トリクルマガジン アゲろ、男子力!

いよいよ夏のボーナスの季節!有意義な使い道とは?

カテゴリー
ビジネス
投稿日
2016年5月11日
ボーナスの使い道
出典:gatag ※著作者:401(K) 2013

夏のボーナスの季節が到来!若手ビジネスマンにとっては、まだそんなに経験がないからか、「どう使ったらいいのか?」「使い道がわからない」という人も多いのでは?今回は、そんな人に「ボーナスの有意義な使い道」を紹介します。

都内でOLとして働いている、野口たまみです。今回は、待ちに待ったボーナスの使い道をランキング形式にまとめました!迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

前回のボーナス、何に使ったか覚えてる?

年に数回の楽しみ、ボーナス。もらえる日が近づくと、その使い道について考えることも多くなるのではないでしょうか。社会人になったばかりの方は、特にどう使うか迷うもの。高額でずっと買えなかったもの、ほしいと思っていたけれど手に入れる機会がなかったものなど、ボーナスが入ったからこそ購入できる商品や得られる経験がほしいものです。

ところで、前回のボーナスの使い道、覚えていますか?「これを買う」という目的をもっている人でなければ、何に使ったか忘れてしまい、「いつの間にか無くなっていた」ということも案外ありますよね。せっかくまとまったお金が入るので、今回のボーナスは目的をもって計画的に使いましょう。

気になるみんなの使い道!昨夏のボーナスは、どんな使い方をしたの?

ボーナスの使い道ランキングは?

では、社会人は実際どのようにボーナスを使っているのでしょうか。昨夏のボーナスの使い道を、20代~60代に調査したアンケートを基に調べてみました。すると、ベスト3が貯金、ローン返済、金融商品(投資信託や株式)の購入であり、旅行や物を購入するよりも貯蓄や返済を使い道としている方が多いことがわかりました。

貯金をする人の中には、どう使っていいのかわからず「とりあえず貯金しとく」という方もいるのではないでしょうか。目的があって貯金するのではなく、「何かあった時のために貯める」というのは、なんだか「今ある時間」を疎かにしてしまっているようにも感じられます。

後々の自分の糧になる!おすすめのボーナス使い道ランキングベスト5

辛い就職試験を乗り越えて、やっと手に入ったボーナスです。若いうちは、自分への投資として使うことをおすすめします!「とりあえず不安だから貯めておく」というよりも、今あるお金を自分のために使うことで将来、より大きな成功を手にすることができる可能性があります。また、今自分がほしいものを買うことで「高額なものを自分で買えた」という達成感や誇りを感じられて、仕事への意欲が増すでしょう。「お金(貯金)」ではなく、「自分の幸福度」や「成長」「自分なりの成功」を軸にした使い道を考えてみませんか?

今回は、おすすめのボーナスの使い道を、ランキング形式にまとめました!

おすすめのボーナス使い道5位/講座に通い、ビジネススキルを磨く

使い道「ビジネススキルを磨く」

仕事においてよりスキルアップしたいと考えている方には、ビジネススキルを磨くために講座やセミナーに通うことをおすすめします。受講料が高い講座もありますので、そこを使い道にしましょう。マーケティングやプレゼンテーションなどは、知識が豊富であればあるほど一流のビジネスマンに近づきます。

また、知識が増えて理解できることの幅が広がると、仕事をより楽しいと感じられるもの。講座の中では同じ志をもつ仲間ができることもあるので、もっと成長した自分になりたいと考えている方はボーナスを使って通ってみてはいかがでしょうか。

おすすめのボーナス使い道4位/本を大人買いして、視野を広げる

使い道「本を大人買い」

毎日職場と家の往復で、刺激が足りないという方は、ボーナスを使って本を大人買いしてみましょう。ベストセラーになっているビジネス書や、成功している経営者の本は、自分がもっていなかった考えに気付かせてくれます。本を読むことで、今抱いている悩みが解決することもあります。ボーナスを受け取った機会に大人買いして、通勤時や家でのリラックスタイムに読んでみてはいかがでしょう。

また、私の知り合いにボーナスで漫画を大人買いしたビジネスマンもいました。国民的人気漫画を全巻揃えたそうですが、漫画もまた、視野が広がったり読むことでホッと一息つけたりするものです。気になっていた漫画があれば、この機会に揃えてみてもいいかもしれません。

おすすめのボーナス使い道3位/インテリアを変えて、居心地のいい空間をつくる

使い道「インテリア」

「自分の部屋にいても落ち着かない」「モテ部屋をつくりたい」という方は、家具を買うことをおすすめします。学生時代に揃えた家具は、社会人になるといまいち使い勝手が悪かったり、趣味が変わって「なんでこんなの買ったんだろう」と思ったりするもの。部屋は、自分が毎日過ごす非常に大切な空間です。お気に入りの家具を置いて過ごせたら最高ですが、インテリアを変えるにはお金がかかりますよね。そこで、ボーナスを使いましょう。私は2回分のボーナスを使って部屋を大改造しましたが、すごく居心地のいい部屋になったので本当にやって良かったと思っています。

女性が家に来ることになった場合でも、オシャレなインテリアだと堂々と部屋にあげることができますよね。ボーナスを機に、居心地のいい部屋づくりのためにインテリアを変えてみてはいかがでしょう。

おすすめのボーナス使い道2位/趣味のために使い、日々を充実させる

使い道「趣味」

突然ですが、あなたの趣味はなんですか?学生時代から続いている趣味をもっている方も多いと思いますが、趣味がないという方は、新しく何かを始めてみましょう。カメラなどは本体やレンズが高額なので、社会人になってから始めた人の方が多いように思います。

没頭できる趣味があれば、メリハリをつけて仕事に取り組んだり、生きがいをもてたりするものです。興味があったけれど、初期段階でお金がかかるから始められなかったものはありませんか?ボーナスを利用して、新しいことに挑戦してみましょう!

おすすめのボーナス使い道1位/旅行をして、新しい自分に出会う

使い道「旅行」

若いうちにしておいた方がいいことは、「経験を積む」ということ。様々な出来事を体験し、感情を味わうことで、自分でも知らない自分を発見したり、一回り成長したりすることができます。仕事以外で「経験を積む」のに最適なのは、旅行をすることです。身近な世界で慣れ親しんだ人々と接するだけではなく、見知らぬ地で見たこともない絶景に出会ったり、いろいろな人とかかわったりすることで、感受性が豊かになり生きていることを実感できます。

「なんとなく日々がつまらない」という方は、旅行を使い道にしてみてください。気になる場所や見てみたい景色を思う存分堪能することで、今とはちがった新しい自分に出会うことができますよ。

ボーナスは「3つに分ける」のが賢い活用法

いかがでしたか?人生を豊かにするために、ボーナスは「使う」という選択も必要です。迷っている方は「使う」「増やす・返済」「貯める」の3つにボーナスを分けることが賢い使い道。

今回ランキングでご紹介したような使い方をしながら、残りは貯金をしたり返済にあてたりすることで有意義に利用できるのではないでしょうか。自分の現状を考慮しながら、有意義にボーナスを活用できることを願っています!

この記事の記者

著者名
著者プロフィール
書くことと読書が大好きな都内在住OL。休日は家で昼寝をしたり、お笑い動画を観たりして過ごすことに喜びを感じるインドア派。