分けられます。

①食事は最低限しかとらない

このタイプは、余分なカロリーを摂取することを嫌います。お腹をいっぱいにすることよりも、体に必要な栄養素のみを摂取したいと考えているので、果物や野菜ジュース、水分を中心とした食生活。余計なものを体内に入れたくないという考えに基づいています。

②すべて外食にする

彼らの中には、「自分で調理をする必要はない」と判断し、調理器具や食器を一切持っていない方もいます。朝は通勤途中のお店やコンビニ、昼は会社付近でランチ、夜は職場仲間とご飯を食べたり、家の近くで食べたり。すべて外食すれば、家の中のゴミが増えることも、キッチンが調理器具であふれ返ることもありません。

③火を使わない料理を食べる

本格的な調理を好まない方は、調理器具もあまり揃えていません。料理をすることで生ゴミが出ると「余計なものが増えた」と感じるそう。この場合、食事はもっぱら火を使わないもの。パンやシリアル、ヨーグルト、フルーツ、野菜ジュースなどを飲食しています。

④同じ物を食べ続ける

昨年芥川賞を受賞した羽田圭介さんも、実はミニマリスト志向。スッキリとした部屋に住み、余計なものを持たない暮らしをしています。羽田さんの食生活は、一度に同じ食材を大量購入し、なくなるまで同じものを食べ続けるというもの。ミニマリストの中でも合理的なこのタイプは、自炊をしてもメニューは大体同じものを作ります。余計な時間・食材を使わない食事を好むのです。

⑤一汁三菜を好む

健康志向の彼らは、バランスの良い食事を好みます。添加物などの身体に悪いものは摂らず、雑穀米や味噌汁、煮豆など和食を中心とした食生活。お菓子やインスタント食品を口にすることはありません。

年俸2億円のメジャーリーガーが月8万円で車上生活!究極のミニマリスト

Happy Valentine's Day from me & mine. 🚌💛 #vanlife #together4ever - shot by @low_pez for @vice

Daniel Norrisさん(@danielnorris18)が投稿した写真 -

食生活を見てもわかるように、ミニマリストと一言でいっても、その暮らしぶりはそれぞれ異なります。

ミニマリストの中には、なんと年俸2億円のメジャーリーガーもいます!彼の名はダニエル・ノリス。トロント・ブルージェイズに所属し、ナイキとも契約を結んでいる有名な投手ですが、彼はフォルクスワーゲンのバンで車上生活をしているのです。車内で食事を作り、本を読み、眠る。この生活を送る理由は、「自分のライフバランスに合っていて、ハッピーな暮らしができるから。」幼い頃からアウトドアが大好きだった彼は、自然に囲まれて暮らせる車上生活を選んだそう。加えて、あまりにも多額のお金を手にすることで「普通ではいられなくなる」ことを感じた彼は、ファイナンシャルプランナーを雇って月に8万円だけ口座に振り込まれるようにしました。

ダニエルのように、自分の信念に基づいて、ミニマリストとして生活することを選ぶ方もいます。ミニマリストとは、単なるライフスタイルではなく、その人の考え方や哲学と深く結びついたもの。収入が多くなっても、あえてそれを使わずに最低限の物で暮らすという選択肢もあります。大切なのは、周囲の人や誰かの声に惑わされず、「自分はどう思うのか」「どう暮らしたいのか」ということを考え、自分に合った生活を選択していくことだと思います。

この記事の記者

著者名
著者プロフィール
書くことと読書が大好きな都内在住OL。休日は家で昼寝をしたり、お笑い動画を観たりして過ごすことに喜びを感じるインドア派。